障害者施設・障害者支援施設の種類と仕事内容とは?

障害者施設・障害者支援施設の種類と仕事内容とは?

介護・福祉系で就職を考えている人の中には、希望の条件の求人情報を見つけたけど、どのような施設なのかわからなくて応募を迷っている人も多いのではないでしょうか?

ここでは、障害者施設について、その種類とそれぞれの仕事内容をご紹介しますので、ぜひご一読ください。

障害者施設の種類とは?

障害者施設(障害福祉サービスの施設・事業所)には、「障害者総合支援法」に定められる施設・事業所と、「児童福祉法」に定められる施設・事業所があります。

障害者総合支援法の施設・事業所

障害者総合支援法の施設・事業所は、障害者を支援の対象者(一部、障害児も対象者)として、以下のようなサービス種別があります。

  • 計画相談支援
  • 地域移行支援
  • 地域定着支援
  • 居宅介護(ホームヘルプ)
  • 重度訪問介護
  • 同行援護
  • 行動援護
  • 療養介護
  • 生活介護
  • 短期入所(ショートステイ)
  • 重度障害者等包括支援
  • 施設入所支援
  • 自立訓練(機能訓練)
  • 自立訓練(生活訓練)
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援A型
  • 就労継続支援B型
  • 就労定着支援
  • 自立生活援助
  • 共同生活援助(グループホーム)

児童福祉法の施設・事業所

児童福祉法の施設・事業所は、障害児を支援の対象者として、以下のようなサービス種別があります。

  • 障害児相談支援
  • 児童発達支援
  • 医療型児童発達支援
  • 放課後等デイサービス
  • 居宅訪問型児童発達支援
  • 保育所等訪問支援
  • 福祉型障害児入所施設
  • 医療型障害児入所施設
(無料) 会員登録

障害者施設の種類ごとの仕事内容と職種

それでは、上記でご紹介した障害福祉サービスの施設・事業所の種類ごとに、概要と仕事内容を説明します。

計画相談支援

計画相談支援では、障害福祉サービスの利用に伴うサービス利用計画書の作成、サービス利用状況の確認、サービス利用計画書の変更、これらに伴う関係者・関係機関との連絡調整を行います。

計画相談支援には、国家資格に基づく実務経験や相談援助等の実務経験などの要件を満たした相談支援専門員が働いています。

地域移行支援

地域移行支援では、障害者支援施設の入所者や精神科病院の入院患者などが、地域生活に移行するために住宅の確保や外出の同行、サービスの体験などの支援を行います。

地域移行支援には、国家資格に基づく実務経験や相談援助等の実務経験などの要件を満たした相談支援専門員が、地域移行支援従事者として働いています。

地域定着支援

地域定着支援では、障害者支援施設の退所者や精神科病院を退院した人に、常に連絡の取れる体制を設けて相談を受け、必要に応じて緊急訪問し、地域生活を継続するための支援を行います。

地域定着支援には、国家資格に基づく実務経験や相談援助等の実務経験などの要件を満たした相談支援専門員が、地域定着支援従事者として働いています。

居宅介護(ホームヘルプ)

居宅介護(ホームヘルプ)では、自宅を訪問して、食事介助、入浴介助、排せつ介助、調理、洗濯、掃除、通院など、日常生活全般にわたる支援を行います。

居宅介護には、介護福祉士や実務者研修修了、介護職員基礎研修修了などの資格要件を満たしたサービス提供責任者と従業者(ホームヘルパー)が働いています。

重度訪問介護

重度訪問介護では、重度の身体・知的・精神障害があり、常時介護を必要としているご利用者の自宅を訪問して、食事介助、入浴介助、排せつ介助、調理、洗濯、掃除、通院など、日常生活全般にわたる支援を行います。

重度訪問介護には、介護福祉士や実務者研修修了などの資格要件を満たしたサービス提供責任者と従業者(ホームヘルパー)が働いています。

同行援護

同行援護では、移動に著しく困難がある視覚障害があるご利用者に、外出における情報提供、移動介助、食事介助、排せつ介助など、社会参加や地域生活を送るために必要な援助を行います。

同行援護には、障害の特性を理解した介護福祉士、実務者研修修了などの資格要件と一定の実務経験、同行援護従業者養成研修修了を満たしたサービス提供責任者と従業者(ホームヘルパー)が働いています。

行動援護

行動援護では、行動に著しい困難がある知的障害・精神障害があるご利用者に、外出における移動介助、食事介助、排せつ介助など、社会参加や地域生活を送るために必要な援助を行います。

