介護老人保健施設(老健)の理学療法士の仕事とは?

介護老人保健施設(老健)の理学療法士の仕事とは?

理学療法士は、身体機能の機能回復、維持をサポートするリハビリテーションの専門職として、医療分野をはじめ、介護分野など、様々な分野で活躍しています。しかし、転職を考える理学療法士の皆さんは、現在働いている分野以外の情報が少なく、他の分野での働き方や待遇面などを知りたい人も多いのではないでしょうか。

ここでは、介護分野で理学療法士が活躍する施設として「介護老人保健施設」について説明します。

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設とは、入所している要介護度1以上の高齢者に医療、リハビリテーション、介護などを提供する介護施設です。介護老人保健施設自体は入所施設ですが、通所リハビリテーション事業所や訪問リハビリテーション事業所を併設していることも多く、理学療法士はこれらの事業所を兼務して働くことがあるでしょう。そのため介護老人保健施設の入所者だけでなく、通所リハビリテーション事業所・訪問リハビリテーション事業所の利用者に対してもリハビリテーションを提供することがあります。

介護老人保健施設の役割と在宅復帰支援機能について

介護老人保健施設は、「在宅復帰」を念頭に介護サービスが提供されます。在宅復帰を支援する機能の評価が、介護老人保健施設の算定する介護報酬に影響するため、充実したリハビリテーションの提供が求められています。

介護老人保健施設でのリハビリ職の人員配置

介護老人保健施設には、人員に関する基準が定められているため、医師、看護職員、介護職員、支援相談員、リハビリテーション専門職、栄養士、介護支援専門員などの職種が配置されています。

リハビリテーション専門職は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のいずれかの有資格者を、入所者100名に対して1名以上配置しなくてはいけないことになっています。しかし実際は在宅復帰への取り組みや充実したリハビリテーションを提供するため、複数名のリハビリテーション専門職が働いています。

会員登録画面へ

介護老人保健施設で働く理学療法士の仕事内容

仕事内容

介護老人保健施設は在宅復帰を目的として介護サービスを提供しています。そのため、理学療法士は在宅生活を送る上で必要な能力のため、社会活動に参加するためのリハビリテーションを行います。実際にトイレの中で衣服の着脱の練習を行ったり、在宅復帰後の趣味活動を行うための路面状況や距離などを考慮した訓練を行ったり、日々の生活の中に訓練的な要素を含めた指導を行ったりなど、在宅生活を目標にしたリハビリテーションを実施します。また、在宅復帰では、持っている機能や能力を活用して安全な生活を送ることが重要となるため、在宅復帰に向けた福祉用具の選定、住宅改修、家具の配置、介助方法の助言なども行います。

病院での業務との違い

病院と介護老人保健施設の業務の違いとしては、病院では治療を目的としたリハビリが中心であり、介護老人保健施設では在宅復帰を目的としたリハビリが中心になっている点が挙げられます。目的の違いによってリハビリを行う場所にも違いがあります。病院では機能訓練室でのリハビリが多く、介護老人保健施設では居室やトイレなどの生活の場でのリハビリが多くなります。

会員登録画面へ

介護老人保健施設で働く理学療法士の勤務時間と1日の流れ

一般的にリハビリは日中帯に実施されるため、介護老人保健施設の理学療法士は日中帯での勤務になります。

理学療法士の1日の流れ
08:30 出勤
09:00 ミーティング
10:00 入所者、通所リハビリ利用者(※兼務の場合)に対するリハビリを実施
11:30 記録
12:00 休憩
13:00 入所者、通所リハビリ利用者(※兼務の場合)に対するリハビリを実施
16:30 サービス担当者会議
17:00 記録
17:30 退勤
会員登録画面へ

介護老人保健施設で働く理学療法士の給料

東京都内の求人情報を確認すると、給料はおおよそ月額24万円~35万円、賞与も含めて計算すると年収360万円~480万円となっていました。基本給、各種手当、賞与、昇給などは働く職場によって異なっていました。

