外国人介護福祉士の受け入れは人手不足解消になるか?

2015-06-01

現在日本では、介護の仕事を担う介護福祉士が常に人手不足となっています。そのため、政府は2006年から外国人介護士の受け入れを開始しました。経済連携協定(EPA)として、介護福祉士の資格を取得することにより日本で働くためのビザを発給しています。現在介護福祉士の受け入れを行っている国は、自由貿易協定を締結したフィリピンとインドネシア、ベトナムです。以下、これら海外から訪れて介護福祉士を目指す人々を、「介護士候補者」とします。海外からの受け入れにより、現状はどのように変化しているのか。また、これからの見通しについて考えてみましょう。

受け入れのシステムは?

介護士候補者を受け入れるメリットは?

外国人介護福祉士の受け入れは人手不足解消になるか?

カイゴジョブ 介護の求人を 検索