小規模多機能型居宅介護へ転職する時の注意点とは?

小規模多機能型居宅介護へ転職する時の注意点とは?

介護職として転職を検討している人には、小規模多機能型居宅介護の仕事に興味を持っている人が多いのではないでしょうか? しかし、小規模多機能型居宅介護での具体的な仕事内容がわからないことや転職が久しぶりなことから不安を感じている人も多いでしょう。

ここでは、転職に不安を感じている人に、小規模多機能型居宅介護の仕事内容や転職の注意点などを説明しています。

小規模多機能型居宅介護とは?

小規模多機能型居宅介護は、2006年に創設されました。地域密着型サービスに分類され、「通い」「宿泊」「訪問」のサービスを複合的に提供し、ケアプランの作成まで担う介護事業所です。ケアプランの作成から介護サービスの提供までを一体的に行うため、ご利用者の状況の変化に合わせて、提供するサービスの組み合わせを柔軟に調整できる点が小規模多機能型居宅介護の特徴と言えるでしょう。

小規模多機能型居宅介護の仕事内容とは?

ここからは、小規模多機能型居宅介護で働くそれぞれの職種の仕事内容について説明していきます。

管理者の仕事内容

小規模多機能型居宅介護の管理者の仕事内容は、事業所の運営全般の管理です。職員の配置の適正化や職員の教育計画、研修の実施など利用者へ提供するサービスの質の管理、職員の採用や退職などの人事管理、収入である介護報酬の請求業務、取引先や職員の給与の支払業務などの収支管理、各種書類の整備や行政との窓口となる事業所管理業務などがあります。

介護支援専門員の仕事内容

小規模多機能型居宅介護の介護支援専門員の仕事内容は、ケアプランの作成・管理です。利用者やその家族との面談や関係機関からの情報収集を行い、サービス担当者会議を開催して各専門職からの意見を取り入れたケアプランを作成します。また、実際にサービスの提供が始まったらモニタリングを行い、定期的にケアプランの更新を行います。

看護職員の仕事内容

小規模多機能型居宅介護の看護職員の仕事内容は、利用者の健康管理です。利用者のバイタルを測定して記録したり、利用者の体調変化への対応や他の職種からの相談に対応したりします。

介護職員の仕事内容

小規模多機能型居宅介護の介護職員の仕事内容は、利用者の介護を行うことです。「通い」では、事業所に通うための送迎や、事業所での食事介助、排泄介助、入浴介助、レクリエーションなどを行います。「宿泊」では、事業所への送迎、夕食の提供と食事介助、就寝の介助、夜間の排泄介助や見守り、起床の介助、朝食の提供と食事介助などを行います。「訪問」では、利用者の自宅を訪問して、調理、洗濯、掃除などの家事や、食事介助、排泄介助、外出支援、安否確認、服薬確認などを行います。

小規模多機能型居宅介護へ転職する際の注意点とは?

勤務時間

小規模多機能型居宅介護では、「宿泊」のサービスも提供することをお伝えしました。そのため、勤務時間として夜勤を行うことや、固定の勤務時間での募集ではないことがあるので、しっかりと確認しましょう。

資格

小規模多機能型居宅介護の介護職員は、無資格でも働くことが可能です。しかし事業所によって「介護職員初任者研修修了以上」などを応募条件にしていることがあります。それ以外にも、「通い」や「訪問」のサービスを提供するために、自動車の運転免許があることを応募条件にしていることもありますので、確認しましょう。

兼務

小規模多機能型居宅介護の管理者や介護支援専門員は、原則として「常勤かつ専従」であることとされていますが、業務に支障がない場合は、管理者と介護支援専門員や管理者と介護職員、介護支援専門員と介護職員など、他の職務を兼務することがあります。兼務することによって、業務内容や業務負担が変わるので、面接などで業務内容や兼務について確認すると良いでしょう。

