給与アップの相談はどの程度できる?【介護の転職Q&A】

給与アップの相談はどの程度できる?【介護の転職Q&A】

介護業界の転職にまつわる疑問に専門家が答えるQ&A。転職への不安や応募書類の書き方、面接対策、退職交渉など、介護業界で数々の転職をサポートしてきたプロが答えます。

Q 給与アップの相談はどの程度できる?

A 年収の条件があるなら、面接時に相談してみましょう。折り合いがつかない場合不採用になるリスクはあります。

転職自体が年収アップを目的としている、あるいは「この金額を下回れない」といった年収の絶対条件がある場合には、思い切って相談してみると良いでしょう。ただし、金額的にどうしても折り合いがつかない場合は、不採用になる可能性もあるので、そうしたリスクも視野に入れて交渉してみてください。

相談するタイミングは、面接時が望ましいです。採用担当者から給与の提示があった時や、面接の最後の質疑応答の際に切り出してみると良いでしょう。

面接が終わって、内定が出た後に交渉する場合、すでに採用の稟議が法人の方で通ってしまっていることもあるので、それをくつがえすのはなかなか難しいものがあります。介護業界は、面接が1回で終わるケースが多いので、交渉するチャンスを逃さないことが肝心です。

ただ、今より年収をアップさせたいけれど、それが入社の絶対条件ではないケースもあるでしょう。その場合は、「できれば現職(前職)の年収の同額以上を望んでいますが、基本的には御社の規定に従います」など、応募先の給与基準を受け入れる意思を添えれば、マイナスイメージにはなりません。

また、年収アップが転職の一番の目的なら、転職エージェントに登録して、条件に合った企業を探してもらうのも有効です。給与の希望金額についてもエージェント側が企業と交渉してくれるので、応募者の負担は少なく済むと言えます。

関連Q&A

労働契約書(雇用契約書)がなく、給与について口頭の説明のみだった場合、書面でもらうことはできない?【介護の転職Q&A】

内定を承諾する前に、最低限確認しておくことは?【介護の転職Q&A】

働きたいエリアに「賞与あり」の
求人はどれくらいある?
介護職員・ヘルパー
賞与・ボーナスあり
の求人をチェック!
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

介護業界でがんばる皆様、転職を検討している皆様を全力応援!お悩みQ&Aや転職ノウハウなど、お役立ち情報を発信します。

関連記事