障害者支援施設で働く職種と資格とは?

障害者支援施設で働く職種と資格とは?

介護・福祉業界に就職や転職を考えている皆さんは、障害者支援施設の求人情報が気になっているのではないでしょうか?そして、障害者支援施設では、どんな職種が働いていて、キャリアアップするためにどうすれば良いのか知りたいのではないでしょうか?

ここでは、障害者支援施設で働く職種とキャリアアップについてご紹介しますので、ぜひご覧ください。

障害者支援施設とは?

障害者支援施設とは、障害者に介護や相談援助、日常生活上の支援などを提供している施設の総称です。代表的な施設として、障害者総合支援法に基づく施設入所支援(合わせて提供される生活介護、自立訓練、就労移行支援など)があります。

障害者支援施設では、施設入所支援として施設に入所する障害者へ、主に夜間帯において介護、相談援助、日常生活上の支援を提供しています。合わせて日中帯に生活介護、自立訓練、就労移行支援などのサービスも提供しています。生活介護では、主に昼間の介護、相談援助、日常生活上の支援、創作的活動、生産活動を提供し、自立訓練(生活訓練)では、地域生活を送る上で必要な訓練や相談援助を提供しています。就労移行支援では、就労を希望する障害者に対して、生産活動、職場体験、実習などを通して、就労に必要な知識の習得や能力の向上の訓練、本人の適性に合わせた職場の紹介など就労に関する相談援助を提供しています。

障害者支援施設で働く職種とは?

障害者支援施設にはそのサービス種別に応じて、医師、看護職員、理学療法士、作業療法士、栄養士、サービス管理責任者、生活支援員、職業指導員、就労支援員などの職種が働いています。

この中でも、サービス管理責任者、生活支援員、職業指導員・就労支援員について詳しく見ていきましょう。

サービス管理責任者

サービス管理責任者は、障害福祉サービスの個別支援計画の作成、関係機関との連絡・調整、他のスタッフの教育などを担っています。具体的な業務として、利用者に対するアセスメント、個別支援計画の原案作成、担当者会議の開催、会議における意見に基づく計画の修正、個別支援計画の利用者への説明・交付、サービス開始後のモニタリング、利用者の関係機関への連絡・調整、サービスの質を向上させるためのスタッフの指導や研修計画の作成などを行います。

サービス管理責任者として働くためには、研修要件と実務経験要件を満たす必要があります。研修要件では、相談支援従事者初任者研修(一部)、サービス管理責任者等基礎研修を修了して、OJTの要件を満たし、サービス管理責任者等実践研修を修了することが必要になります。実務経験要件として、直接支援業務8年、相談支援業務5年、国家資格有資格者による直接支援・相談支援業務3年が必要になります。また、サービス管理責任者として働いていく上で、5年ごとに更新研修の受講も必要になっています。

生活支援員

生活支援員は、障害者の日常生活の支援を行う職種です。具体的には、施設で過ごす障害者に、食事、入浴、排せつなどの介護や支援、身体機能や生活能力の向上のための創作活動や生産活動、関係機関との連絡・調整を行います。

生活支援員として働くために必要な資格は定められていないので無資格から働いている人もいますが、社会福祉主事任用資格、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、実務者研修、介護職員初任者研修、児童指導員任用資格などの有資格者も多く働いています。

職業指導員・就労支援員

職業指導員・就労支援員は、障害者が職業上で必要になる技術等を習得するための訓練・指導を行う職種です。具体的には、障害者の希望や適性に合わせて、パソコンの技術指導、生産活動の指導や援助、その他にも、ハローワークとの連絡・調整、職場実習先や就職先の開拓、実習の手配、職場定着のための就職後の訪問や相談なども行います。

職業指導員・就労支援員として働くために必要な資格は定められていないので無資格から働いている人もいますが、社会福祉主事任用資格、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、実務者研修、介護職員初任者研修、ジョブコーチ、キャリアコンサルタントなどの有資格者も多く働いています。

障害者支援施設でキャリアアップするために取得すべき資格は?

