有料老人ホームの施設長になるには?

有料老人ホームの施設長になるには?

有料老人ホームで働いている方、有料老人ホームに就職を考えている方には、将来的に施設長を目指す方も多いのではないでしょうか。しかし、施設長になるために具体的に何をすれば良いのかわからない方も多いでしょう。

ここでは、有料老人ホームの施設長の役割について説明しますので、ぜひご一読ください。

有料老人ホームの施設長とは

有料老人ホームには、「介護付有料老人ホーム」「住宅有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」「サービス付高齢者向け住宅」などがあります。それぞれの施設によって提供するサービスや基準が違い、職場によって業務内容や業務量が大きく異なると言えます。その中で働く施設長は、有料老人ホームの管理業務全般を担う職種です。施設によっては、施設長以外にも管理者、ホーム長などと呼ばれることもあります。

有料老人ホームの施設長の仕事内容

有料老人ホームの施設長の主な仕事は管理業務になります。適切な管理が施設の運営に大きな影響を与えるため、施設長は非常に重要な役職となっています。それでは、具体的な管理業務の内容について見ていきましょう。

入居者管理

入居・退去の説明や契約、営業など、入居・退去を管理することは施設長の仕事になります。また入居・退去の実務に対応する職員を配置し、施設長は管理業務を担う施設もあります。

職員管理

職員の採用、退職、休業や休暇、労働条件、勤務、給料などの管理業務を担います。平時から職員と面談を行うなど、職員の状況を把握し、業務量の調整や採用活動、業務に関しての指導、働きやすい職場環境の構築など管理する内容が多岐に渡ります。

運営管理

先ほどお伝えしたように有料老人ホームは、数種類に分類できます。それぞれの施設で順守する法律があり、適切な運営が求められています。例えば「設備の維持」「職員の配置」「提供するサービス」「契約に関しての説明」「利用料金の請求」などが挙げられます。所轄官庁からの指導や監査に対応することも施設長の仕事になります。

収支管理

施設長は入居者への請求管理だけでなく、経費の支払い、収入と支出のバランスを見た収支管理を行います。収入金額に応じた経費の支出や職員の採用、収入の増加のための営業活動など、有料老人ホームを運営するうえで重要な仕事になります。

有料老人ホームの施設長の勤務時間

有料老人ホームの施設長の勤務時間は、施設によって異なりますが、関係者や外部機関との連絡を取る上で日中帯の勤務になっていることが多いようです。しかし、通常の勤務時間以外での来客や面談、夜勤職員の急な不足、緊急的な対応などの場合は勤務時間を変更することがあります。

有料老人ホームの施設長の給料

東京都の求人情報を確認すると、年収400万円~600万円が多いようです。確認している中では、有料老人ホームは入居定員の多い、規模の大きい施設の方が給料が高い傾向にあるようです。

有料老人ホームの施設長に必要な資格

有料老人ホームの施設長の任用要件

有料老人ホームの施設長の任用要件として「有料老人ホーム設置運営標準指導指針」に「高齢者の介護について知識、経験を有する者を配置すること」とされていますが、明確な資格の定めはありません。しかし、介護に関しての知識・経験があることを証明するため、また、他の職員の指導を行うためにも介護の有資格者を条件にしている施設が多いようです。また、有資格者であっても全国有料老人ホーム協会の実施する「施設長研修」を受講して、施設長としての必要な知識の習得することを推奨することもあるようです。

施設長を目指す人におすすめの資格

  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)

有料老人ホームの施設長になるメリット・デメリット

メリット

メリットとして、管理職としての経験を積めることが挙げられます。管理職としての考え方や視点から業務を見ることで、業務に対しての理解が変わるでしょう。また、自分の考える施設運営・人材育成などを実施できること、給与が上がることなどのメリットがあるでしょう。

