『事例に学ぶ介護リスクマネジメント』の著者に聞く、事故防止活動の新しい考え方

『事例に学ぶ介護リスクマネジメント』の著者に聞く、事故防止活動の新しい考え方

介護現場のリスクマネジメントは年々注目されており、2021年度介護報酬改定では施設系サービスの事業者に安全対策担当者を定めることが義務付けられるなど、リスクマネジメント強化の動きがあります。そこで一読しておきたいのが、書籍『事例に学ぶ介護リスクマネジメント』。著者の山田滋さんによると、「事故の減らない事業者は、事故防止活動に対する考え方を根本的に見直す必要がある」とのこと。まず何から始めるべきなのか、山田さんに解説してもらいました。

「職員の意識が低いから事故が減らない」はウソ

事故防止活動の原理原則を知っておくことは、もちろん必要です。しかし現場においては、個別のトラブルへの対処方法をあらかじめ知っておきたいというニーズが強くあります。そのほうが実用的だからです。

そこで本書では、私が過去20年間に渡って介護雑誌の連載企画で執筆してきた事故事例の中から60個を取り上げ、「転倒・転落」「誤嚥・窒息」「異食」「誤薬」「溺水」「行方不明」「暴力」「原因不明の傷・痣」「送迎事故」「個人情報」の10個のカテゴリー別に対応ポイントを解説しました。現場で辞書のように参照し、介護事故への対応に関する知識の引き出しを増やしてもらえれば幸いです。

介護リスクマネジメントを強化するためには、こうした対処療法的な知識をストックすることも大切ですが、まずは事故防止活動に対する考え方から見直す必要があります。

これまでは「事故は職員のミスが原因で起こる」という考えのもと、「職員がミスをしないように管理する」やり方が一般的でした。でも実際には、人は誰でもミスをするものです。事故防止活動は、そうした前提に立って取り組まなくてはなりません。

その上で、どの施設も必ずやるべきなのは、事故が発生した際、ミスの原因を明らかにすることです。「不注意」で終わらせていては、何も改善しません。全てのミスには必ず原因があります。

そして、ミスが起きても事故につながらない仕組みを作りましょう。例えば、服薬介助の際に、利用者の写真を掲載した「お薬確認シート」を活用する。このシートを見る習慣が職員に定着していれば、万が一職員が服薬介助する薬を間違えて取っていたとしても、服薬介助の直前で取り違いに気づけます。

このように、介護事故の防止は個々の職員の努力だけに頼るのではなく、組織で取り組むことが大切です。まずはこの点を念頭におくことから始めましょう。

介護事故には「防ぐべき事故」と「防げない事故」がある

また、「全ての事故を防ぐことはできない」という考え方も、持っておかなくてはなりません。介護現場には「防ぐべき事故」と「防げない事故」の二種類があり、前者の事故に優先した対策を講じるべきなのです。

例えば、転倒事故が発生した場合、職員が車椅子のブレーキをかけ忘れたことが原因ならば、それは「防ぐべき事故」に該当します。一方、利用者が自分で歩行している際に転倒した場合は、未然に防ぎようがありませんので、「防げない事故」にあたります。

「防げない事故」まで防ごうとすると、利用者の自発的な行動まで抑制しなくてはならなくなります。施設の中で「その人らしい生活」を実現するためには、「防げない事故」があることを家族に理解してもらう必要があるのです。施設の生活にはどのようなリスクがあり、それに対してどのような対策を講じているのかを併せてお伝えすると、理解していただきやすくなります。

ところがここ数年、家族トラブルは急増している印象があります。「家族と信頼関係があるから、大きなトラブルに発展する可能性は低い」と思っていたのに、いざ事故が起きると、家族からの想定外の反応に悩まされるケースが後を絶ちません。

中には訴訟に発展する場合もあります。万が一そうした状況に直面した場合、職員を守れるのは「記録」です。事故報告書を、第三者がまるでその現場にいたかのように理解できるくらい、詳細に書くよう心がけましょう。具体的な描写がなければ、家族に状況を理解してもらうことも、訴訟で争うことも困難になってしまいます。

