【例文あり】介護職(ヘルパー・介護士)の志望動機の書き方と面接のポイントとは?

【例文あり】介護職(ヘルパー・介護士)の志望動機の書き方と面接のポイントとは?

介護職として就職・転職をする方は、応募する時の履歴書の志望動機が決まらずにお悩みではありませんか?

この記事では、介護職の志望動機を作成する方法や志望動機の例文、面接のポイントをご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

介護職(ヘルパー・介護士)の志望動機の書き方・ポイントとは?

まずは、介護職の志望動機の書き方について、説明していきます。

志望動機のポイント①介護職の仕事内容

志望動機のポイントとして『応募する介護施設・事業所の仕事内容を含めること』があります。

一言で介護職といっても、働く職場によって業務内容が異なります。どのような仕事を行うのがわかっていることは、仕事に対しての熱意や長く働きたいという希望にも繋げることができるので、応募する介護施設・事業所の仕事内容を把握しておきましょう。

ここでは、『訪問介護』、『通所介護』、『介護付き有料老人ホーム』をピックアップして、仕事内容をご紹介します。

訪問介護のホームヘルパーの仕事内容とは?

訪問介護のホームヘルパーは、利用者の自宅を訪問して介護サービスを提供します。

利用者の自宅での生活を支援するために、具体的な仕事内容として、食事の準備や食事の介助、掃除、洗濯、着替えの介助、入浴の介助、排せつの介助やおむつ交換などを行います。また、医療機関への通院のための送迎や付き添いを行うこともあります。

通所介護の介護職(介護士)の仕事内容とは?

通所介護(デイサービス)の介護職は、デイサービスに来た利用者に介護サービスを提供します。

具体的な仕事内容として、自宅とデイサービスの区間の送迎、食事の準備や食事の介助、入浴の介助、排せつの介助などを行います。また、生活リハビリや社会参加の視点から集団で行うレクリエーション、少人数や個別に行うレクリエーションや趣味活動の支援なども行っています。

介護付き有料老人ホームの介護職(介護士)の仕事内容とは?

介護付き有料老人ホームの介護職は、施設で生活する入居者に介護サービスを提供します。

具体的な仕事内容として、ベッドからの起き上がりや車いすへの移乗の介助、居室からの移動の支援、食事の準備や食事の介助、掃除、洗濯、着替えの介助、入浴の介助、排せつの介助やおむつ交換、夜間の体位変換、口腔ケアなどを行います。また、通院や外出の送迎や付き添い、支援生活リハビリの視点で行うレクリエーション、趣味活動の支援なども行っています。

介護付き有料老人ホームでは、24時間体制で介護サービスを提供しているため、介護職は24時間のシフト制で働きます。

志望動機のポイント②介護の経験や資格取得の経緯

志望動機のポイントとして『介護の経験や資格取得の経緯を含めること』が挙げられます。

介護の仕事の経験がある人は、これまでの経験から介護の仕事に対する考え方やできることなどを志望動機に含めると仕事に対する熱意が伝わるでしょう。また、介護職を目指したきっかけや資格を取得した経緯などを合わせて記載することで、説得力が増します。

未経験・無資格の方は、家族の介護の経験や介護の仕事に対しての前向きなイメージ、資格取得への熱意、これまでの仕事の経験などから介護の仕事で活かせる部分などを記載すると良いでしょう。

志望動機のポイント③法人の理念や施設・事業所の取り組み

志望動機のポイントとして『応募する法人の理念や施設・事業所の取り組みを含めること』も挙げられます。

応募先の理念や取り組みに対して共感することで『この法人・施設・事業所を選んだ理由』」や『その職場で長く勤めたいという希望』につながります。そのため、応募先のホームページの理念・取り組みは、志望動機を書く前にしっかりと確認しておきましょう。

志望動機のポイント④仕事に対しての希望・やりがい

志望動機のポイントとして『仕事に対しての希望ややりがいを志望動機に含めること』も挙げられます。

介護の仕事でどのような仕事がしたいのか、どのような仕事や場面でやりがいを感じるのかなどを書くことで、これまでご紹介したポイントの『経験』や『共感』に繋げることができます。

ですから、皆さん自身が職場や仕事に求めること、皆さんが将来どうなりたいのかを含めると良いでしょう。

介護職(ヘルパー・介護士)の志望動機の例文

ここでは、これまでご紹介したポイントを踏まえ、履歴書の志望動機の例文をご紹介します。

志望動機の例文①(未経験者・訪問介護事業所)

「私が介護職を目指したきっかけは、祖母が訪問介護を利用していたことでした。一日のほとんどをベッドの上で過ごし、寝たきりであった祖母が、ホームヘルパーさんと接する内に少しづつ元気になっていく姿を目の当たりにし、介護の仕事の素晴らしさを感じました。これまで、人と接する仕事をしたいと思い、接客業の仕事をしていましたが、祖母のことがきっかけで介護職として働くことを考え、先日、介護職員初任者研修を修了しました。

