特別養護老人ホーム(特養)と有料老人ホーム働くなら

特別養護老人ホーム(特養)と有料老人ホーム働くなら

介護職として働く際に大切なことは、自分にあった職場を見つけることです。自分にあった職場が見つかれば、高いモチベーションで仕事に打ち込むことができるでしょう。そのような職場を見つけるためには、それぞれの施設の特徴をしっかりと理解しておく必要があります。

この記事では「特別養護老人ホーム」「有料老人ホーム」を取り上げ、それぞれの特徴や違いなどについてご説明しますので、ぜひ職場選びの参考にしてください。

特別養護老人ホームと有料老人ホームとは

特別養護老人ホームとは

「特別養護老人ホーム」は、介護保険法の「介護老人福祉施設」等の指定を受けた社会福祉法人や地方自治体が運営する施設です。

特別養護老人ホームには、要介護3以上の高齢者が入所して生活しています。介護サービス費をはじめ、食費や居住費についても所得段階に応じて負担金額が決められているため、有料老人ホームと比較すると安価な料金で入所することができます。

有料老人ホームとは

「有料老人ホーム」は、入居できる高齢者の状態がその施設によって設定されています。

「特定施設入居者生活介護」の指定を受けて介護サービスを提供する介護付有料老人ホームや、介護サービスを直接提供しない住宅型有料老人ホームなどがあります。料金体系にも違いがあり、入居一時金や月額の利用料などが高額になることが多いでしょう。

特別養護老人ホームと有料老人ホームの仕事内容

仕事内容

特別養護老人ホームや介護付有料老人ホームでは、入居者に介護サービスを提供します。食事、排泄、入浴などの介助や、掃除、洗濯などの生活を支えるサポートを行います。その中でも特に、特別養護老人ホームでは要介護3以上の方が入所しているため、身体介助に関わる業務が多くなる傾向があります。住宅型有料老人ホームでは、直接介護サービスを提供しないため、掃除、洗濯などの生活を支えるサポートが中心になります。

職場環境

特別養護老人ホーム、介護付有料老人ホームでは、人員配置基準に基づき、必要な介護職員、看護職員、その他の職種などが配置されています。しかし、法令をギリギリ満たすような職員配置では業務が回らないこともあって基準よりも多い人員配置がされているようです。一方、住宅型有料老人ホームでは介護職員の配置に関して定められていないため、その施設によって配置人数に大きな差があります。

勤務時間

勤務時間は、特別養護老人ホーム、介護付有料老人ホームではどちらも365日24時間のシフト制が取られています。住宅型有料老人ホームでは、365日24時間のシフト制を取っている施設と夜勤がない施設があります。365日24時間のシフト制の施設では、2交代制(日勤・夜勤)もしくは、3交代制(日勤・準夜勤・深夜勤)が一般的です。ここでは、2交代制と3交代制のシフトの例をご紹介します。

2交代制の勤務時間例

日勤:8:00~17:00

夜勤:16:00~9:00

3交代制の勤務時間例

日勤:7:00~16:00

準夜勤:15:00~0:00

夜勤:23:00~8:00

給与・待遇

給与は、その職場によって異なるためどの施設が良いと一概には言えません。しかし、特別養護老人ホーム、介護付有料老人ホームでは、介護報酬を算定している関係で「処遇改善手当」の支給があるので、住宅型有料老人ホームと比べると給与が高い傾向にあるようです。また、それ以外にも、施設の種類ではなく、運営法人の規模による傾向があるようです。加入している福利厚生制度や人材育成のための研修制度、助成制度など、待遇面に違いがあるでしょう。

有料老人ホーム・特別養護老人ホームで働くメリット

介護付有料老人ホーム・特別養護老人ホームで働くメリット

スキルアップができる

特別養護老人ホームには、中重度の高齢者が入所しているため、介護の質の向上を目的とした研修制度が整備されています。介護技術、認知症ケアなど幅広いことについて学ぶことができて、また実践する機会が多くあるので、スキルアップにつながるでしょう。

介護福祉士へのキャリアアップ

特別養護老人ホームでの実務経験は、介護福祉士国家試験の受験資格に必要な実務経験として活かすことができます。また、特別養護老人ホームには、多くの介護福祉士が勤めていますので、試験勉強で不明な点を教えてもらうことができるなどのメリットがあります。

