介護職員・介護福祉士の勤務時間にはどんなシフトがある?

介護職員・介護福祉士の勤務時間にはどんなシフトがある?

介護職員・介護福祉士の勤務時間は不規則なイメージがありますが、実際はどんなシフトで働いているのでしょうか?ここでは、シフトの例をいくつかご紹介しますので、ぜひご一読ください。

介護職員・介護福祉士の勤務時間とは?

介護職員・介護福祉士は、訪問介護、デイサービス、特別養護老人ホーム、グループホームなど様々な介護施設・事業所で活躍しています。勤務時間は、働く職場によって違いますが、ここでは、日勤帯で勤務する施設・事業所と、24時間の交代制で勤務する施設・事業所の勤務時間の例をご紹介します。

訪問介護・デイサービスなど日勤帯での勤務時間

勤務時間例
シフト① 8時~17時(8時間勤務、1時間休憩)
シフト② 9時~18時(8時間勤務、1時間休憩)

このように、営業時間に合わせて勤務時間が設定されていますが、デイサービスの送迎時間に合わせるため、午前の早い時間の訪問のために、若干勤務時間をずらして勤務することがあるようです。また、現在では24時間体制でサービスを提供する訪問介護事業所やお泊りサービスを提供するデイサービスなどがあるので、勤務時間をしっかりと確認しましょう。

特別養護老人ホーム・グループホームなど24時間の交代制での勤務時間

24時間体制でシフトを組んでいる介護施設・事業所では、様々なシフトがあり、代表的なシフトとして、2交代制(日勤・夜勤)と3交代制(日勤・準夜勤・夜勤)が挙げられます。これらのシフトは、基本になるシフト以外にも、業務が忙しくなる時間帯や職場で求められる人員配置を満たすために、早番や遅番といった時間帯をずらしたシフトを組み合わせていることが多いでしょう。

2交代制の勤務時間例
早番 7時~16時(8時間勤務、1時間休憩)
日勤 9時~18時(8時間勤務・1時間休憩)
遅番 11時~20時(8時間勤務・1時間休憩)
夜勤 16時~10時(16時間勤務、2時間休憩)
3交代制の勤務時間例
早番 6時~15時(8時間勤務、1時間休憩)
日勤 8時~17時(8時間勤務、1時間休憩)
遅番 12時~21時(8時間勤務・1時間休憩)
準夜勤 16時~1時(8時間勤務・1時間休憩)
夜勤 0時~9時(8時間勤務・1時間休憩)

介護職員・介護福祉士の勤務日数は?

介護施設・事業所では、労働基準法に定める範囲内で労働日数を設定していますので、おおよそ労働日数260日、休日数105日が多いでしょう。また、労働日数が260日よりも少ない日数であれば施設・事業所によって独自に定めることができるため、実際には就職する施設・事業所によって労働日数は異なります。また、これは変形労働時間を採用しているかどうかでも異なります。

介護職員・介護福祉士の残業時間は?

介護職員・介護福祉士の残業時間は、求人情報を見るとそれほど多くないようです。ただし、緊急時の対応などで残業が発生する可能性があるので、絶対に残業がないという職場は少ないでしょう。また、介護職員が不足している職場では、不足している人員の勤務時間を分担して対応する必要があり、残業時間が大幅に増えることがあります。

簡単質問に答えて会員登録

介護職員・介護福祉士の日勤の仕事内容

介護職員の仕事内容は働く職場によって異なりますが、日中帯はご利用者が活動する時間帯なので、ご利用者の活動に合わせた介護業務を行います。例えば、移乗の介助、移動の介助、食事介助、服薬介助、着替えの介助、入浴介助、口腔ケア、排泄介助などが中心になります。その他にも、レクリエーションやイベントなども日中帯に行うことが多いでしょう。また、介護業務以外の会議、研修、ご家族の応対などは日中帯に行うことが多い業務になっています。

簡単質問に答えて会員登録

介護職員・介護福祉士の夜勤の仕事内容

夜間帯はご利用者が就寝する時間なので、就寝するまでの準備、就寝中の業務、起床後の業務などを行います。例えば、パジャマへの着替えの介助、口腔ケア、ベッドへの移乗、就寝後の見守り、おむつ交換、深夜のトイレ介助、体位変換、起床後の整容などが中心になります。また、体調の変化などの緊急時の対応を行うこともあります。

簡単質問に答えて会員登録

介護職員・介護福祉士の夜勤のメリット、デメリット

メリット

夜勤のメリットとして、まずは金銭的な面が挙げられます。22時から5時までの時間で就業すると割増賃金の対象になるため、夜勤手当が支給されます。この夜勤手当は、労働時間にもよりますが、1回3,000円~8,000円ほどの金額が多いようです。

デメリット

日勤と夜勤で勤務する生活を繰り返すと、生活リズムが崩れて、体調に影響する場合があります。それ以外にも、家族と時間が合わなくなり、一緒に過ごす時間が減ってしまうこともデメリットとして挙げられます。

簡単質問に答えて会員登録

まとめ

介護職員・介護福祉士は、働く職場によって勤務時間が多種多様です。現在、就職・転職活動中の人は、求人情報に記載してある勤務時間、労働日数・年間休日数を確認して、自分やご家族の生活と照らし合わせてから応募しましょう。皆さんが自分に合った職場に就職できることをお祈りいたします。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

