有料老人ホームへの転職。働くメリットとは?

有料老人ホームへの転職。働くメリットとは?

近年施設数が急増している有料老人ホーム。施設で働く介護スタッフの需要も高まっていることから、介護職として就職や転職を検討している方は、有料老人ホームの求人情報を目にする機会も多いのではないでしょうか。

そこで、有料老人ホームで働く際のメリットについてご紹介しますので、有料老人ホームへの就職を検討している方は、ぜひご一読ください。

有料老人ホームとは?

有料老人ホームとは、老人福祉法に定められる高齢者が居住する施設で「食事の提供」「介護(入浴・排泄・食事の介助など)の提供」「洗濯・掃除などの家事の提供」「健康管理」のうち、いずれかのサービスを提供している施設を指します。

有料老人ホームの種類

有料老人ホームは、その目的やサービスの内容によって「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」の4種類に分けられます。

介護付有料老人ホーム

介護保険法における特定施設入居者生活介護の指定を受け、介護サービス、家事、食事、健康管理などを提供する施設。

住宅型有料老人ホーム

家事、食事、健康管理などを提供する施設。介護サービスが必要な場合は、外部の介護事業所を利用する。

健康型有料老人ホーム

家事、食事、健康管理などを提供する施設。介護サービスが必要な場合は退去することになる。

サービス付き高齢者向け住宅

安否確認・生活相談を基本として、家事、食事、健康管理などを提供する施設。介護サービスが必要な場合は、外部の介護事業所を利用する。

介護付有料老人ホームで働く場合の仕事内容と、メリット

仕事内容

介護付有料老人ホームには、基本的に介護を必要とする高齢者が入居します。ですから、介護職員は食事の提供や掃除、洗濯等の生活の支援だけではなく、排泄介助、食事介助、入浴介助、着替えの介助など、直接的な介護業務も行います。

メリット・デメリット

介護付有料老人ホームで働くメリットとして、介護の実務経験を積むことができる点が挙げられます。介護職として、軽度から重度の入居者に対する介護業務に従事することで介護のスキルアップにつながるでしょう。

また、介護職として唯一の国家資格である「介護福祉士」の受験資格である「3年以上の実務経験」の対象になる点が挙げられます。「3年以上の実務経験」と「実務者研修の修了」を満たすことで、介護福祉士国家試験を受験することができます。そして、介護福祉士を取得することで、給与アップやキャリアアップすることができるため、介護職として働く上で、この資格取得の実務経験になるかどうかは重要なポイントです。

住宅型有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅で働く場合の仕事内容と、メリット

仕事内容

住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、自立している、または要介護度が低い入居者が多い施設です。そのため、業務の中で生活支援の業務が中心となり、直接的な介護業務が占める割合は少ないです。しかし、介護事業所を併設している施設が多く、住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅と併設の介護事業所の介護職を兼務することがあるため、そのような場合は、介護付有料老人ホームの介護職と同様に直接的な介護業務を担うことになります。

メリット・デメリット

生活支援の業務が中心となる施設では、働く上で身体的な負担が少なく、直接的な介護業務に抵抗がある方にも良い職場になるでしょう。

デメリットとしては、介護福祉士の受験である実務経験の対象にならない施設があることです。そのため介護職としてキャリアアップを考えている人は不向きなケースがあります。また、直接的な介護業務に従事しないことによって、給与面で介護付有料老人ホームよりも低い傾向にあることもデメリットとして挙げられます。

他の介護施設との比較

他の高齢者が入居する介護施設として「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」を比較します。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームには、要介護度の高い入居者が多いため、直接的な介護業務が多くなります。スキルアップにつながる実務経験を積みたい方におすすめの職場です。

介護老人保健施設

介護老人保健施設には、在宅復帰を目指してリハビリ、医療、介護を受ける方が入居します。直接的な介護業務が多く、医療職やリハビリ職との連携が多いため、医療やリハビリの視点や連携に関するスキルアップを目指している方におすすめの職場です。

会社・職場選びのポイント

会社や職場を選ぶポイントとして、「自分のビジョンを明確にすること」と「応募する会社の情報を集めること」が必要でしょう。自分が携わりたい介護サービスは、どのようなことなのかを明確にすることで、向いている職場が変わります。また、応募する会社の情報を集めることで、どのような職場で、どのような業務を行い、どのようなキャリアアップを目指せるかをイメージすることができるでしょう。

まとめ

今回は、有料老人ホームで働くメリットやデメリット、職場を探す上で押さえておきたいポイントなどをご紹介しました。施設によって仕事内容が大きく異なるため、希望に沿った職場を見つけるには多くの求人情報を比較することが大切になるでしょう。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

で介護の求人を 検索