行動援護には、障害の特性を理解した介護福祉士、実務者研修修了、行動援護従業者養成研修修了などの資格要件と一定の実務経験を満たしたサービス提供責任者と従業者(ホームヘルパー)が働いています。

療養介護

療養介護では、病院へ長期入院している医療的ケアが必要な障害者で、常に介護を必要としているご利用者に、主に日中帯に、病院で行われる機能訓練、療養上の管理、看護、医学的管理の下に、介護、日常生活上の世話を行います。

療養介護には、医師、看護職員、サービス管理責任者、生活支援員が働いています。

生活介護

生活介護では、障害者支援施設などで、常に介護を必要としているご利用者に、主に日中帯に、食事介助、入浴介助、排せつ介助、調理、洗濯、掃除、日常生活の相談、創作的活動、生産活動などを行います。

生活介護には、医師、看護職員、理学療法士・作業療法士、サービス管理責任者、生活支援員などが働いています。

短期入所(ショートステイ)

短期入所(ショートステイ)では、福祉型・医療型のそれぞれの対象になる障害者に、障害者支援施設や児童福祉施設などに短期間入所(宿泊)していただき、入浴、排せつ、食事などの必要な介護を行います。

短期入所の多くは、本体施設の空床を利用した形態で運営されているため、本体施設と同じ職種が働いています。

重度障害者等包括支援

重度障害者等包括支援では、常時介護を必要として、その必要度が高い障害者に対して、居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、生活介護、短期入所などのサービスを包括的に提供します。

重度障害者等包括支援には、相談支援専門員の要件を満たし、重度障害者等包括支援対象者の直接処遇に3年以上従事した経験があるサービス提供責任者が働いています。

施設入所支援

施設入所支援では、生活介護や自立訓練、就労移行支援、就労継続支援などを利用している障害者に対して、施設で主に夜間に、入浴、排せつ、食事等の介護、生活等に関する相談・助言、必要な日常生活上の支援を行います。

施設入所支援には、サービス管理責任者、生活支援員が働いています。

自立訓練(機能訓練)

自立訓練(機能訓練)では、身体障害者や難病患者などに対して、障害者支援施設、障害福祉サービス事業所、居宅において、理学療法や作業療法などのリハビリテーションと生活等に関する相談・助言を行います。

自立訓練(機能訓練)には、サービス管理責任者、看護師、理学療法士または作業療法士、生活支援員が働いています。

自立訓練(生活訓練)

自立訓練(生活訓練)では、知的障害者や精神障害者に対して、障害者支援施設、障害福祉サービス事業所、居宅において、入浴、排せつ、食事等の訓練、生活等に関する相談・助言を行います。

自立訓練(生活訓練)には、サービス管理責任者、生活支援員が働いています。

就労移行支援

就労移行支援では、就労を希望する65歳未満の障害者に対して、生産活動、職場体験の機会を通じた就労に必要な訓練や就労に関する相談援助を行います。

就労移行支援には、サービス管理責任者、生活支援員、職業指導員、就労支援員が働いています。

就労継続支援A型

就労継続支援A型では、企業等に就労することが難しい障害者に対して、一般就労への移行を目指して生産活動の提供、知識・能力の向上のための訓練などを行います。

就労継続支援A型には、サービス管理責任者、生活支援員、職業指導員が働いています。

就労継続支援B型

就労継続支援B型では、雇用されることが困難な就労経験がある障害者に対して、生産活動の提供、知識・能力の向上のための訓練などを行います。就労継続支援B型の訓練を通して、就労継続支援A型や一般就労への移行を目指します。

就労継続支援B型には、サービス管理責任者、生活支援員、職業指導員が働いています。

就労定着支援

就労定着支援では、一般就労へ移行した障害者に対して、就労による生活の課題についての助言や、就労の継続のために職場や自宅等への訪問などを行い、指導や助言を行います。

就労定着支援には、サービス管理責任者、就労定着支援員が働いています。

自立生活援助

自立生活援助では、障害者支援施設やグループホームを利用していた、地域で一人暮らしを希望する知的障害者や精神障害者に対して、自立した日常生活や社会生活を送ることができるように、定期的な巡回訪問や随時の訪問・電話・メールなどの対応によって、相談・助言などを行います。

自立生活援助には、サービス管理責任者、地域生活支援員が働いています。

共同生活援助(グループホーム)

共同生活援助(グループホーム)では、共同生活を送ることで身体的・精神的に安定が期待される障害者に対して、共同生活の住居で主に夜間に、入浴、排せつ、食事等の介護、生活等に関する相談・助言、必要な日常生活上の支援を行います。

