【例文あり】福祉用具専門相談員の志望動機を書くポイントとは?

【例文あり】福祉用具専門相談員の志望動機を書くポイントとは?

福祉用具専門相談員として就職・転職の面接を控えている皆さんは、履歴書の志望動機について悩んでいるんではないでしょうか?

この記事では、福祉用具専門相談員として応募する際の志望動機のポイントと例文を紹介します。ぜひ最後までお読みいただき、志望動機を作成する参考にしてください。

福祉用具専門相談員の仕事内容とは?

志望動機を記入するためには、まず福祉用具専門相談員の仕事内容を把握することが重要です。

福祉用具専門相談員は、利用者や家族などに適切な福祉用具の提案や使い方の指導を行う職種として、介護保険の福祉用具貸与・販売事業所で活躍しています。ここでは、福祉用具貸与・販売事業所での具体的な仕事内容をご紹介します。

福祉用具のレンタル、販売

福祉用具専門相談員の仕事として、福祉用具をレンタル・販売することが挙げられます。介護保険における福祉用具は、レンタルに該当する品目と販売に該当する品目があり、利用者が希望する商品をレンタル・販売することで事業所が収入を得ます。福祉用具をレンタル・販売するにあたり、福祉用具専門相談員は、利用者の状況を確認して、福祉用具サービス計画書の作成、適切な福祉用具を選定・提案、納品のための運搬、納品の際の利用者に合わせた福祉用具の調整や使用方法の説明、納品後は定期的な利用者の状況の確認、福祉用具のメンテナンスなどを行います。

福祉用具サービス計画書の作成

先ほども記載した通り、福祉用具専門相談員は、福祉用具をレンタル・販売する上で「福祉用具サービス計画書」を作成する業務があります。

福祉用具計画書には、以下の項目記載するため、利用者・家族との面談、担当ケアマネジャーとの連絡・連携が必要になります。

福祉用具サービス計画書の項目

  • 住所、年齢、要介護度、担当ケアマネジャーなどの基本情報
  • 生活動作などの身体状況
  • 他の介護サービスの利用状況や家族構成、疾病などの介護環境
  • 利用者の意向や総合的な援助方針など居宅サービス計画の内容
  • 戸建てやマンションなどの住環境
  • 生活全般の解決すべき課題(ニーズ)
  • 福祉用具を利用して達成する目標
  • 福祉用具の品目と選定理由
  • 福祉用具の搬入予定日
  • 福祉用具の提案にあたっての留意点

新規利用者確保のための営業活動

福祉用具専門相談員の仕事として、新規利用者確保のための営業活動も挙げられます。

主な営業先として、居宅介護支援事業所、介護老人保健施設をはじめとした介護施設・事業所、地域包括支援センター、医療機関などが挙げられます。

福祉用具専門相談員として働くための資格とは?

福祉用具専門相談員として働くためには、『福祉用具専門相談員指定講習』と『普通自動車運転免許』の資格が求められます。

福祉用具専門相談員指定講習は、介護保険制度や福祉用具の種類や活用方法、福祉用具サービス計画書などについて学習する講習です。受講期間は7日間、受講時間は50時間、受講料は3~7万円ほどで、全国の資格のスクールなどで講座が実施されています。介護福祉士や社会福祉士などの有資格者は、この講習を受講しなくても福祉用具専門相談員として働くことができます。

また、福祉用具専門相談員は、福祉用具を利用者へ届けることと福祉用具のメンテナンスで利用者の自宅等を回るので、普通自動車運転免許が求められています。

福祉用具レンタルに応募する志望動機のポイントとは?

ここでは、福祉用具専門相談員の志望動機を考えるときのポイントを詳しく説明します。

「どのような仕事がしたいか」を盛り込む

志望動機のポイントとして、福祉用具専門相談員の仕事を理解していることや、その会社でどのような仕事をしたいのかを伝えることが挙げられます。

志望動機に含めるポイントの例

  • ご利用者に適した福祉用具を提案できるようになりたい
  • ご利用者の在宅生活を支えたい
  • 経験を積み、スキルアップをして、福祉用具の専門職として活躍したい

「これまでの経験・資格取得の経緯」を盛り込む

志望動機のポイントとして、これまでの経験から福祉用具専門相談員の仕事に活かせることや資格取得の経緯から就職への熱意を伝えることが挙げられます。

志望動機に含めるポイントの例

  • これまで営業職として働いた経験を活かしたい
  • 介護職として働いた経験を活かして、介護をする側の視点や工夫などを含めた積極的な提案をしたい
  • 福祉用具の専門職を目指して、福祉用具専門相談員の資格を取得した
  • 介護業界での仕事に携わることを目標に専門学校に通い、介護福祉士の資格を取得した

「応募する事業所の理念」を盛り込む

志望動機のポイントとして、応募する事業所や運営法人の理念・方針に関することが挙げられます。理念・方針などは、応募先のホームページやSNSを確認するのが良いでしょう。

志望動機に含めるポイントの例

  • 貴社の○○という理念に共感した
  • 貴社の○○という人材育成方針に惹かれ、この会社で成長し、福祉用具の専門職として活躍したいと思った
  • 貴社で行っている○○という地域貢献活動にも興味があり、ぜひ参加したい

福祉用具専門相談員の志望動機の例文

ここでは、先ほどまでのポイントを含めた福祉用具専門相談員の志望動機の例文をご紹介します。

志望動機の例文①

私は、福祉用具専門相談員として利用者様が在宅生活を続けるためのサポートをしたいと思い、この度、応募させていただきました。以前に、デイサービスで介護職として8年間勤務し、その間に介護福祉士の資格を取得しました。結婚を機に退職しましたが、デイサービスで働いている時に、利用者様がその状態に応じた杖や歩行器に変更していくことで積極的に行動でき、主体性のある生活に結びついているところを見て、福祉用具を提案する仕事に興味を持っていました。

現在、子供が小学校低学年ということもあり、貴社のパートの求人情報に応募させていただきましたが、子供の成長に合わせてホームページに掲載されていた正社員への雇用変更制度を利用して、正社員として活躍していきたいと考えています。

これまでの介護職として経験を活かし、利用者様の希望と介護をする側の視点から、適切な福祉用具の提案をしていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。

志望動機の例文②

私が福祉用具専門相談員を目指したきっかけは、祖母が在宅で介護を受けていた時に福祉用具を利用していたことでした。祖母は骨折したことをきっかけに、退院後もなかなか歩けなくなっていましたが、リハビリを受けたことと合わせて福祉用具を利用することで、外出できるようになり、私には、その時に福祉用具を提案し、祖母に合わせて調整してくれた貴社の社員の方がとても印象的でした。

その方の仕事が福祉用具専門相談員であることを知り、福祉用具について学ぶために介護の専門学校へ通い、介護福祉士を取得しました。私も、祖母の時ように、適切な福祉用具の提案して、利用者様の生活を支援する仕事がしたいと思い、この度貴社へ応募させていただきました。ぜひよろしくお願い致します。

まとめ

今回は、福祉用具専門相談員の志望動機のポイントと例文をご紹介しましたが、参考になりましたか?福祉用具専門相談員は、福祉用具の専門職として、ご利用者の生活を支援するやりがいのある仕事です。

皆さんが希望する職場へ就職できることをお祈り申し上げます。最後までお読みいただきありがとうございました。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

で介護の求人を 検索