ニューヨークの介護事情 vol.1

2015-04-08

皆さん、初めまして、ビーンズの坂野と申します。ニューヨークで暮らす高齢者向けの訪問介護事業を手がけています。日本は高齢化社会に直面し、増え続ける高齢者の方の暮らしをどう支えていくのかが問題になっていますが、実は日本国内で暮らす日本人だけでなく、海外に移住して暮らす日本人にも高齢化が進行しており、世界各国の都市で日本と同じ高齢化問題が起こっているのです。第1回目の今回は、まず海外で暮らす日本人の状況について、概要をかいつまんでレポートしていきたいと思います。

ニューヨークはダントツに日本人移住者が多く、高齢化も進んでいる

2014年の統計によると、現在、海外に移住して永住権を取得して暮らしている日本人の数は125万8,263人にのぼります。前年より8,686人(0.70%)の増加となり、過去10年増加し続けています。

日本人の75歳以上の高齢化率は25.1%なので、国ごとの事情があるとしても、仮にあてはめてみると、実に約31万人もの高齢者がいるわけですね。もちろん実際はそこまでではないのですが、海外に移住した日本人全体の高齢化が進行しているのは事実です。

なかでもニューヨークは、世界で日本人移住者の多いトップクラスの街です。現在約5万人がニューヨーク都市圏で暮らしており、65歳以上の高齢化人口も、2015年時点で推定7,000人以上いると言われています(そして年々増加し続けています)。

気がつけば、ニューヨークが第二の故郷に…

カイゴジョブ 介護の求人を 検索