住宅型有料老人ホームで働くメリット

負担が少ない施設もある

自立の高齢者を中心に受け入れている住宅型有料老人ホームでは、生活援助が中心の業務になるので、身体的な負担が少ないでしょう。また、コミュニケーションをとれる入居者が多い施設では、リスク管理などの精神的な負担も少ないでしょう。

接遇スキルが習得できる

住宅型有料老人ホームでは、接遇を重視して業務を行うことがあります。このような施設では、働くことで接遇スキルを身につけることができるでしょう。

まとめ

介護職としての職場である特別養護老人ホームと有料老人ホームについて説明しました。どちらも高齢者が入居して生活する施設ではありますが、要介護度など入居者の状況が大きく異なるので、業務内容も様々です。どちらの施設が良いかは、皆さんが介護職としてどのようなスキルアップ・キャリアアップを考えているのかによります。

この記事でご紹介した内容を参考に、皆さんの希望を満たす職場を選びましょう。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

住宅型有料老人ホームの「介護スタッフ募集」の求人情報が気になっている方は、「どのような仕事を行うのかな?」「仕事はきついのかな?」などの疑問をお持ちではありませんか? 今回は、住宅型有料老人ホームで働く介護スタッフの仕事内容やについ...
近年施設数が急増している有料老人ホーム。施設で働く介護スタッフの需要も高まっていることから、介護職として就職や転職を検討している方は、有料老人ホームの求人情報を目にする機会も多いのではないでしょうか。 そこで、有料老人ホームで働く際...
有料老人ホームは、食事の提供、掃除や洗濯などの家事援助、介護、健康管理のうち、いくつかのサービスを提供する施設です。多くの施設では24時間スタッフが常駐するため、夜勤が必要となります。夜勤は大変だという印象もありますが、夜勤手当が出る...
有料老人ホームに就職を考えている人や有料老人ホームで働いていて給料に満足していない人は、「有料老人ホームの給料ってどれくらいなんだろう?」「どうすれば給料アップできるのかな?」ということに関心をお持ちではないでしょうか? この記事で...
仕事を探している皆さんは、求人情報で住宅型有料老人ホームの「介護スタッフ募集中!」を見かけて「住宅型有料老人ホームってどんな施設なんだろう?」「どんな仕事をするんだろう?」などの不安を感じて、応募するのを躊躇していませんか? ここで...
介護の現場で専門職として活躍しているケアマネジャー。その多くは、居宅介護支援事業所で働いています。しかし転職を考えている人には、介護付有料老人ホームの求人情報が気になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか? ここでは、介護付有...
高齢化率上昇に伴い、介護職の活躍する場が広がっていますが、職場選びに迷うことも増えていませんか? ここでは、住宅型有料老人ホームの特徴や仕事内容をご紹介していますので、住宅型有料老人ホームへ就職をお考えの方は、ぜひご一読ください。 ...
履歴書の志望動機は職場に自分をアピールする項目です。しかし、志望動機が上手にまとまらず、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは有料老人ホームに応募する介護職員の志望動機を作成するポイントをご紹介しますので、ぜひご...
介護職として老人ホームで働くことを考えている方にとって、就職するために必要な資格があるのかどうかは気になるポイントでしょう。求人情報を見ていると「無資格の方 歓迎」や「要 介護職員初任者研修」など、その職場によって応募条件は様々です。...
特別養護老人ホームや有料老人ホームなど、高齢者が入居して生活する施設では「夜勤」があります。これまでに夜勤の経験がない方は、夜勤に対する不安感が強いのではないでしょうか。 ここでは夜勤に不安を感じている皆さんへ、夜勤の仕事内容をご紹...
有料老人ホームで働いている方、有料老人ホームに就職を考えている方には、将来的に施設長を目指す方も多いのではないでしょうか。しかし、施設長になるために具体的に何をすれば良いのかわからない方も多いでしょう。 ここでは、有料老人ホームの施...
「有料老人ホーム」と一口に言っても、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの種類があり、施設ごとに仕事内容も異なります。この記事では有料老人ホームへの就職を検討している方に、有...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索