ホームヘルパー(訪問介護員)って資格なしでも就職できるの?

ホームヘルパー(訪問介護員)って資格なしでも就職できるの?

医療技術の発展により日本では平均寿命が延び、高齢化が進んでいます。そのため、介護サービスのニーズが増え、介護の仕事は将来性のある仕事、介護業界は将来性がある業界としてとして注目が集まっています。しかし、介護業界を就職先・転職先として検討している人には、無資格だからと一歩踏み出すことを躊躇している人も多いのではないでしょうか?

ここでは、介護職の中でも『ホームヘルパー(訪問介護員)』について、仕事内容や必要な資格をご紹介しますので、ぜひご一読ください。

ホームヘルパー(訪問介護員)は無資格でも働ける?

訪問介護事業所で働くホームヘルパーの業務は、介護を必要とするご利用者の自宅等へ訪問し、介護サービスを提供することです。自宅で生活を送る高齢者にとっては、在宅生活を維持する上で重要な介護サービスとなっています。

その重要な業務を担うホームヘルパーは、無資格では介護サービスを提供できません。

他の介護サービス種別によっては、無資格でも就業が可能な施設・事業所がありますが、1対1で介護サービスを提供する訪問介護事業所では、介護職員としての資質を担保したサービスの提供が必要とされています。

ホームヘルパーとして働くために必要な資格とは?

ホームヘルパーとして働くためには、生活援助従事者研修(生活援助業務のみ)、介護職員初任者研修、実務者研修の修了や介護福祉士等の資格が必要とされています。

ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーの仕事内容は、大きく分けて身体介護、生活援助、通院等乗降介助となっています。

身体介護では、排泄介助、入浴介助、食事介助、更衣介助、体位交換、移乗介助のように、ご利用者の身体に接触するような介助と、自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助を行います。生活援助では、身体介護の範囲に入らない内容の日常生活の援助、具体的には、買い物代行、洗濯、調理、掃除などを行います。そして、通院等乗降介助では、車の乗降りの介助、ご利用者の自宅と病院の間の送迎、到着後の移動介助、受診手続きなどを行います。

ホームヘルパーに求められる能力

介護に関する知識、技術が求められますが、それ以外にもコミュニケーション能力も求められます。適切な介護サービスを提供するためにはご利用者との信頼関係を築くことは重要で、そのためにもコミュニケーション能力が必要になります。また、ご利用者は介護を必要としている高齢者なので、ご利用者の身近にいるホームヘルパーが変化や異常にいち早く気づき、関係者へ報告・連絡・相談をすることが求められます。

ホームヘルパーとして働くために必要な資格の取得方法

生活援助従事者研修

生活援助従事者研修は2018年4月に新設され、介護人材の裾野を拡げることを目的として、訪問介護の生活援助業務を担う人材を育成するための研修です。受講時間は59時間で、他の研修より修了しやすいですが、開講している資格のスクールはあまり多くありません。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の仕事をする上で、基礎的な内容を学習する研修です。受講時間は130時間、受講期間は2週間~3ヵ月と修了しやすい研修と言えます。全国の資格のスクールが開講しているので、受講するスクールを探しやすいこと、学歴、年齢、実務経験も関係なく誰でも受講できること、多くの職場で取得を推奨している資格であることから、多くの人が受講しています。

実務者研修

実務者研修とは、以前のホームヘルパー1級と介護職員基礎研修に相当するもので、合計450時間、約6ヵ月の受講期間で修了できます。無資格からでも実務者研修を受講することができますが、介護職員初任者研修を修了している場合には、共通している科目の受講が免除されるので、段階的に受講する人が多いようです。こちらも、全国の資格のスクールで開講しているので、受講するスクールを探しやすいでしょう。

無資格で介護職を始めるメリット

介護職が適した職業なのか確認できる

介護の仕事に興味を持ち、時間とお金をかけて資格をとっても「こんなはずじゃなかった」「自分にはこの仕事は向いていなかった」「続ける自信がない」と言って辞めていく人もいます。訪問事業所には、応募するための資格要件がありますが、他の介護施設・事業所では無資格・未経験でも募集されているので、就職して業務を体験して、自分に合っている仕事かどうかを判断するという選択肢もあります。

すぐ仕事が始められる

資格がない人が、研修を受講して就職する場合、収入を得られない期間があるだけでなく、受講期間と受講費用も必要になります。資格を必要としない介護施設・事業所に就職して、働きながら資格を取得することで、収入を得ながら、資格を取得することができるでしょう。就職する介護施設・事業所によっては、研修受講の費用の助成や休日調整などをしてくれることもあります。

資格なしの人は介護業界でどのようなキャリアアップを目指すのか?

無資格の方が、介護事業所へ就職した場合どのようなキャリアを描くのでしょうか。代表的な例をご紹介します。

ステップ①として、就職して従事しながら介護職員初任者研修を受講します。受講することで介護職員として必要な基礎知識を身に着けます。

ステップ②として、経験を積みながら実務者研修を受講します。業務の理解を進めながら、実践的な知識、技術を身に着けます。

ステップ③として、国家試験の受験資格を満たし、国家試験に合格して国家資格である介護福祉士を取得します。介護福祉士は、介護のプロフェッショナルである証となります。

ステップ④として、さらに経験を積み、介護現場のリーダーとして働くことを目指します。

まとめ

訪問介護事業所のホームヘルパーとして仕事をするためには資格が必要ですが、その他の介護施設・事業所では無資格の人を歓迎している職場はたくさんあります。就職してからキャリアアップを目指して資格を取得すること、資格を取得してから訪問介護事業所に転職することもできるので、「無資格者歓迎」の求人情報に応募してみて、一度お話を聞いてみてはいかがでしょうか?

