訪問介護員(ホームヘルパー)になるためには介護職員初任者研修が必要?

訪問介護員(ホームヘルパー)になるためには介護職員初任者研修が必要?

介護の求人情報を見て、訪問介護員(ホームヘルパー)として働くことを考えている皆さんは、資格欄の「介護職員初任者研修以上」を見て、「介護職って無資格で働けるはずじゃないの?」と疑問をお持ちではないですか?

ここでは、訪問介護の仕事内容と介護職員初任者研修についてご紹介しますので、ぜひご一読ください。

訪問介護員(ホームヘルパー)とは?

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事とは?

訪問介護員は訪問介護事業所に所属し、ご利用者の自宅を訪問して、ご利用者の状況に合わせた介護サービスを提供します。介護が必要な状況になっても、住み慣れた自宅で過ごしたいと思う高齢者は多く、訪問介護員は、そのような人の在宅生活を支える重要な役割を担っています。

訪問介護員(ホームヘルパー)になるためには?

訪問介護員として働くためには、一定の介護の資格を取得していなくてはなりません。具体的な資格は以下のようになります。

  • 介護福祉士
  • 実務者研修(旧ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修)
  • 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)
  • 生活援助従事者研修

この資格の中でも、訪問介護員として生活援助、身体介護の両方に業務に従事できる資格で、広く取得されている資格が「介護職員初任者研修」になります。そのため、求人情報の応募条件には「介護職員初任者研修以上の有資格者」と記載されていることが多いでしょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の業務内容とは?

  • 生活援助
  • 調理、掃除、買い物代行、洗濯など

  • 身体介護
  • 入浴、食事、排泄、着替え、移動の介助など

介護職員初任者研修の目的とは?

介護職員初任者研修の目的は、介護サービス種別を問わず、介護業務全般で役立つ介護の基礎技術・知識を習得することです。そのために、旧制度の「訪問介護員養成研修課程(ホームヘルパー)」から、学習する内容が変更されています。

介護職員初任者研修の受講資格とは?

介護職員初任者研修には受講資格が特にありません。年齢、経験、学歴、性別など不問とされています(未成年などには年齢制限を設定しているスクールがあります)。そのため介護職員初任者研修は、介護業界以外で働いていた人、仕事を定年退職した人、学生など、様々な年代・経歴の人が受講しています。

介護職員初任者研修の取得方法とは?

介護職員初任者研修の講座は、大きく分けて「通信+通学コース」と「通学コース」が実施されています。どちらのコースでも受講時間は130時間、受講後に修了試験があり合格すると資格を取得できます。この受講開始から修了試験までの受講期間は、おおよそ2週間~3ヵ月となっています。

  • 通信+通学コース
  • 通信+通学コースでは、一部の科目を自宅で教材を使用して受講して、残りの科目を通学して受講します。学習を進めやすいコースなので、こちらのコースを受講する人が多いようです。

  • 通学コース
  • 通学コースは、すべての科目を通学して受講します。通学する日程は、短期集中、特定の曜日などで実施されているので、自身の都合と調整して受講します。

  • 修了試験
  • 修了試験は約1時間で、研修の効果測定として実施されています。研修で学習した内容から出題されますので、しっかりと復習して試験に臨みましょう。

介護職員初任者研修のカリキュラムとは?

  • 職務の理解(6時間)
  • 介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)
  • 介護の基本(6時間)
  • 介護・福祉サービスの理解と医療との連携(9時間)
  • 介護におけるコミュニケーション技術(6時間)
  • 老化の理解(6時間)
  • 認知症の理解(6時間)
  • 障害の理解(3時間)
  • こころとからだのしくみと生活支援技術(75時間)
  • 振り返り(4時間)

介護職員初任者研修の費用はどれくらい?

介護職員初任者研修の受講費用は、実施団体によって異なりますが、一般的な受講費用は3万円~10万円ほどでした。カリキュラムは指定されているので、受講費用の金額によって受講内容や受講時間に差はありません。

介護職員初任者研修を修了するためには、通学して受講する科目があるので、自宅から通学できるスクールを選ぶ必要があります。受講費用を比較する際は、通学できる範囲のスクールを比較しましょう。また、割引制度・キャンペーンなどを行っていることがあるので、調べてからの申込をおすすめします。