会員登録画面へ

介護老人保健施設での理学療法士としてのやりがい・苦労

やりがいや魅力

介護老人保健施設では、在宅復帰という目標に向けたリハビリを行い、目標を達成できて、入所者が自宅に帰る時のうれしそうな姿を見れることにやりがいを感じる方が多いようです。また、多職種と連携する機会が多いこと、在宅復帰に向けて環境整備や福祉用具の選定などにも関わる機会があることで、知識の活かし方・工夫について経験できることに魅力を感じている方もいるようです。

大変なことや苦労

病院から介護老人保健施設に入所する方には、入院期間が長く、リハビリに対する意欲が低い場合もあります。そのような方へのアプローチで苦労を感じることがあるようです。それ以外にも、病院でのリハビリを基準に考えてしまい、リハビリの内容について「老健ではちゃんとしたリハビリをしてくれない」と誤解してしまう入所者の対応に苦慮するという意見もありました。

会員登録画面へ

まとめ

介護老人保健施設は、介護業界の中で特にリハビリ専門職が多く在籍している施設です。医療機関とは違う経験を積むことができるので、就職・転職を検討している方は、ぜひ職場見学や面接を受けて職場の雰囲気を感じてみてください。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、要介護者の心身の状況等に応じた適切な介護サービスが利用できるように、計画・調整を行う専門職です。この介護支援専門員の資格を取得してケアマネジャーとして転職を考えている方には、実務でのつながりなどから...
介護職への就職や転職を検討している人の中には、将来、介護職としてキャリアアップしたいと考えている人も多いでしょう。しかし、どのような介護施設・事業所で経験を積めば自分が望むキャリアを築けるのかがわからない方も多いのではないでしょうか?...
介護職として就職を考えている人や介護老人保健施設の求人情報が気になっている人は、「介護老人保健施設ってどんな施設なんだろう?」「履歴書の志望動機って何を書けば良いのかな?」と思っていませんか? ここでは介護老人保健施設へ応募する志望...
介護保険施設の一つである介護老人保健施設(老健)。介護の仕事に興味がある方や、介護の資格を活かした転職を考えている人の中には、介護老人保健施設を就職先の候補としている人も多いと思います。 この記事では、介護老人保健施設でどのような職...
介護職として就職、転職を考えている皆さんは、介護老人保健施設の求人を見て「どんな施設なんだろう?」「仕事は大変なのかな?」と疑問をお持ちではありませんか? ここでは、介護老人保健施設で働く介護職員の仕事内容についてご紹介しますので、...
介護施設に、介護老人保健施設(老健)という介護サービス種別があります。 ここでは介護老人保健施設の概要と仕事内容をまとめていますので、介護老人保健施設への就職を検討している方はぜひご一読ください。 介護老人保健施設(老健)...
介護老人保健施設の求人情報に魅力を感じた方には、「介護老人保健施設ってどんな施設なんだろう?」「どんな仕事をするのかな?」と仕事内容が気になっていませんか? ここでは、介護老人保健施設の介護職の仕事内容について詳しく紹介しますので、...
「もう少し給料を上げたい」「もっと給料の良いところへ転職したい」と思って転職を考えている人は多いのではないでしょうか?介護業界には様々な介護施設・事業所がありますが、給料が高い職場として夜勤がある施設・事業所が挙げられます。 ここで...
作業療法士は、応用動作のリハビリテーションを行う専門職として、医療機関をはじめ、介護施設、障害福祉施設など様々な分野に渡り活躍しています。作業療法士として、現在の職場から転職を考えている人には、今までと違う分野の働き方や待遇面などが気...
これから介護職として就職する方には、就職先の介護施設・事業所の違いがわからない方も多いのではないでしょうか? この記事では、介護施設として代表的な「介護老人保健施設(老健)」と「特別養護老人ホーム(特養)」の目的や仕事内容の違いにつ...
言語聴覚士は、言語障害や聴覚障害などがある人をサポートする専門職です。医療分野、介護分野、障害福祉分野など様々な分野で活躍していますが、その中でも医療分野に進む人が多く、転職を考えた時に、他の分野での働き方や待遇面などを知りたい人も多...
介護の仕事は、要介護状態の高齢者が自立した日常生活を送ることを支援します。そのために食事や入浴、排せつの介助や、掃除や洗濯といった身の回りの世話などを行います。「お年寄りが好きだから」「人の役に立つ仕事がしたい」など様々な理由で介護の...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索