訪問リハビリの仕事内容とは?

訪問リハビリの仕事内容とは?

訪問リハビリテーションの求人情報が気になっている人には、実際の仕事内容が気になっているでしょう。

ここでは、訪問リハビリテーションの仕事内容をご紹介しますので、ぜひご一読ください。

訪問リハビリテーションとは?

訪問リハビリテーションは、リハビリのために通院したり、通所リハビリテーションに通うことが難しい人が自宅でリハビリを受けることができるサービスです。訪問リハビリテーションには、大きく分けると病院や介護老人保健施設に併設した訪問リハビリテーション事業所がリハビリを提供する場合と、訪問看護ステーションから訪問看護の一環としてリハビリを提供する場合があります。

>>>カイゴジョブに無料登録<<<

訪問リハビリテーションの仕事内容とは?

リハビリテーションの提供

訪問リハビリテーションの主な仕事は、ご利用者宅を訪問して、その日の体調等を確認しながらリハビリを提供することです。具体的なリハビリの例として、基礎体力をつけるための運動や、実際のトイレまでの行き来を練習したり、屋内・屋外へ安全に移動するための練習などを行います。また、安全に自宅内を移動するための福祉用具を考えたり、家具の配置を変えるたり、家族が介助する上での工夫やコツをアドバイスすることもあります。

付随する業務

訪問リハビリテーションの仕事には、リハビリを提供すること以外にも付随する業務があります。

付随業務として、担当ケアマネジャーとのスケジュール調整が挙げられます。ご利用者の状況や訪問希望日、主治医からの指示などを確認して、実際に訪問するスケジュールを調整します。また、訪問リハビリを提供する上で、リハビリテーション実施計画書の作成・更新を行います。この書類は、ご利用者やその家族へ説明して同意を得ることが必要になる書類なので、書類作成と合わせて説明する業務もあります。そして、訪問リハビリの実施した内容を記録すること、ご利用者の状態について定期的な評価を行なう業務もあります。この定期的な評価の結果やご利用者の状態の変化は訪問リハビリの指示をしている医師へ報告します。

>>>カイゴジョブに無料登録<<<

訪問リハビリテーションの仕事の流れ

1日の流れ

8:30 出社 ミーティング
9:00 ご利用者を訪問(3~4件)
12:00 昼休み
13:00 ご利用者を訪問(3~4件)
16:00 サービス担当者会議への参加
17:00 記録整理等の書類業務、主治医への報告や担当ケアマネジャーへの連絡
17:30 退社

その他の業務

上記でご紹介した一日の流れ以外にも、毎月1~5日頃は、担当ケアマネジャーとサービス提供表のやり取りや、5~10日頃に介護報酬請求業務などを行うことがあります。

>>>カイゴジョブに無料登録<<<

まとめ

訪問リハビリテーションの仕事内容についてご紹介しましたが、参考になりましたか?訪問リハビリテーションの仕事はご利用者宅という実際の生活環境でリハビリを提供しますので、病院や施設でのリハビリとは違う視点で考えることも多く、やりがいのある仕事です。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

現在、転職を考えている理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の方の中には、訪問リハビリテーションへの転職を考えている方も多いのではないでしょうか? ここでは介護業界の訪問リハビリテーションの仕事内容や転職の注意点についてご紹介します。 ...
リハビリ専門職として現在の職場でやりがいを見出せずにいる人や、他の職場へ転職を考えている人は、訪問リハビリテーションの求人情報が気になっているのではないでしょうか? この記事では、訪問リハビリテーションの仕事のやりがいや大変だと感じ...
転職を考えているリハビリ専門職の皆さんは、転職先の選択肢として訪問リハビリテーションを考えているのではないでしょうか?そして、実際働いている人たちは、どんなところに苦労を感じているのか気になっていませんか? この記事では、訪問リハビ...
転職先として訪問リハビリテーションを考えている方は、応募先へ提出する履歴書の志望動機の欄に何をどう書いたらいいのか困っていませんか? 履歴書は求人情報に応募する時に提出しますが、履歴書を書き慣れている人はあまり多くないでしょう。ここ...
転職先として「訪問リハビリ」を視野に入れている人は、平均的な給与がどれくらいなのか?高いのか?が気になっているでしょう。 ここでは、訪問リハビリの給与・年収について詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 訪問リハ...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索