仕事を探す中で、貴社の求人情報を拝見し、職員の教育制度や研修制度が整っているので未経験の私でも安心して働くことができると考え、この度、応募させていただきました。勉強した内容を活かし、諸先輩方からご指導をいただきながら、精一杯頑張っていきたいと思ってりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。」

志望動機の例文②(経験者・通所介護)

「私はこれまで介護付き有料老人ホームの介護職として5年間勤務し、働く中で介護福祉士を取得しました。介護付き有料老人ホームでは、入居者様の介護業務を行うため、夜勤を含めたシフト制で勤務してきましたが、結婚したことで夜勤に従事することが難しくなり、退職いたしました。介護職として働きたいという希望はこれまでと変わらず、また、これまでと違う介護サービスでの経験を積むことで、介護の専門職としての成長に繋がると考え、貴社へ応募させていただきました。

これまでの経験を活かし、貴社の理念である『○○○○』の実践に関わっていきたいと思っておりますので、ぜひ宜しくお願い致します。」

志望動機の例文③(経験者・介護付有料老人ホーム)

「これまでグループホームで7年間勤務してきました。その間に同居していた祖父を自宅で看取った経験から、人生を最期の瞬間まで支える看取りケアを行っている職場への転職を考えるようになりました。求人情報とホームページを拝見し、貴社が看取りケアを実践していることを知り、また、そのための手厚い人員配置や教育環境の充実などの取り組みを知り、『ぜひここで働きたい』と思い、応募させていただきました。

前職の在職中に、私自身の成長のため、実務者研修を受講し、介護福祉士を取得しましたが、今後も介護の専門職として様々な経験を通し、ご指導をいただきながらスキルアップを目指していきたいと考えています。ぜひ、よろしくお願い致します。」

介護職(ヘルパー・介護士)の面接のポイントとは?

就職・転職活動では、応募の連絡をした後に、履歴書の作成、履歴書の郵送、面接という流れが一般的になっています。が待っています。ここでは、面接のポイントについて説明しますので、ぜひお読みください。

自分の経歴を覚える

面接では、面接官が皆さんの履歴書を見て質問等が行われます。

履歴書には、これまでの学歴、職歴、資格、志望動機などを記載しているので、職歴や資格取得などの経歴については必ずと言っていいほど確認・質問されます。そのため、皆さん自身の経歴や、その時にどう考えていたのかなどを覚える(思い出しておく)ことが大切です。

また、経歴の説明の中で、これまでの業務内容や転職した理由についても質問されるかもしれませんので、説明できように準備しましょう。

志望動機を覚える

志望動機も履歴書に書いているので質問・確認されます。

志望動機にどのようなことを書いたのか、記載されている場面でどのようなことがあったのかや、どのようなことを考えていたのかなど、書いた内容について補足の説明を皆さん自身の言葉でできるようにしておくことが必要になります。履歴書の志望動機と皆さんが話す内容が合っていないとマイナスの印象を与えることもありますので注意しましょう。

応募先のホームページ・SNSをチェックする

志望動機の作成のポイントでもご紹介しましたが、応募先のホームページは事前にチェックしておきましょう。

実際にどのような仕事をするのか、何のために事業を行っているのか、どのような制度や取り組みがあるのかなどを把握しておくことで、応募先に対するイメージや働きたいという気持ちをアピールできることにつなげることができます。

身だしなみを整える

面接では、見た目の印象も重要なポイントになります。

『社会人としての一般常識』をチェックされるので、服装や清潔感があることといったポイントに気をつけましょう。服装はスーツ、革靴を選ぶと無難ですが、先方からの指定でカジュアルな服装を指定された場合は、ビジネスカジュアルを意識した服装を選びましょう。髪型やヒゲは清潔感があるように整え、メイクはナチュラルメイクを意識、アクセサリーは身につけない、香水の付け過ぎにも注意しましょう。

自分自身を認識する

面接では、様々な質問がされます。その中で、皆さんが自分の長所や短所などをどのように考えているのか、どのようなことにやりがいを感じているのか、将来どういう人材になりたいのかなど、皆さん自身の考えについて聞かれることもあります。これらのことを自分自身の言葉で説明できるように準備しておくと良いでしょう。

明るくハキハキとした受け答えと丁寧な言葉遣いを意識する

面接では、明るくハキハキとした受け答えと丁寧な言葉遣いを意識しましょう。

面接官は面接での印象から、介護職として実際に高齢者と接する時のことも考えてチェックしています。ボソボソと小さな声で受け答えをすると、「利用者様にこの話し方では聞こえないと思う。仕事が務まるのかな?」という不安を与えてしまいます。

まとめ

介護職として就職・転職する方へ履歴書の志望動機のポイントや志望動機の例文、面接でのポイントなどをご紹介してきました。

お伝えしたように、志望動機や面接での受け答えでは、皆さん自身の考えを、皆さん自身の言葉で伝えるようにできることが重要なポイントとなっています。ご紹介した内容が皆さんの介護職としての就職のお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