共同生活援助には、サービス管理責任者、生活支援員、世話人が働いています。

障害児相談支援

障害児相談支援では、児童発達支援・放課後等デイサービスなどを利用する障害児の障害児支援利用計画を作成します。また、通所支援開始後は、モニタリング等を行い、継続利用の支援を行います。

障害児相談支援には、相談支援専門員が働いています。

児童発達支援

(福祉型)児童発達支援では、未就学の障害児に対して、日常生活を送るため、集団生活へ適応するために必要な訓練等を行います。

(福祉型)児童発達支援には、児童発達支援管理責任者、児童指導員又は保育士が働いています。また、重症心身障害児に対応する事業所では、加えて医師、看護職員、機能訓練担当職員が働いています。

医療型児童発達支援

医療型児童発達支援では、未就学の障害児に対して、日常生活を送るため、集団生活へ適応するために必要な訓練等を行います。

医療型児童発達支援には、医師、児童発達支援管理責任者、看護職員、理学療法士又は作業療法士、機能訓練担当職員、児童指導員又は保育士が働いています。

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスでは、就学中の障害児に対して、放課後、長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を提供し、放課後、長期休暇中の居場所づくりを行います。

放課後等デイサービスには、児童発達支援管理責任者、児童指導員又は保育士が働いています。

居宅訪問型児童発達支援

居宅訪問型児童発達支援では、重度の障害等によって外出が難しい障害児に対して、居宅を訪問して、日常生活を送るための基本的動作、知識・技能、生活能力の向上のための訓練などを行います。

居宅訪問型児童発達支援には、児童発達支援管理責任者、訪問支援員が働いています。

保育所等訪問支援

保育所等訪問支援では、保育所等に通う障害児に対して、保育所等での集団生活に適応するために必要な指導・助言などの支援を行います。

保育所等訪問支援には、児童発達支援管理責任者、訪問支援員が働いています。

福祉型障害児入所施設

福祉型障害児入所施設では、入所している障害児に対して、入浴、排せつ、食事等の介護、生活等に関する相談・助言、レクリエーション活動等の社会参加活動支援、コミュニケーション支援、日常生活の能力の維持・向上のための支援などを行います。

福祉型障害児入所施設には、医師、看護職員、児童指導員、保育士、栄養士、調理員、児童発達支援管理責任者が働いています。また、提供するサービスによっては、心理指導担当職員や職業指導員なども働いています。

医療型障害児入所施設

医療型障害児入所施設では、入所している疾病の治療等が必要な障害児に対して、疾病の治療、医学的管理の下における入浴、排せつ、食事等の介護、生活等に関する相談・助言、レクリエーション活動等の社会参加活動支援、コミュニケーション支援、日常生活の能力の維持・向上のための支援などを行います。

福祉型障害児入所施設には、医師、看護職員、児童指導員、保育士、栄養士、調理員、児童発達支援管理責任者が働いています。また、提供するサービスによっては、心理指導担当職員、理学療法士又は作業療法士、職業指導員なども働いています。

(無料) 会員登録

まとめ

このように、「障害福祉サービス」という枠組みの中には、様々な施設・事業所があります。応募先が決まっている人やこれから就職先を探す人は、その施設・事業所の概要を把握して、希望している仕事とミスマッチがないかを確認しましょう。

皆さんが希望の仕事に就くことを心から応援しています。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

障害者支援施設へ就職・転職を考えている人や障害者支援施設で働いていて給料アップを目指している人は、障害者支援施設の平均給料とその内訳に興味をお持ちではありませんか? ここでは、障害者支援施設の給料について、平均給与や内訳をご紹介して...
介護・福祉業界で転職を考えている皆さんは、障害者支援施設の求人情報が気になって、応募を考えているのではないでしょうか?でも、「転職活動が久しぶりだから、志望動機に何を書けば良いの?」、「障害者支援施設の仕事って具体的にどんな仕事なのか...
介護職員や支援員として就職・転職を考えている方には、障害福祉業界の障害者支援施設への就職を考えている方も多いでしょう。しかし、障害福祉業界での経験がない方は、「障害者支援施設ってどんな仕事をするんだろう?」「障害者支援施設の仕事ってキ...
介護・福祉業界に就職や転職を考えている皆さんは、障害者支援施設の求人情報が気になっているのではないでしょうか?そして、障害者支援施設では、どんな職種が働いていて、キャリアアップするためにどうすれば良いのか知りたいのではないでしょうか?...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索