サービス提供責任者は兼務できるの?兼務しているサ責は大変?

サービス提供責任者は兼務できるの?兼務しているサ責は大変?

サービス提供責任者として就職を考えている皆さんは、「サービス提供責任者って他の仕事を兼務することがあるの?」、「兼務すると大変なのかな?」という不安を感じているのではないでしょうか。

この記事では、サービス提供責任者の人員配置基準や兼務について詳しくご紹介しています。ぜひご一読ください。

訪問介護の人員配置基準とは?

訪問介護事業所の人員配置基準は以下のようになっています。

職種 人員配置
管理者 1人以上
サービス提供責任者 利用者の数が40または端数を増すごとに1人以上
訪問介護員 常勤換算数で2.5人以上

このようにサービス提供責任者は、最低でも訪問介護事業所に1人以上配置され、利用者の人数が増えるとそれに合わせてさらに人数を増やす必要があります。そのため、規模の大きい訪問介護事業所には複数のサービス提供責任者が働いています。

▶無料会員登録はこちら

サービス提供責任者とは?

それでは、訪問介護のサービス提供責任者はどのような職種なのか見ていきましょう。

サービス提供責任者とは、利用者に実際にどのような訪問介護サービスを提供するかサービス内容が具体的に記載される『訪問介護計画書の作成』や『ホームヘルパーへの援助方法の説明、情報伝達』、『ホームヘルパーの育成』などを担当する職種です。そして、訪問介護事業所の窓口となり、利用者、担当ケアマネジャー、ホームヘルパーと連絡を取り、サービスの調整を行っています。

▶無料会員登録はこちら

サービス提供責任者は兼務できるの?

サービス提供責任者の兼務については、『指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準』及び『指定居宅サービス等及び指定介護予防サービス等に関する基準について』において、指定訪問介護の提供に支障がない場合に、他の職務や他の事業所の職務を兼務することができるとされています。

管理者とサービス提供責任者の兼務

訪問介護事業所の『管理者』と『サービス提供責任者』を兼務することが認められています。

管理者は、訪問介護事業所全体の管理業務を担う職種です。サービスの質を高めることやサービスの調整をすることは売上に関連し、サービス提供責任者とホームヘルパーの人事管理、人材育成も管理業務として担うため、サービス提供責任者の仕事と関連する業務が多いです。

訪問介護員(ホームヘルパー)とサービス提供責任者の兼務

訪問介護事業所の『訪問介護員』と『サービス提供責任者』を兼務することが認められています。

訪問介護員は、訪問介護事業所において利用者の居宅を訪問して介護サービスを提供する職種です。身体介護・生活援助・通院等乗降介助などの介護サービスを、サービス提供責任者の作成した訪問介護計画書に則って提供して、サービスの内容や利用者の様子・変化などを事業所へ報告します。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護との兼務

同一敷地内にある『定期巡回・随時対応型訪問介護看護』または『夜間対応型訪問介護』と兼務することができます。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、日中・夜間を通して24時間訪問介護と訪問看護を一体的または連携してサービスを提供する事業所です。夜間対応型訪問介護は、夜間帯に訪問介護を提供する事業所です。どちらの事業所も、定期的に訪問をする『定期巡回』と、連絡があった時に訪問して対応する『随時対応』のサービスを提供しています。

有料老人ホームとの兼務

『同一建物であっても有料老人ホームの職務と兼務することはできません!』

有料老人ホームに訪問介護事業所が併設していることは、よくあります。一体的に運用していることでスタッフの交流があり、業務の境目がわかりづらくなっていることもあるでしょうが、もしこのような場合でも自身の所属や職務を明確に理解しておく必要がありますので注意しましょう。

▶無料会員登録はこちら

兼務しているサービス提供責任者は大変?

「兼務すると大変なのかな?」という質問に対しては、「兼務すると業務範囲が広くて大変」だと感じている人が多いようです。

これは、就職する職場の状況によって大きな差が出ているようです。兼務をすることで業務の範囲が広がるため業務量も増えますが、業務量が過多にならないように職場で調整が行われていることもあります。働く側としても、業務量が過多にならなければ、色々な業務を経験できることはキャリアアップ、スキルアップに繋がるメリットがあります。

▶無料会員登録はこちら

サービス提供責任者として就職する時に注意することとは?

それでは応募先を選ぶ時や就職する時には、どのようなことをチェックすれば良いのでしょうか?職場を選ぶポイントとして一般的には「皆さんが希望する給料・労働条件を満たしていること」、「将来の見通しが立つこと」、「働きやすい環境であること」などが挙げられます。これらをチェックするためのポイントをいくつかご紹介します。

【チェックポイント】

  • 給料の金額
  • 昇給する制度の有無
  • 通勤時間や通勤距離
  • 兼務の有無と兼務する職務
  • 平均残業時間
  • 処遇改善加算等の算定状況と手当の支給額
  • 具体的な仕事内容とおおよその担当件数や訪問件数
  • 他のサービス提供責任者の人数
  • タブレット、スマートフォンなどの導入状況
▶無料会員登録はこちら

まとめ

サービス提供責任者の人員配置や兼務を中心にご紹介してきましたが、皆さんの疑問や不安は解決されましたか?

サービス提供責任者は、兼務することで多忙になり大変ですが、その分仕事にやりがいを感じている方も多いようです。また、サービス提供責任者の仕事内容はキャリアアップを目指す人にとって役立つ経験となっています。

もし、皆さんがサービス提供責任者として就職・転職を考えているのでしたら、ぜひ『カイゴジョブ(https://www.kaigojob.com/)』で求人情報を検索してみてください。カイゴジョブでは、『サービス提供責任者』の職種に絞り込んだ検索ができるのでとても使いやすいと思います。

ここでご紹介した内容が皆さんの就職活動のお役に立てば幸いです。

働きたいエリアに「賞与あり」の
求人はどれくらいある?
介護職員・ヘルパー
賞与・ボーナスあり
の求人をチェック!
大久保典慶

監修者 大久保典慶

社会福祉士、介護福祉経営士1級。介護・老人福祉事業を幅広く展開する社会福祉法人で9年の経験を経て、株式会社エス・エム・エスに入社。介護・福祉に関わるコンテンツ制作の編集業務を担う。

サービス提供責任者の求人を都道府県から探す

関連記事