介護老人保健施設(老健)とは?

介護老人保健施設(老健)とは?

介護施設に、介護老人保健施設(老健)という介護サービス種別があります。

ここでは介護老人保健施設の概要と仕事内容をまとめていますので、介護老人保健施設への就職を検討している方はぜひご一読ください。

介護老人保健施設(老健)とは?

介護老人保健施設の目的

介護保険法では

介護老人保健施設とは、要介護者であって、主としてその心身の機能の維持回復を図り、居宅における生活を営むことができるようにするための支援が必要である者に対し、施設サービス計画に基づいて、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行うことを目的とする施設
とされています。

つまり入所した要介護高齢者が「在宅復帰」を目指すために生活を送る施設になります。

介護老人保健施設の入所者とは?

介護老人保健施設の入所者は、原則65歳以上で、要介護1~5の認定を受けている方が対象となります。在宅復帰を目指す施設として「病院と自宅の橋渡しの場」「自宅で生活するために必要となる機能を回復、訓練する場」として利用されています。

介護老人保健施設(老健)と他の介護施設との違い

ここでは、介護老人保健施設と特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)を比較します。

介護老人保健施設 特別養護老人ホーム
目的 在宅復帰を目指す施設 生活の場としての施設
入居条件 原則65歳以上、要介護1~5 原則65歳以上、要介護3~5
入居期間 3ヵ月~ 終身利用
職種
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護職員
  • 介護職員
  • 支援相談員
  • リハビリテーション専門職
  • 栄養士
  • 介護支援専門員
  • 医師
  • 看護職員
  • 介護職員
  • 生活相談員
  • 機能訓練指導員
  • 栄養士
  • 介護支援専門員

介護老人保健施設(老健)で働いている職種とは?

医師

入所者の医学的管理を行います。

薬剤師

入所者の薬の管理を行います。

看護職員

入所者の療養上の世話を行います。

介護職員

食事、排泄、入浴等の日常生活で必要な介護を行います。国家資格の介護福祉士をはじめ、実務者研修、介護職員初任者研修などの有資格者だけでなく無資格の人も働いています。

支援相談員

介護老人保健施設の入退去に関する相談対応、市町村との連携等を担います。資格要件がありませんが、担う業務に必要な知識として、国家資格の社会福祉士や介護福祉士をはじめ、社会福祉主事任用資格などを求める施設が多いでしょう。

リハビリテーション専門職

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が入所者に対する評価、リハビリ計画の作成や、リハビリを実施します。

栄養士

栄養士、管理栄養士が入所者の栄養状態を把握して、個々の状態に合わせた食形態の設定と食事の提供等、栄養管理を行います。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護老人保健施設における入所者のケアプランを作成します。

その他(事務職員)

施設の受付・窓口業務、事務業務を担います。

介護老人保健施設(老健)の一日の流れ

6:00~ 起床 起き上がり、洗面、着替え、排泄などの介助を行います。
7:00~ 朝食 朝食の配膳、食事介助、食後の口腔ケアなどを行います。
8:00~ 朝のミーティング 夜勤職員と日勤職員で情報を共有するためのミーティングを行います。
9:00~ 入浴介助、シーツ交換、清掃 一般浴槽、特殊浴槽を使用して、入所者の状態に合った入浴介助を行います。また、シーツ交換や施設内の清掃も行います。
12:00~ 昼食 昼食の配膳、食事介助、食後の口腔ケアなどを行います。
13:00~ レクリエーション 季節、イベントなどに合わせたレクリエーションを行います。
14:00~ リハビリテーション リハビリテーションを提供します。
17:00~ 夕食 夕食の配膳、食事介助、食後の口腔ケアなどを行います。
18:00~ 個別対応 見守り等を行います。
21:00~ 就寝 着替え、排泄、ベッドへの移動などの介助を行います。

介護老人保健施設(老健)の介護職員の給料は?