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

仕事をしながら家事や育児をすることはとても大変なことです。家庭と両立できる仕事を探している人は、「ホームヘルパーとして主婦の方が多く活躍しています」という文章をみて、ホームヘルパーという職業が気になっていませんか? ここでは、ホーム...
近年、社会の高齢化が進み、介護が必要な高齢者が増える中で、在宅生活を支える訪問介護への注目が高まっています。介護の仕事が未経験でも、その仕事内容に興味をお持ちの方は多いのではないでしょうか。 ここでは、訪問介護の仕事を始めてみようと...
介護職員初任者研修を修了して、これから介護業界へ就職しようと考えている人は、「訪問介護で働いてみたいけど、どれくらい給料がもらえるのかな?」「登録ヘルパー募集の登録ヘルパーって何だろう?」と疑問をお持ちではないでしょうか?また、すでに...
介護職員初任者研修を修了して、「介護の現場で働こう!」と考えている人や、ライフステージの変更から就業時間の融通が利く訪問介護に転職を考えている人は、訪問介護の求人情報を比較検討していると思います。 ここでは、訪問介護員(ホームヘルパ...
ホームヘルパー(訪問介護員)は、訪問介護で働く介護職です。介護業界は人材不足により、有効求人倍率が高く、就職しやすい業界だと言われていますが、面接で何を答えても就職できるというわけではありません。 今回はホームヘルパーの面接対策につ...
訪問介護の「残業なし」の求人情報を見て、本当に残業がないのかな?と不安を感じている人も多いのではないでしょうか? 今回は、訪問介護の残業について調べましたので、訪問介護に就職しようと考えている人は、ぜひご覧ください。 訪問...
訪問介護サービスを提供する際に、訪問介護計画書はとても重要な役割を持っています。訪問介護のご利用者がどのような介護を望んでいるのか、具体的にどういうサービスをどのように提供するかが訪問介護計画書に記載されています。 今回は、この訪問...
ホームヘルパーとして就職、転職を考えている皆さんは、すでに介護職員初任者研修等の介護の資格を取得していると思います。ホームヘルパーは介護業界の中でも特殊な雇用形態があり、労働条件が多種多様です。 ここではホームヘルパーの就職先の選び...
介護職員初任者研修や実務者研修を修了して、ホームヘルパーとして就職を考えている人の中には、求人情報をみたり、面接を受けたりした時に深夜の業務があることを知って「訪問介護に夜勤があるの?」と疑問をお持ちではありませんか? ここでは、訪...
みなさまは、ホームヘルパーという職業をご存知でしょうか?ホームヘルパーの仕事は、訪問介護事業所からご利用者の自宅を訪問して、介護サービスを提供することです。介護業界へ就職、転職を考えている方には、ホームヘルパーの求人情報を見て、実際に...
ホームヘルパーとして働くことを考えている方は、就職するために必要な資格を調べているでしょう。 ここでは、ご利用者の自宅を訪問して介護サービスを提供する「ホームヘルパー(訪問介護員)」として従事するために必要な資格について説明しますの...
介護の求人情報を見て、訪問介護員(ホームヘルパー)として働くことを考えている皆さんは、資格欄の「介護職員初任者研修以上」を見て、「介護職って無資格で働けるはずじゃないの?」と疑問をお持ちではないですか? ここでは、訪問介護の仕事内容...
ホームヘルパー(訪問介護員)の求人情報には、早朝勤務、深夜勤務できる人を歓迎している求人情報があります。「早朝?深夜?の仕事があるの?」「昼間だけじゃないの?」という疑問をお持ちではありませんか? ここでは、ホームヘルパーとして早朝...
高齢化が進む日本社会では、介護を必要としている「要介護高齢者」の人数は、年々増加しています。しかし、ひとことに「要介護高齢者」と言っても、すべての人が、老人ホームなどに入居するわけではありません。長年住み慣れた自宅でできる限り生活を送...
現在の給与だけでは生活が厳しいから、空いてる時間にダブルワークで仕事をしてみようかな?と考えている人は多いのではないでしょうか? ダブルワークをお考えの皆さんへ、ここでは、ご利用者の自宅を訪問し、介護サービスを提供する訪問介護での仕...
訪問介護の仕事に興味がある方は、求人情報を目にした時、応募資格に「無資格OK」や「○○の資格が必要」など、様々な応募条件があることに気づいているでしょう。 ここでは、訪問介護の仕事に興味はあるけれど、介護の資格をお持ちでない「無資格...
これから介護職として働くことを考えている皆さんは、ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違いはご存知でしょうか?以前は介護の資格といえば、ホームヘルパー2級でしたが、2013年からホームヘルパー2級の資格が廃止され、介護職員初任者研...
訪問介護の仕事に就くことを考えている方は、「早朝勤務や夜勤はあるのかな?」「残業って多いのかな?」「短時間OKって1日何時間から働けるのかな?」など、勤務時間についての疑問をお持ちではないでしょうか? ここでは、訪問介護の勤務時間に...
ここでは、ホームヘルパーとして働いていて、「職務・仕事の意味」に疑問を感じている人へ、ホームヘルパーの仕事の意味とやりがい、そして今後のキャリアアップについて説明します。 ホームヘルパー(訪問介護員)の職務・仕事の意味とは?...
訪問介護員(ホームヘルパー)の求人情報が気になっている皆さんは、「ホームヘルパーって具体的にどんな仕事をするのかな?」と気になっていませんか? ここでは、訪問介護で働く職種の仕事内容とやりがいなどをご紹介しますので、就職・転職に向け...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索