介護福祉士は、介護福祉士国家資格を取得した介護の専門職です。介護職として働こうと考えている人や、現在介護職として働いている人は、介護福祉士の資格取得を目指しているのではないでしょうか? ここでは、介護の資格を持っていない人が、介護福...
人手不足と言われている介護業界。「介護職って残業多いの?」、「他の職場はどうなんだろう?」と疑問をお持ちの方へ、介護職・介護福祉士の残業事情についてご紹介します。 介護職・介護福祉士の残業は多い? 介護の求人情報からみた残...
介護職の国家資格である『介護福祉士』は、実務経験を積みながら取得を目指せる国家資格として有名です。皆さんは、この『実務経験』について疑問をお持ちではないでしょうか? ここでは、介護福祉士の国家試験を受験するために必要な実務経験につい...
介護の仕事に興味をもって「働いてみようかな?」と迷っている方は、「介護職の人は仕事のどんなことにやりがいを感じているのかな?」や「介護の仕事って楽しいのかな?」といった疑問をお持ちでしょう。 そこでこの記事では、介護職のやりがいや魅...
高齢化社会が進行する日本において、介護サービスのニーズは全国的に高まり、それに伴い介護職員の求人は増え続けています。求人を比較して希望の条件を満たす応募先が決まった人は、面接試験の準備をしているでしょう。 ここでは、介護職・介護福祉...
介護業界の年収は他の産業に比べて低い傾向にあるというニュースがあります。実際に、介護職として働いていて「年収が低いから」という理由で他の産業へ転職しようと思っている人が多いようです。 ここでは、目安の年収を600万円として、介護職員...
介護福祉士は介護職として唯一の国家資格です。最近、介護福祉士の給与改善が進められていることがニュースになっていますが、介護福祉士の取得を目指している人や、介護福祉士として働ている人は、「退職金ってどうなっているんだろう?」と疑問をお持...
これからも要介護高齢者数が増加する日本では、介護職の需要は増加しています。その中でも、正しい知識に基づいた介護業務ができる介護福祉士がいることは、ご利用者から見ても、介護施設・事業所側としても安心できることです。しかし、介護の現場は日...
介護職として働いている人や、これから介護職として就職することを考えている人は、「介護職にはどのようなキャリアアップがあるのか?」ということに興味があると思います。キャリアアップについて知り、具体的にどのようにキャリアアップを目指すのか...
介護業界で働くことを考えている皆さんは、介護の仕事のどこに魅力を感じたのでしょうか?介護業界では無資格で就職してから、資格を取得してキャリアアップできることを就職する理由にしている人もいるのではないでしょうか? ここでは、介護の資格...
特養や老健といった24時間対応の施設の場合、夜勤があります。夜勤ではどんな仕事をするのだろう?給料は?といった疑問を持つ方は多いと思います。そこで、今回は介護職員が夜勤ではどんなことをしているのか、手当はどうなっているかなどについて書...
働くうえで給与の金額は、モチベーションを左右する大きな項目です。その中でも、ボーナスの金額が就職先を決めるポイントになっている方も多いのではないでしょうか。 ここでは、介護職員のボーナスの水準、介護福祉士のボーナスの水準について...
日本の高齢化率(65歳以上人口の割合)は上昇を続け、介護サービスのニーズも増えています。このような社会情勢から、介護職員の確保、専門的な知識や技能を持った介護福祉士の育成・確保は、国をはじめ、各自治体の解決すべき課題となっています。そ...
介護職の不足や、その原因として介護職の賃金が他の産業と比較して低いことがニュースになっています。介護職として働いている人や介護職として働くことを考えている人は「これから先、介護職の給料は上がるの?」が気になっているでしょう。 ここで...
介護の仕事をする上で、靴を選ぶときに悩みを感じたことはありませんか?採用後に担当者から「動きやすい靴ならなんでもいいですよ」と言われても、初めて介護の仕事をする方にとっては、どんな靴を選べばいいのか不安を感じると思います。 ここでは...
介護業界への就職を考えている人は、就職を有利に進めるために資格を取得するべきか悩んでいませんか? ここでは介護の資格である「介護職員初任者研修」を取り上げ、取得すると就職で有利になるのかを説明しています。 介護職員初任者研...
介護職員の不足がニュースで取り上げられ、原因の一つとして賃金が低いことが挙げられています。ここでは、介護職員と国家資格である介護福祉士の年収と、その年収を上げる方法などをご紹介します。 これから介護福祉士を目指す人、介護福祉士を取得...
介護職員・介護福祉士の勤務時間は不規則なイメージがありますが、実際はどんなシフトで働いているのでしょうか?ここでは、シフトの例をいくつかご紹介しますので、ぜひご一読ください。 介護職員・介護福祉士の勤務時間とは? 介護職員...
介護職の資格に、国家資格である「介護福祉士」があります。国家資格と聞くと、受験するための学歴が気になる人も多いでしょう。 ここでは、介護福祉士の資格取得までの流れをご紹介しますので、ぜひご一読いただき、資格取得を目指しましょう。 ...
介護福祉士は介護職として唯一の国家資格です。介護業界において、スキルや知識を身につけている証明となり、待遇面で優遇されています。介護職員の人材不足が深刻化しているため、国は対策として介護職員の賃金改善が進め、また、2019年10月から...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索