訪問入浴介護の仕事内容とは?

訪問入浴介護の仕事内容とは?

介護業界には様々な介護事業所種別があり、そのひとつとして「訪問入浴介護」があります。

今回は訪問入浴介護を取り上げ、仕事内容について詳しく説明しますので、ぜひご一読ください。

訪問入浴介護とは

訪問入浴介護の概要

訪問入浴介護は、自宅の浴槽での入浴が困難な要介護高齢者宅に、浴槽を持ち込み、入浴サービスを提供します。

訪問入浴介護の人員体制

訪問入浴介護は、基本的に介護スタッフ2名、看護スタッフ1名の3人1チームで業務を行います。

訪問入浴介護の介護職員の仕事内容

まずは、浴槽を積んだ入浴車を運転する業務があります。到着したら、家具の移動、浴槽や防水マットなど機材の搬入、組み立てを行います。入浴の準備ができたら、ベッドからの移乗、着替え、入浴、洗身、洗髪、拭き取り、着替え、移乗の介助を行います。そして入浴後は、浴槽の掃除、運び出し、書類作成などを行います。このような流れで業務が進み、1件あたりの訪問時間は約1時間、1日に5〜8件を担当することが多いようです。

訪問入浴介護の1日のスケジュール

1日のスケジュール
9:00 出勤、スケジュール確認、準備
9:30 利用者宅へ移動・入浴介助(2~3件)
12:00 休憩
13:00 利用者宅へ移動・入浴介助(3~4件)
17:00 帰社、片付け、清掃、事務業務
18:00 退勤

訪問入浴介護の仕事に必要な資格とは?

訪問入浴介護の人員体制で説明した通り、訪問入浴介護には、看護スタッフと介護スタッフが働いています。看護スタッフは、看護師・准看護師の資格が必要ですが、介護スタッフは無資格でも働くことができます。

訪問入浴介護の仕事に向いている人は?

訪問入浴の業務は、浴槽の持ち運びや利用者の移乗・移動介助など力仕事が多いので、体力のある人が向いていると言えます。また一人ひとりの利用者に丁寧な介護サービスを提供したいと考える人も向いていると言えます。

訪問入浴介護の仕事で苦労することは?

浴槽などの機材を運搬すること、次の予定があるから急いで片付けや運搬をすることなど、体力的な負担が大きいことをきついと感じる方が多いようです。それ以外にも、少人数のチームで動くため、チームで良い人間関係が築けないときついと感じることが多いでしょう。

まとめ

訪問入浴介護は、生活の一部である「入浴」をサポートします。体力的な負担などから、きつい、大変だと感じることもありますが、やりがいが大きい仕事でもあります。無資格・未経験から応募できる求人情報がたくさんありますので、気になった方はぜひ面談や応募をしてみてください。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

で介護の求人を 検索