まとめ

訪問介護員として就職するためには、介護職員初任者研修修了等の資格が必要です。応募条件を確認して、必要な資格を取得して、希望の職場へ就職しましょう。

カイゴジョブの訪問介護・定期巡回の求人
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

これから介護職として働くことを考えている皆さんは、ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違いはご存知でしょうか?以前は介護の資格といえば、ホームヘルパー2級でしたが、2013年からホームヘルパー2級の資格が廃止され、介護職員初任者研...
医療技術の発展により日本では平均寿命が延び、高齢化が進んでいます。そのため、介護サービスのニーズが増え、介護の仕事は将来性のある仕事、介護業界は将来性がある業界としてとして注目が集まっています。しかし、介護業界を就職先・転職先として検...
現在の給与だけでは生活が厳しいから、空いてる時間にダブルワークで仕事をしてみようかな?と考えている人は多いのではないでしょうか? ダブルワークをお考えの皆さんへ、ここでは、ご利用者の自宅を訪問し、介護サービスを提供する訪問介護での仕...
介護職員初任者研修や実務者研修を修了して、ホームヘルパーとして就職を考えている人の中には、求人情報をみたり、面接を受けたりした時に深夜の業務があることを知って「訪問介護に夜勤があるの?」と疑問をお持ちではありませんか? ここでは、訪...
ホームヘルパーとして働くことを考えている方は、就職するために必要な資格を調べているでしょう。 ここでは、ご利用者の自宅を訪問して介護サービスを提供する「ホームヘルパー(訪問介護員)」として従事するために必要な資格について説明しますの...
訪問介護の仕事に興味がある方は、求人情報を目にした時、応募資格に「無資格OK」や「○○の資格が必要」など、様々な応募条件があることに気づいているでしょう。 ここでは、訪問介護の仕事に興味はあるけれど、介護の資格をお持ちでない「無資格...
訪問介護の仕事に就くことを考えている方は、「早朝勤務や夜勤はあるのかな?」「残業って多いのかな?」「短時間OKって1日何時間から働けるのかな?」など、勤務時間についての疑問をお持ちではないでしょうか? ここでは、訪問介護の勤務時間に...
仕事をしながら家事や育児をすることはとても大変なことです。家庭と両立できる仕事を探している人は、「ホームヘルパーとして主婦の方が多く活躍しています」という文章をみて、ホームヘルパーという職業が気になっていませんか? ここでは、ホーム...
近年、社会の高齢化が進み、介護が必要な高齢者が増える中で、在宅生活を支える訪問介護への注目が高まっています。介護の仕事が未経験でも、その仕事内容に興味をお持ちの方は多いのではないでしょうか。 ここでは、訪問介護の仕事を始めてみようと...
介護職員初任者研修を修了して、これから介護業界へ就職しようと考えている人は、「訪問介護で働いてみたいけど、どれくらい給料がもらえるのかな?」「登録ヘルパー募集の登録ヘルパーって何だろう?」と疑問をお持ちではないでしょうか?また、すでに...
介護職員初任者研修を修了して、「介護の現場で働こう!」と考えている人や、ライフステージの変更から就業時間の融通が利く訪問介護に転職を考えている人は、訪問介護の求人情報を比較検討していると思います。 ここでは、訪問介護員(ホームヘルパ...
ホームヘルパー(訪問介護員)は、訪問介護で働く介護職です。介護業界は人材不足により、有効求人倍率が高く、就職しやすい業界だと言われていますが、面接で何を答えても就職できるというわけではありません。 今回はホームヘルパーの面接対策につ...
訪問介護の「残業なし」の求人情報を見て、本当に残業がないのかな?と不安を感じている人も多いのではないでしょうか? 今回は、訪問介護の残業について調べましたので、訪問介護に就職しようと考えている人は、ぜひご覧ください。 訪問...
訪問介護サービスを提供する際に、訪問介護計画書はとても重要な役割を持っています。訪問介護のご利用者がどのような介護を望んでいるのか、具体的にどういうサービスをどのように提供するかが訪問介護計画書に記載されています。 今回は、この訪問...
ホームヘルパーとして就職、転職を考えている皆さんは、すでに介護職員初任者研修等の介護の資格を取得していると思います。ホームヘルパーは介護業界の中でも特殊な雇用形態があり、労働条件が多種多様です。 ここではホームヘルパーの就職先の選び...
みなさまは、ホームヘルパーという職業をご存知でしょうか?ホームヘルパーの仕事は、訪問介護事業所からご利用者の自宅を訪問して、介護サービスを提供することです。介護業界へ就職、転職を考えている方には、ホームヘルパーの求人情報を見て、実際に...
ホームヘルパー(訪問介護員)の求人情報には、早朝勤務、深夜勤務できる人を歓迎している求人情報があります。「早朝?深夜?の仕事があるの?」「昼間だけじゃないの?」という疑問をお持ちではありませんか? ここでは、ホームヘルパーとして早朝...
高齢化が進む日本社会では、介護を必要としている「要介護高齢者」の人数は、年々増加しています。しかし、ひとことに「要介護高齢者」と言っても、すべての人が、老人ホームなどに入居するわけではありません。長年住み慣れた自宅でできる限り生活を送...
ここでは、ホームヘルパーとして働いていて、「職務・仕事の意味」に疑問を感じている人へ、ホームヘルパーの仕事の意味とやりがい、そして今後のキャリアアップについて説明します。 ホームヘルパー(訪問介護員)の職務・仕事の意味とは?...
訪問介護員(ホームヘルパー)の求人情報が気になっている皆さんは、「ホームヘルパーって具体的にどんな仕事をするのかな?」と気になっていませんか? ここでは、訪問介護で働く職種の仕事内容とやりがいなどをご紹介しますので、就職・転職に向け...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索