利用者の尊厳を守ろうとする思いから、事故報告書を詳細に記載することに抵抗のある職員はとても多いのですが、日々の業務記録と事故報告書の記録は全く別物です。暴言があったなら暴言の内容を、セクハラをされたのなら行為の内容を、きちんと記録に残してください。本書ではこうした家族への対応方法を丁寧に解説しているので、ぜひご参照ください。

事故防止活動をしているのに事故が減らない理由

安全ルールの順守や危険発見活動など、ほとんどの介護施設が事故防止活動をしているにも関わらず、事故が多い現場と少ない現場があるのはなぜなのでしょうか。

一つは、発生した事故の情報共有が不十分である可能性があります。事故の情報は宝の山です。発生した事故は隠すことなくきちんと組織内で共有し、どうやったら防げるのかをみんなで考え、対策を講じられる体制をつくりましょう。

それでも事故が一向に減らない場合、考えられる原因は、介護サービスそのものの品質です。ケアの質の低さは、安全性の低さも意味します。しかしケアの質の高い現場では、職員が個別の利用者をよく見て利用者本位の介護を実践しているため、個別の利用者の抱えるリスクが自然と目に入り、予防できるのです。

事故防止活動と介護サービスの品質の維持向上は表裏一体の関係です。自分たちの提供したい介護が本当に実践できているかどうかを振り返りつつ、本書を参考に、介護リスクマネジメントの強化に取り組んでみてください。

プロフィール:山田 滋

早稲田大学卒業と同時に現あいおいニッセイ同和損害保険株式会社入社。14年間支店勤務の後、1996年より東京営業本部にてリスクマネジメント企画立案を担当。2000年4月より介護・福祉施設の経営企画・リスクマネジメント企画立案に携わる。2006年7月より現株式会社インターリスク総研主席コンサルタント、2013年4月よりあいおいニッセイ同和損保、同年5月末退社。高齢者福祉施設や訪問介護事業者と一緒に取り組み、現場で積み上げた実践に基づくリスクマネジメントの方法論は、「わかりやすく実践的」と好評。各種団体や施設の要請により年間150回のセミナーをこなす。

取材・文/一本麻衣

書籍情報

『事例に学ぶ 介護リスクマネジメント: 事故・トラブル・クレーム対応 60のポイント』
著者:山田 滋
出版社:中央法規出版
発売日:2020年12月10日
定価:2600円+税

働きたいエリアに「賞与あり」の
求人はどれくらいある?
介護職員・ヘルパー
賞与・ボーナスあり
求人一覧
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