ここでは東京都の介護老人保健施設の求人情報から調べた給料をご紹介します。

介護老人保健施設(老健)の介護職員の給料

正社員の給料
基本給 190,000~250,000円
資格手当 3,000~15,000円
通勤手当 実費支給(上限あり)
夜勤手当 1回3,000~8,000円
賞与 年2回あり(前年度2~4ヵ月分)

介護老人保健施設(老健)の介護職員の休日

介護老人保健施設は入所者が24時間365日生活する施設のため、勤務はシフト制で、休日は4週8休などで、年間休日数が100日前後の求人情報が多いようです。この年間休日数・労働日数の違いも給料に影響しているでしょう。

介護老人保健施設(老健)の介護職員のやりがい

入所者が在宅復帰

リハビリテーションを通して、機能が回復、改善していく過程を見ることができ、日常生活の中でそれを介護職員は支援します。入所者が笑顔で自宅に帰る時にやりがいを感じる人が多いでしょう。

専門職と働く環境

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門職の仕事を間近で見ることができ、皆さんの介護の知識の幅が広がるでしょう。

まとめ

もし皆さんが介護老人保健施設の求人情報が気になっているのでしたら、やりがいとスキルアップに繋がる職場として、「介護老人保健施設」への就職をご検討ください。

カイゴジョブの介護老人保健施設(老健)の求人
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、要介護者の心身の状況等に応じた適切な介護サービスが利用できるように、計画・調整を行う専門職です。この介護支援専門員の資格を取得してケアマネジャーとして転職を考えている方には、実務でのつながりなどから...
介護職への就職や転職を検討している人の中には、将来、介護職としてキャリアアップしたいと考えている人も多いでしょう。しかし、どのような介護施設・事業所で経験を積めば自分が望むキャリアを築けるのかがわからない方も多いのではないでしょうか?...
介護職として就職を考えている人や介護老人保健施設の求人情報が気になっている人は、「介護老人保健施設ってどんな施設なんだろう?」「履歴書の志望動機って何を書けば良いのかな?」と思っていませんか? ここでは介護老人保健施設へ応募する志望...
介護保険施設の一つである介護老人保健施設(老健)。介護の仕事に興味がある方や、介護の資格を活かした転職を考えている人の中には、介護老人保健施設を就職先の候補としている人も多いと思います。 この記事では、介護老人保健施設でどのような職...
介護職として就職、転職を考えている皆さんは、介護老人保健施設の求人を見て「どんな施設なんだろう?」「仕事は大変なのかな?」と疑問をお持ちではありませんか? ここでは、介護老人保健施設で働く介護職員の仕事内容についてご紹介しますので、...
介護老人保健施設の求人情報に魅力を感じた方には、「介護老人保健施設ってどんな施設なんだろう?」「どんな仕事をするのかな?」と仕事内容が気になっていませんか? ここでは、介護老人保健施設の介護職の仕事内容について詳しく紹介しますので、...
「もう少し給料を上げたい」「もっと給料の良いところへ転職したい」と思って転職を考えている人は多いのではないでしょうか?介護業界には様々な介護施設・事業所がありますが、給料が高い職場として夜勤がある施設・事業所が挙げられます。 ここで...
作業療法士は、応用動作のリハビリテーションを行う専門職として、医療機関をはじめ、介護施設、障害福祉施設など様々な分野に渡り活躍しています。作業療法士として、現在の職場から転職を考えている人には、今までと違う分野の働き方や待遇面などが気...
理学療法士は、身体機能の機能回復、維持をサポートするリハビリテーションの専門職として、医療分野をはじめ、介護分野など、様々な分野で活躍しています。しかし、転職を考える理学療法士の皆さんは、現在働いている分野以外の情報が少なく、他の分野...
これから介護職として就職する方には、就職先の介護施設・事業所の違いがわからない方も多いのではないでしょうか? この記事では、介護施設として代表的な「介護老人保健施設(老健)」と「特別養護老人ホーム(特養)」の目的や仕事内容の違いにつ...
言語聴覚士は、言語障害や聴覚障害などがある人をサポートする専門職です。医療分野、介護分野、障害福祉分野など様々な分野で活躍していますが、その中でも医療分野に進む人が多く、転職を考えた時に、他の分野での働き方や待遇面などを知りたい人も多...
介護の仕事は、要介護状態の高齢者が自立した日常生活を送ることを支援します。そのために食事や入浴、排せつの介助や、掃除や洗濯といった身の回りの世話などを行います。「お年寄りが好きだから」「人の役に立つ仕事がしたい」など様々な理由で介護の...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索