特別養護老人ホームの事務とは?

特別養護老人ホームの事務とは?

特別養護老人ホームの仕事といえば、まず介護職が思い浮かぶと思いますが、他にも特別養護老人ホームでは様々な職種が働いています。

この記事では、特別養護老人ホームの介護報酬の請求業務などを行う「介護事務」について、その仕事内容をご紹介します。

特別養護老人ホームの事務の仕事とは

ここでは、特別養護老人ホームの介護事務の仕事として「介護報酬請求業務」「受付・電話対応業務」「管理業務」の3つを説明します。

介護報酬請求業務

特別養護老人ホームは、介護保険法に基づく介護サービスを利用者へ提供し、その料金を国保連(7~9割)と利用者(1~3割)に請求します。この請求業務に必要な書類を作成し、介護報酬の請求を行う業務を介護報酬請求業務と呼びます。介護保険制度に関する正しい知識が必要になるのはもちろんのこと、専用のソフトを使って請求業務を行うため、パソコンスキルも必要になります。

受付・電話対応業務

特別養護老人ホームには、利用者やその家族、友人、見学者、関係者など、様々な方の来訪や電話があります。そのため来客対応や電話対応も介護事務の大切な仕事となっています。来客対応では、担当者への取次やお茶出し、お見送りなどを行い、電話対応では、用件の確認、担当者への取次、伝言の受付や申し伝えを行います。

管理事務

特別養護老人ホームで働く職員のシフト表の作成や給与計算等の労務に関する業務、備品や消耗品の発注業務、支払業務も仕事の一つです。このように特別養護老人ホームの運営に関して幅広い業務を担うことになります。

◆◆◆無料会員登録◆◆◆

特別養護老人ホームの事務の勤務時間

介護事務の勤務時間は一般的に、9:00~18:00の日勤帯となっている特別養護老人ホームが多いでしょう。また、残業も少ないことが多く、家庭との両立がしやすい職場が多いようです。

◆◆◆無料会員登録◆◆◆

特別養護老人ホームの事務の給与

給与は、雇用形態や職場によって差がありますが、東京都の介護事務の求人情報を見てみると、正社員の給与は月額20万円~25万円程、パートの給与は時給1,000円~1,200円程が多いようです。募集要件を見ると、経験がある即戦力の方が優遇される傾向にあります。

◆◆◆無料会員登録◆◆◆

特別養護老人ホームの事務のやりがいや大変なこと

仕事のやりがい

スキルを活かした仕事ができる

介護報酬請求業務では、介護保険制度に関する知識や正確さが求められます。自分が持っているスキルや専門性を発揮する機会がある業務に携わることは、大きなやりがいにつながるでしょう。

施設の運営に携われる

介護事務の業務は、資金面で特別養護老人ホームの経営・運営に関わる業務が多いため、責任が伴います。責任感を持って仕事を行うことで、仕事に対するやりがいを感じられるでしょう。

介護保険制度について理解できる

日本は現在約4人に1人が高齢者という超高齢社会になっているので、皆さんの近くにも高齢者の親族などがいらっしゃると思います。実際に介護事業所で働くことで、介護保険の手続きや利用方法、どのような施設なのかなどを学ぶことができるので、自分の身近に介護を必要とする人がいた場合に適切な判断ができるようになります。そのような時に、この仕事をやっていて良かったと感じるでしょう。

大変なこと

介護保険制度の知識が必要

正しく介護報酬請求業務を行うためには、介護保険制度に関する知識が不可欠です。この介護保険制度は定期的に改正され、その度に新しい制度について理解しなければなりません。特に複合的に介護サービスを提供している事業所では、覚えることも多く、大変だと感じている方も多いようです。

正確性が求められる

介護報酬請求業務や給与計算、支払業務などのお金が関わる業務では、正確性が求められます。ミスがあると、施設の信用に関わり、利用者、職員、取引業者に迷惑をかけることになってしまいます。この正確性が求められることがプレッシャーとなり、大変だと感じる方がいるようです。

給与が上がりにくい

介護事務は、基本給の昇給や手当等が少なく、給与が上がりにくい職場が多いようです。そのため、一定の経験を積む中で、給与がなかなか上がらないのに業務が増えることを大変だと感じる方がいるようです。

◆◆◆無料会員登録◆◆◆

介護事務の資格

介護事務として就職するために必要な資格はありません。介護事務の未経験者でも、介護事務の資格がない方でも応募・就職できます。しかし、即戦力を求めている求人情報もあるため、介護事務の資格や一般事務の資格を取得するのも良いでしょう。

介護事務の資格

介護事務の資格として、民間の資格のスクールが認定している「介護事務実務士®」や「介護報酬請求事務技能検定試験」などの資格があります。各スクールによって学習内容は異なりますが、短期間で取得できる資格もあるので、就職前に資格を取得している方が多いようです。

一般事務の資格

介護事務の仕事では、一般事務に関する業務やパソコンを使用する業務があることを説明しました。そのため、一般事務系の資格を取得していると就職でアピールするポイントになります。資格としては、「日商簿記」や「マイクロソフトオフィススペシャリスト」、「ITパスポート」などが挙げられます。また、事務系以外の資格として、「介護職員初任者研修」など介護の資格も業務を理解するための資格として評価されることがあります。

◆◆◆無料会員登録◆◆◆

まとめ

特別養護老人ホームは、介護を必要とする高齢者が生活する施設です。その中で介護事務は、特別養護老人ホームの運営をサポートする職種として必要な存在であり、専門知識を習得できるやりがいのある仕事です。一般的な事務の経験やパソコンスキルを活かすことができるので、就職を考えている方は履歴書でアピールできるポイントをまとめておきましょう。

働きたいエリアに「賞与あり」の
求人はどれくらいある?
介護職員・ヘルパー
賞与・ボーナスあり
の求人をチェック!
大久保典慶

監修者 大久保典慶

社会福祉士、介護福祉経営士1級。介護・老人福祉事業を幅広く展開する社会福祉法人で9年の経験を経て、株式会社エス・エム・エスに入社。介護・福祉に関わるコンテンツ制作の編集業務を担う。

特別養護老人ホーム(特養)の求人を都道府県から探す

関連記事