精神科に特化した訪問看護事業「訪問看護ステーション デライト」を東京都内で展開する、H&Hホールディングス。2019年には営業所も含めて新たに7事業所を開設するなど、精神科訪問看護へのニーズの高まりに合わせて事業を展開していま...
1999年に設立し、現在は2,000名弱の職員と共に100事業所以上で介護サービスを提供する、社会福祉法人 奉優会。その成長の原動力には、設立当初からの法人理念として「女性が働きやすい環境づくりに注力」してきたことと、近年では「ダイバ...
1999年に設立し、現在は2,000名弱の職員と共に100事業所以上で介護サービスを提供する、社会福祉法人 奉優会。その成長の原動力には、設立当初からの法人理念として「女性が働きやすい環境づくりに注力」してきたことと、近年では「ダイバ...
人手不足が続く介護業界にあって、2年に1事業所のペースで事業拡大を続けているサーバント。事業成長の秘訣は、子育て世代とシニア世代の活躍を打ち出した職員採用・定着の取組と、各事業が独立採算制を取っていることにあるそうです。 多様な働き...
東京都江東区・江戸川区・墨田区・中央区で、訪問看護、居宅介護支援のサービスを提供する「アオアクア」。難病、小児、障がい、終末期など、得意とする分野は多岐に渡り、地域の在宅医療・介護を支えています。 こちらでは、創業以来9年連続で職員...
障がい者と保護犬・保護猫が共に暮らすというペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」。事業を展開するアニスピホールディングスによると、参画法人による運営も含め、全国で170か所以上(※1)の事業所が誕生し、入居者と保護犬...
介護の現場から日本を元気にしたいという想いを持つ人たちが開催する、介護業界で働く人が輝ける場である介護甲子園。埼玉県さいたま市と東京都豊島区で介護事業を運営する株式会社ありがたいは、2019年に開催された“第8回介護甲子園”で、事業所...
東京と大阪の都心部で在宅生活を支える介護サービスを一体的に提供している「グッドライフケア」。徹底的に考え抜かれた良いケアをご利用者に提供するために、まずは働く人たちのことを徹底的に考える企業でありたい、という思いから、働く人のための様...
埼玉県川越市で介護事業を営むe-cube care(イーキューブケア)。母体は住宅資材の販売・施行会社で、2010年に介護事業へ参入し、現在は通所介護を中心に複数のサービスを展開しています。 各介護事業間の連携はもちろん、グループ会...
東京都大田区にある「東京マルシェ池上 Yoga & Well Aging Studio」は、椅子ヨガや太極拳などの個性的なプログラムと、農家直送の野菜を使ったランチが人気のデイサービス。しかし、一時は経営難に陥ったこともあると...
東京都豊島区の訪問介護事業所「くれあ訪問介護」は、2019年創業にも関わらず都内全域から利用を希望する声が集まる注目の事業所です。一番の特徴は、スタッフ全員が訪問先で喀痰吸引など医療的ケアを行えること。事業設立の背景や、ニーズの高さに...
神奈川県横浜市で、福祉用具貸与・販売、住宅改修と合わせて居宅介護支援を提供している北全(ほくぜん)。地域の高齢者の在宅生活をサポートするために、福祉用具貸与・販売と居宅介護支援の連携が不可欠だといいます。どのような連携が機能しているの...
横浜市青葉区にある「メリーケアステーション」では、一つの事業所の中で訪問看護ステーションを始め、看護小規模多機能型居宅介護、福祉用具、居宅介護支援事業を提供しています。 この事業所を立ち上げたのは、ベア・オリーブ株式会社代表取締...
東京都調布市で地域密着型通所介護事業を行う「アタマの体操教室 ふくろう舎」。事業所名にもあるように、ここでは脳のトレーニングに役立つプログラムを積極的に提供しています。中でも「学習療法」は、認知症高齢者の脳機能維持・改善に効果があると...
神奈川県横浜市にある「遠藤接骨院ヘルパーステーション」は、地域の接骨院としてスタートし、地域のニーズに合わせて、2000年から介護保険事業を始めました。小規模多機能型居宅介護、居宅介護支援、デイサービス、訪問介護の4事業で、7つの事業...
東京都豊島区にある「マルシモホームヘルプサービス」は、豊島区が全国に先駆けて取り組む「選択的介護」のモデル事業に参画しています。選択的介護とは、保険サービスと保険外サービスの柔軟な組み合わせを可能にするもの。マルシモホームヘルプサービ...
西武池袋線 石神井公園駅から徒歩2分。アクセスの良い好立地に事務所を構える「アデリーケア 練馬事業所」。ご利用者やそのご家族、関係事業所、そして介護職自身…介護に関わるすべての人を明るく照らすことをミッションに掲げる、代表取締役の田近...
横浜市旭区、相鉄線希望が丘駅からほど近い住宅街に事業所を構える、従業員14名の地域密着型デイサービス「ファミリーケア 希望が丘さくら物語」。2019年4月に移転したばかりの事業所では、職員とご利用者の楽しそうな話し声が日常的な光景とな...
介護職の離職理由として2番目に多いのが「結婚・出産・妊娠・育児のため」。働き続けられる環境さえあれば辞めたくない職員も、ライフステージの変化に合わせて離職するしかないという状況が続いています。 2015年にスタートした子ども...
午前10時、朝早くから汗を流す人で賑わうスポーツジムに、高年齢層の会員が続々と到着します。神奈川県横浜市にあるスポーツジム「ワイズ・パーク あざみ野」では、10~13時はデイサービスの時間。早朝の利用者と入れ替わりで、ジム内は要支援・...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索