介護福祉士は、介護福祉士国家資格を取得した介護の専門職です。介護職として働こうと考えている人や、現在介護職として働いている人は、介護福祉士の資格取得を目指しているのではないでしょうか? ここでは、介護の資格を持っていない人が、介護福...
人手不足と言われている介護業界。「介護職って残業多いの?」、「他の職場はどうなんだろう?」と疑問をお持ちの方へ、介護職・介護福祉士の残業事情についてご紹介します。 介護職・介護福祉士の残業は多い? 介護の求人情報からみた残...
介護職の国家資格である『介護福祉士』は、実務経験を積みながら取得を目指せる国家資格として有名です。皆さんは、この『実務経験』について疑問をお持ちではないでしょうか? ここでは、介護福祉士の国家試験を受験するために必要な実務経験につい...
介護職として就職・転職をする方は、応募する時の履歴書の志望動機が決まらずにお悩みではありませんか? この記事では、介護職の志望動機を作成する方法や志望動機の例文、面接のポイントをご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。 ...
介護の仕事に興味をもって「働いてみようかな?」と迷っている方は、「介護職の人は仕事のどんなことにやりがいを感じているのかな?」や「介護の仕事って楽しいのかな?」といった疑問をお持ちでしょう。 そこでこの記事では、介護職のやりがいや魅...
高齢化社会が進行する日本において、介護サービスのニーズは全国的に高まり、それに伴い介護職員の求人は増え続けています。求人を比較して希望の条件を満たす応募先が決まった人は、面接試験の準備をしているでしょう。 ここでは、介護職・介護福祉...
介護業界の年収は他の産業に比べて低い傾向にあるというニュースがあります。実際に、介護職として働いていて「年収が低いから」という理由で他の産業へ転職しようと思っている人が多いようです。 ここでは、目安の年収を600万円として、介護職員...
介護福祉士は介護職として唯一の国家資格です。最近、介護福祉士の給与改善が進められていることがニュースになっていますが、介護福祉士の取得を目指している人や、介護福祉士として働ている人は、「退職金ってどうなっているんだろう?」と疑問をお持...
これからも要介護高齢者数が増加する日本では、介護職の需要は増加しています。その中でも、正しい知識に基づいた介護業務ができる介護福祉士がいることは、ご利用者から見ても、介護施設・事業所側としても安心できることです。しかし、介護の現場は日...
介護職として働いている人や、これから介護職として就職することを考えている人は、「介護職にはどのようなキャリアアップがあるのか?」ということに興味があると思います。キャリアアップについて知り、具体的にどのようにキャリアアップを目指すのか...
介護業界で働くことを考えている皆さんは、介護の仕事のどこに魅力を感じたのでしょうか?介護業界では無資格で就職してから、資格を取得してキャリアアップできることを就職する理由にしている人もいるのではないでしょうか? ここでは、介護の資格...
特養や老健といった24時間対応の施設の場合、夜勤があります。夜勤ではどんな仕事をするのだろう?給料は?といった疑問を持つ方は多いと思います。そこで、今回は介護職員が夜勤ではどんなことをしているのか、手当はどうなっているかなどについて書...
働くうえで給与の金額は、モチベーションを左右する大きな項目です。その中でも、ボーナスの金額が就職先を決めるポイントになっている方も多いのではないでしょうか。 ここでは、介護職員のボーナスの水準、介護福祉士のボーナスの水準について...
日本の高齢化率(65歳以上人口の割合)は上昇を続け、介護サービスのニーズも増えています。このような社会情勢から、介護職員の確保、専門的な知識や技能を持った介護福祉士の育成・確保は、国をはじめ、各自治体の解決すべき課題となっています。そ...
介護職の不足や、その原因として介護職の賃金が他の産業と比較して低いことがニュースになっています。介護職として働いている人や介護職として働くことを考えている人は「これから先、介護職の給料は上がるの?」が気になっているでしょう。 ここで...
介護の仕事をする上で、靴を選ぶときに悩みを感じたことはありませんか?採用後に担当者から「動きやすい靴ならなんでもいいですよ」と言われても、初めて介護の仕事をする方にとっては、どんな靴を選べばいいのか不安を感じると思います。 ここでは...
介護業界への就職を考えている人は、就職を有利に進めるために資格を取得するべきか悩んでいませんか? ここでは介護の資格である「介護職員初任者研修」を取り上げ、取得すると就職で有利になるのかを説明しています。 介護職員初任者研...
介護職員の不足がニュースで取り上げられ、原因の一つとして賃金が低いことが挙げられています。ここでは、介護職員と国家資格である介護福祉士の年収と、その年収を上げる方法などをご紹介します。 これから介護福祉士を目指す人、介護福祉士を取得...
介護職の資格に、国家資格である「介護福祉士」があります。国家資格と聞くと、受験するための学歴が気になる人も多いでしょう。 ここでは、介護福祉士の資格取得までの流れをご紹介しますので、ぜひご一読いただき、資格取得を目指しましょう。 ...
介護福祉士は介護職として唯一の国家資格です。介護業界において、スキルや知識を身につけている証明となり、待遇面で優遇されています。介護職員の人材不足が深刻化しているため、国は対策として介護職員の賃金改善が進め、また、2019年10月から...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索