給料

小規模多機能型居宅介護の給料は、事業所の所在地、これまでの経験年数、取得している資格、兼務の状況などが大きく影響するでしょう。参考として、東京都の求人情報から調べた給料の月額をご紹介します。

  • 管理者 25万円~33万円
  • 介護支援専門員 22万円~27万円
  • 看護職員 24万円~32万円
  • 介護職員 17万円~26万円

小規模多機能型居宅介護の求人の探し方

小規模多機能型居宅介護の求人情報を探す際は、インターネットを使う方法がオススメです。小規模多機能型居宅介護は事業所数が増えてきていますが、まだ事業所数が多いとは言えない状況です。また、応募条件も様々なので、求人情報を効率よく探すには、求人情報サイトを利用するのが良いでしょう。そして、求人情報サイトを利用する時には、勤務地域、職種、雇用形態、年間休日○○日、週休二日制、未経験可や資格手当、研修制度など、皆さんが希望する条件を整理しておくと良いでしょう。

まとめ

この記事では小規模多機能型居宅介護の仕事内容、転職の際の注意点、求人の探し方などをご紹介しました。小規模多機能型居宅介護は、「通い」「宿泊」「訪問」のサービスを提供するため、スキルアップに繋がる経験ができるでしょう。

カイゴジョブの求人検索では、「検索条件の変更」から、皆さんの希望する条件を設定することができます。便利な機能ですから、ぜひ一度試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

皆さんは「もう少し給料を上げたい」「もっと収入が高い職場へ転職したい」と考えていませんか?そして、小規模多機能型居宅介護の求人情報に興味をお持ちではないですか? ここでは小規模多機能型居宅介護の仕事内容と給料についてご紹介しますので...
小規模多機能型居宅介護へ就職・転職を検討している皆さんは「履歴書にどんな志望動機を書いたらいいんだろう?」「志望動機を書くときにどんなことに気をつければいいの?」とお悩みではありませんか? この記事では、小規模多機能型居宅介護に応...
介護職として就職・転職活動をしているみなさんは「小規模多機能型居宅介護」の求人を見かけて「働くために必要な資格はあるの?」という疑問をお持ちではありませんか? ここでは、比較的新しい介護保険サービスである「小規模多機能型居宅介護」の...
介護支援専門員の資格を取得した人やケアマネジャーとして働いていて転職を考えている皆さんは、小規模多機能型居宅介護のケアマネジャーとして働くことに興味をお持ちではありませんか? 今回は、小規模多機能型居宅介護で働く介護支援専門員(ケア...
介護職としてキャリアアップを考えたとき、資格取得によるステップアップの次に介護事業所の管理者を目指している方も多いかと思います。 ここでは、小規模多機能型居宅介護の管理者を取り上げ、その仕事内容、必要な資格、給料について紹介していき...
小規模多機能型居宅介護の求人情報を見て、「どんな事業所なんだろう?」「聞いたことないなぁ」と思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか?小規模多機能型居宅介護は2006年に創設された比較的新しい介護事業所種別です。 ここでは、小...
介護職として転職や就職を考えている人の中には、小規模多機能型居宅介護の求人に興味を持った人もいらっしゃるでしょう。中には「どういう職種・スタッフが働いているのだろう?」「自分の持っている資格で働けるのかな?」と疑問をお持ちの人も多いか...
小規模多機能型居宅介護の求人が気になっている人は、「仕事って大変なのかな?」「どんなことが大変なんだろう?」という疑問を持っているでしょう。 ここでは、小規模多機能型居宅介護の仕事内容と大変だと感じていることをご紹介しますので、ぜひ...
小規模多機能型居宅介護は、多様化する高齢者のニーズに対応するため、2006年に創設された介護事業所種別で、事業所数が増えてきているので求人情報を見る機会も多いのではないでしょうか? ここでは、小規模多機能型居宅介護の仕事内容と夜勤に...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索