デメリット

デメリットとして、管理職としての責任が伴うことが挙げられます。施設長は、入居者の確保や職員の離職・採用、入居者や家族からの苦情の対応など施設の運営全般に責任を持って対応することになります。事情によっては、プライベートな時間を削って対応することもあり、責任感からプレッシャーやストレスを感じることもあるでしょう。

まとめ

これまで説明した通り、有料老人ホームの施設長になるために必要な資格や能力は、働く法人・施設によって異なります。しかし、何らかの資格を求められることが多いので、資格をお持ちでない方はまずは資格取得を目指しましょう。

施設長は、一定の経験を積んでいる職員が昇進するケースが多く、施設長を募集する求人情報は全国的に少ないようです。施設長を目指している方は、転職サイトなどを利用し、定期的に求人情報をチェックして、チャンスを探しましょう。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

住宅型有料老人ホームの「介護スタッフ募集」の求人情報が気になっている方は、「どのような仕事を行うのかな?」「仕事はきついのかな?」などの疑問をお持ちではありませんか? 今回は、住宅型有料老人ホームで働く介護スタッフの仕事内容やについ...
近年施設数が急増している有料老人ホーム。施設で働く介護スタッフの需要も高まっていることから、介護職として就職や転職を検討している方は、有料老人ホームの求人情報を目にする機会も多いのではないでしょうか。 そこで、有料老人ホームで働く際...
有料老人ホームは、食事の提供、掃除や洗濯などの家事援助、介護、健康管理のうち、いくつかのサービスを提供する施設です。多くの施設では24時間スタッフが常駐するため、夜勤が必要となります。夜勤は大変だという印象もありますが、夜勤手当が出る...
有料老人ホームに就職を考えている人や有料老人ホームで働いていて給料に満足していない人は、「有料老人ホームの給料ってどれくらいなんだろう?」「どうすれば給料アップできるのかな?」ということに関心をお持ちではないでしょうか? この記事で...
仕事を探している皆さんは、求人情報で住宅型有料老人ホームの「介護スタッフ募集中!」を見かけて「住宅型有料老人ホームってどんな施設なんだろう?」「どんな仕事をするんだろう?」などの不安を感じて、応募するのを躊躇していませんか? ここで...
介護の現場で専門職として活躍しているケアマネジャー。その多くは、居宅介護支援事業所で働いています。しかし転職を考えている人には、介護付有料老人ホームの求人情報が気になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか? ここでは、介護付有...
高齢化率上昇に伴い、介護職の活躍する場が広がっていますが、職場選びに迷うことも増えていませんか? ここでは、住宅型有料老人ホームの特徴や仕事内容をご紹介していますので、住宅型有料老人ホームへ就職をお考えの方は、ぜひご一読ください。 ...
履歴書の志望動機は職場に自分をアピールする項目です。しかし、志望動機が上手にまとまらず、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは有料老人ホームに応募する介護職員の志望動機を作成するポイントをご紹介しますので、ぜひご...
介護職として老人ホームで働くことを考えている方にとって、就職するために必要な資格があるのかどうかは気になるポイントでしょう。求人情報を見ていると「無資格の方 歓迎」や「要 介護職員初任者研修」など、その職場によって応募条件は様々です。...
特別養護老人ホームや有料老人ホームなど、高齢者が入居して生活する施設では「夜勤」があります。これまでに夜勤の経験がない方は、夜勤に対する不安感が強いのではないでしょうか。 ここでは夜勤に不安を感じている皆さんへ、夜勤の仕事内容をご紹...
介護職として働く際に大切なことは、自分にあった職場を見つけることです。自分にあった職場が見つかれば、高いモチベーションで仕事に打ち込むことができるでしょう。そのような職場を見つけるためには、それぞれの施設の特徴をしっかりと理解しておく...
「有料老人ホーム」と一口に言っても、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの種類があり、施設ごとに仕事内容も異なります。この記事では有料老人ホームへの就職を検討している方に、有...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索