介護の適職診断A 訪問介護

介護の適職診断A 訪問介護

訪問介護

判断力行動力に優れたあなたには、自宅で暮らす高齢者をサポートする訪問介護がおすすめ。要介護者の自宅を訪問して、食事・入浴・排泄介助などの身体介護や、掃除・洗濯・料理などの生活援助を行います。

時間単位の勤務や直行直帰OK、固定休が取りやすい、夜勤がないなど、働き方の自由度が高いのが特徴です(24時間対応の事業所では夜勤がある場合もあります)。

基本的に1人で要介護者の自宅を訪問するので、在宅介護で起こりうる事態に対処できるように「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」以上の資格が求められます。

この資格は、介護の基本スキルや知識があることの証明になるもので、訪問介護以外の介護サービスでも、就職や給料面で有利に働く資格です。

無資格・未経験で入職し、先輩に同行して仕事を覚えながら「介護職員初任者研修」の資格をとることができる求人もあります。

未経験でも、家事スキルや子育ての経験を活かせる職場です。まずは求人詳細をチェックしてみましょう。

訪問介護の求人を探す

「いまは求人を探す時間がない!」なら……

近所の新着求人がメールで届く会員登録へ(無料&3分で完了)


こちらの介護サービスもチェック↓↓

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

サ高住とは、定期的な安否確認や常駐のスタッフに生活の困りごとを相談できる高齢者向けの「賃貸住宅」です。

食事の提供や外出同行などのオプションサービスがあり、高齢者がサポートを受けながら、自宅と同じように自由度の高い暮らしができます。

介護職員の仕事は訪問介護と似ている求人が多く、高齢者の住居に訪問して、食事・入浴・排泄介助などの身体介護や、掃除・洗濯・料理など生活面のサポートを行います。

訪問介護との違いは、同じ建物内の各部屋を訪問するので、移動に時間がかからないことや、24時間体制で見守るため夜勤がある求人が多いことなどです。入居者全体に向けた行事がある施設の場合は、レクリエーションを担当することもあります。

サ高住の求人を探す

「いまは求人を探す時間がない!」なら……

近所の新着求人がメールで届く会員登録へ(無料&3分で完了)

訪問入浴介護

自宅で暮らす高齢者の生活を支えるサービスとして訪問入浴介護があります。その名の通り、高齢者の自宅に訪問し、入浴サービスを提供するものです。訪問介護のように食事介助や家事などの業務はなく、健康チェックと入浴サービスのみを行います。

介護職員2名、看護師1名の3人チームで、移動式の浴槽を積んだ車でご利用者の家を訪れ、入浴サービスを提供していきます。

訪問介護の入浴介助との大きな違いは、自宅の浴槽を使わず、専用の浴槽を持ち込むことです。自宅の浴槽が小さくて、介助があっても要介護者が入浴するには危険な場合でも、訪問入浴介護を利用すれば入浴できます。

3人チームで動くので、職員同士フォローしあえることもあり、無資格・未経験からチャレンジしやすい職場です。

運転免許が必須の求人もありますが、運転なしを希望できる求人も多くあります。浴槽は改良が進み軽くなってきているものの、体力的な不安が大きい場合にはおすすめできません。

訪問入浴介護の求人を探す

「いまは求人を探す時間がない!」なら……

近所の新着求人がメールで届く会員登録へ(無料&3分で完了)

ほかの診断結果もみてみる

診断B デイサービス・グループホーム

診断C 特養・有料老人ホーム・老健

働きたいエリアに「賞与あり」の
求人はどれくらいある?
介護職員・ヘルパー
賞与・ボーナスあり
の求人をチェック!
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

介護業界でがんばる皆様、転職を検討している皆様を全力応援!お悩みQ&Aや転職ノウハウなど、お役立ち情報を発信します。

関連記事