これまでご紹介したように、職種によって無資格から障害者支援施設で働くことができます。そして、働く中で資格を取得してキャリアアップを目指すことが多いようです。ここでは、キャリアアップを目指す人が取得する資格をご紹介します。

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事任用資格とは、福祉事務所の現業員としてされる者に要求される資格です。

資格を取得するには、「大学等で社会福祉に関する3科目以上履修して卒業する」、「社会福祉主事認定通信課程や指定の講習会を修了する」、「社会福祉士・精神保健福祉士の資格を取得する」ことが必要です。

社会福祉士

社会福祉士は、相談援助職としての国家資格です。

資格を取得するには、「福祉系大学等で指定科目を履修して卒業して、必要な実務経験を積む」、「福祉系大学等で基礎科目を履修して卒業し、必要な実務経験を積み、短期養成施設を卒業する」、「一般大学等を卒業し、必要な実務経験を積み、一般養成施設を卒業する」、「相談援助実務を積み、一般養成施設を卒業する」などの受験資格を満たし、1年に1回実施される国家試験に合格することが必要です。

精神保健福祉士

精神保健福祉士は、精神障害者の保健や福祉の相談援助職としての国家資格です。

資格を取得するには、「福祉系大学等で指定科目を履修して卒業して、必要な実務経験を積む」、「福祉系大学等で基礎科目を履修して卒業し、必要な実務経験を積み、短期養成施設を卒業する」、「社会福祉士として登録し、短期養成施設を卒業する」「一般大学等を卒業し、必要な実務経験を積み、一般養成施設を卒業する」、「相談援助実務を積み、一般養成施設を卒業する」などの受験資格を満たし、1年に1回実施される国家試験に合格することが必要です。

介護福祉士

介護福祉士は、介護の専門職としての国家資格です。

資格を取得するには、「介護福祉士養成施設を卒業する」、「実務経験3年以上と実務者研修を修了する」、「福祉系高校を卒業する」などの受験資格を満たし、1年に1回実施される国家試験に合格することが必要です。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護職として基本的な知識・技術を習得したことを証明する資格です。

資格を取得するには、介護職員初任者研修を開講している資格のスクールで、講義・演習を合わせて130時間の研修を受講し、修了試験に合格することが必要です。

実務者研修

実務者研修は、介護職として実践的な知識・技術を習得したことを証明する資格です。また、先ほどご紹介した介護福祉士の実務経験ルートから受験するために必要になる資格でもあります。

資格を取得するには、実務者研修を開講している資格のスクールで講義・演習を合わせて450時間以上の研修を受講することが必要です。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、職業選択や職業能力の開発・向上に関しての相談に応じて、キャリアコンサルティングを行う専門職です。

資格を取得するには、「キャリアコンサルタント養成講習やキャリアカウンセラートレーニングプログラムを修了する」、「職業能力開発等の業務で3年以上の実務経験を積む」、「技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験・実技試験に合格する」などの受験資格を満たし、国家試験に合格することが必要です。

まとめ

ご紹介したように、障害者支援施設には提供するサービスに応じて様々な職種が働いています。無資格から応募できる職種もあるので、気になる求人情報が見つかった人は、ぜひカイゴジョブにお電話いただき、詳しい条件をご確認ください。

皆さんがここでご紹介した内容を参考に、介護・福祉業界へ就職し、ご活躍されることをお祈り申し上げます。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

介護・福祉業界で転職を考えている皆さんは、障害者支援施設の求人情報が気になって、応募を考えているのではないでしょうか?でも、「転職活動が久しぶりだから、志望動機に何を書けば良いの?」、「障害者支援施設の仕事って具体的にどんな仕事なのか...
介護職員や支援員として就職・転職を考えている方には、障害福祉業界の障害者支援施設への就職を考えている方も多いでしょう。しかし、障害福祉業界での経験がない方は、「障害者支援施設ってどんな仕事をするんだろう?」「障害者支援施設の仕事ってキ...
介護・福祉系で就職を考えている人の中には、希望の条件の求人情報を見つけたけど、どのような施設なのかわからなくて応募を迷っている人も多いのではないでしょうか? ここでは、障害者施設について、その種類とそれぞれの仕事内容をご紹介しますの...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索