生活相談員の給料はどれくらい?内訳や昇給をする方法もご紹介

生活相談員の給料はどれくらい?内訳や昇給をする方法もご紹介

特別養護老人ホームやデイサービスでの配置が義務付けられている生活相談員は、利用者やその家族からの相談業務や施設の手配など重要な役割を担う仕事です。では、生活相談員は一体どれくらいの収入があるのでしょうか。この記事では生活相談員の給料について詳しくご紹介します。

生活相談員の給料

平均給料

生活相談員の平均給与は厚生労働省の「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、平成30年度の平均給与額は321,080円となり、年収で換算すると3,853,960円となります。平成29年と平成30年の平均給与を比較すると、増加傾向にあります。

非常勤(パート)の場合は?

生活相談員で時給制や非常勤の場合、平成30年度の平均時給は1,070円となっています。こちらも平成29年から平成30年にかけて今後も時給が増加していく傾向にあります。

生活相談員の給料の内訳は?

生活相談員の給料の内訳の例をご紹介します。

  • 基本給
  • 賞与
  • 職務手当
  • 資格手当
  • 通勤手当
  • 時間外手当
  • 住宅手当
  • 扶養手当

上記が給料の主な内訳となりますが、施設によっては手当の内容などが異なる可能性があります。

施設・事業所種別による給料の違い

では、施設・事業所種別による給料の違いはあるのでしょうか?

まずは、特別養護老人ホームを見ていきましょう。特別養護老人ホームの生活相談員は、平成30年度で給与が333,170円、年収で換算すると3,998,040円となります。一方、デイサービスの場合、平成30年度の給与が264,800円、年収で換算すると3,177,600円となりました。

施設や事業所種別でも給料の違いはありますが、その他にも施設の利用者数や勤務時間なども関係しているようです。

生活相談員・相談職の求人を探す

介護職との給料の比較

介護福祉士と比較した場合

平成30年度の介護福祉士の平均給与額は316,990円で、年収で換算すると3,803,880円となり、介護福祉士よりも生活相談員の方が平均給与額が高い結果が出ています。

給料を上げるには?

キャリアアップを目指す

生活相談員のキャリアアップとしてケアマネジャーや施設長などの管理職があります。それぞれの給与額はどれくらいなのか見ていきましょう。

ケアマネジャー

ケアマネジャーになると、平成30年度の平均給与額は350,320円で、年収で換算すると4,203,840円となっています。このように経験を積み、資格を取得することで給与アップに繋がるでしょう。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の求人を探す

管理職

特別養護老人ホームの管理者の場合、平成30年度の平均給与額は402,900円で、年収で換算すると4,834,800円となります。一方、デイサービスの管理者の場合、平成30年度の平均給与額は313,660円で、年収で換算すると3,763,920円となります。

このように、管理職に就くと給与がアップするため、生活相談員になった後は更なるキャリアアップとして管理職を目指す方が多いようです。

管理者・施設長・ホーム長の求人を探す

待遇の良い職場を探す

通常、特別養護老人ホームやデイサービスでは生活相談員の配置が義務付けられています。生活相談員が不足している場合には、高待遇の求人情報もあるため、求人情報はこまめにチェックするのがおすすめです。

また、新着の求人情報を得るためにも、求人サイトに条件を登録しておくと便利です。

生活相談員・相談職の求人を探す

まとめ

生活相談員は介護業界の中で比較的給与が高い職種となりますが、その給与の金額は就職先によって様々です。現在の条件から、より良い条件で転職するには、生活相談員や管理職の最新の求人情報を集めて皆さんの希望の条件を満たす職場を選びましょう。

働きたいエリアに「賞与あり」の
求人はどれくらいある?
介護職員・ヘルパー
賞与・ボーナスあり
の求人をチェック!
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

介護業界でがんばる皆様、転職を検討している皆様を全力応援!お悩みQ&Aや転職ノウハウなど、お役立ち情報を発信します。

生活相談員・相談職の求人を都道府県から探す

関連記事