小規模多機能型居宅介護で働くには資格が必要なの?

小規模多機能型居宅介護で働くには資格が必要なの?

介護職として就職・転職活動をしているみなさんは「小規模多機能型居宅介護」の求人を見かけて「働くために必要な資格はあるの?」という疑問をお持ちではありませんか?

ここでは、比較的新しい介護保険サービスである「小規模多機能型居宅介護」の仕事内容や資格について説明しています。

「小規模多機能型居宅介護」とは

小規模多機能型居宅介護は2006年に創設された比較的新しい介護サービスで、地域密着型サービスに分類されています。小規模多機能型居宅介護では「通い」のサービスを中心に「宿泊」「訪問」を組み合わせた介護サービスを提供します。これらのサービスは、複合して利用する方が多く、同じ介護事業所、顔なじみのスタッフから継続的にサービスを受けられるメリットがあります。

自分に合った介護の仕事を探す

小規模多機能型居宅介護の仕事内容

先ほどの説明したように、小規模多機能型居宅介護では「通い」「宿泊」「訪問」の3つのサービスを提供します。「通い」では、利用者の送迎、食事、入浴、排泄の介助、レクリエーションの企画・実施等を行い、「宿泊」では、食事や排泄の介助、夜間の体位変換や見守りなどを行い、「訪問」では、利用者の自宅を訪問して、食事、排泄の介助、調理、洗濯、掃除なども行います。

このように小規模多機能型居宅介護の仕事内容は多岐にわたりますが、いずれの仕事内容でも介護に関する知識や経験が求められています。

自分に合った介護の仕事を探す

小規模多機能型居宅介護で働くために必要な資格は?

無資格でも働くことは可能!

小規模多機能型居宅介護では、働くために資格が必須とは定められていません。ですから、無資格、未経験者でも応募可能な求人情報もあります。しかし、小規模多機能型居宅介護での仕事内容は多岐にわたるため、原則、介護に関する知識、経験を有していることが求められています。そのため、介護の資格を持っていることを応募条件としている求人情報もあります。

応募の条件になっている資格とは?

介護職員初任者研修

小規模多機能型居宅介護の求人情報で、条件として記載されている資格として「介護職員初任者研修」が多いです。介護職員初任者研修は、介護の仕事に携わる人が取得すべき資格として位置づけられ、介護に関する基本的な知識や技術を学ぶことができます。カリキュラムは全部で130時間、約2週間~3ヵ月で修了することが可能なので、取得しやすい資格と言えます。

実務者研修

実務者研修は介護職員初任者研修よりも専門的な介護の知識や技術を学ぶことができる研修です。カリキュラムは450時間、約6ヵ月で修了することができますが、介護職員初任者研修など他の介護の資格を取得していると、カリキュラムの一部が受講免除になります。実務者研修修了に限定した応募資格はほとんどありませんが、実務者研修を修了していることは、介護職員初任者研修以上の応募条件を満たしていることになります。

介護福祉士

介護福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められている国家資格で、取得することで介護の専門職ということを証明できます。国家試験は年に1回実施され、国家試験を受験するためには、受験資格を満たす必要があります。この受験資格の一つに「実務経験ルート」(実務経験3年以上+実務者研修の修了)があります。即戦力を求める職場では、介護福祉士に限定して募集することがあり、介護福祉士を取得していると、介護職として就職する上で応募要件を満たすことになります。

ケアマネジャー

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護保険制度における公的な資格で、都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格して、研修を受講することで資格を取得できます。この試験を受験するためにも、定められた受験資格を満たす必要があります。

小規模多機能型居宅介護には、ケアマネジャーを配置する義務があるので、ケアマネジャー兼介護職員としての求人情報もあります。この場合には、介護支援専門員の資格が応募要件になっています。

自分に合った介護の仕事を探す

まとめ

小規模多機能型居宅介護は、「通い」「宿泊」「訪問」の3つのサービスを複合的に提供する介護事業所です。そのため、介護に関する知識や経験が求められ、介護の資格を条件にしている求人情報があります。皆さんの状況に応じて応募できる求人情報を比較して、希望の条件を満たす職場へ応募しましょう。

カイゴジョブの小規模多機能型居宅介護の求人
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

介護職として転職や就職を考えている人の中には、小規模多機能型居宅介護の求人に興味を持った人もいらっしゃるでしょう。中には「どういう職種・スタッフが働いているのだろう?」「自分の持っている資格で働けるのかな?」と疑問をお持ちの人も多いか...
皆さんは「もう少し給料を上げたい」「もっと収入が高い職場へ転職したい」と考えていませんか?そして、小規模多機能型居宅介護の求人情報に興味をお持ちではないですか? ここでは小規模多機能型居宅介護の仕事内容と給料についてご紹介しますので...
小規模多機能型居宅介護へ就職・転職を検討している皆さんは「履歴書にどんな志望動機を書いたらいいんだろう?」「志望動機を書くときにどんなことに気をつければいいの?」とお悩みではありませんか? この記事では、小規模多機能型居宅介護に応...
介護支援専門員の資格を取得した人やケアマネジャーとして働いていて転職を考えている皆さんは、小規模多機能型居宅介護のケアマネジャーとして働くことに興味をお持ちではありませんか? 今回は、小規模多機能型居宅介護で働く介護支援専門員(ケア...
介護職としてキャリアアップを考えたとき、資格取得によるステップアップの次に介護事業所の管理者を目指している方も多いかと思います。 ここでは、小規模多機能型居宅介護の管理者を取り上げ、その仕事内容、必要な資格、給料について紹介していき...
介護職として転職を検討している人には、小規模多機能型居宅介護の仕事に興味を持っている人が多いのではないでしょうか? しかし、小規模多機能型居宅介護での具体的な仕事内容がわからないことや転職が久しぶりなことから不安を感じている人も多いで...
小規模多機能型居宅介護の求人情報を見て、「どんな事業所なんだろう?」「聞いたことないなぁ」と思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか?小規模多機能型居宅介護は2006年に創設された比較的新しい介護事業所種別です。 ここでは、小...
小規模多機能型居宅介護の求人が気になっている人は、「仕事って大変なのかな?」「どんなことが大変なんだろう?」という疑問を持っているでしょう。 ここでは、小規模多機能型居宅介護の仕事内容と大変だと感じていることをご紹介しますので、ぜひ...
小規模多機能型居宅介護は、多様化する高齢者のニーズに対応するため、2006年に創設された介護事業所種別で、事業所数が増えてきているので求人情報を見る機会も多いのではないでしょうか? ここでは、小規模多機能型居宅介護の仕事内容と夜勤に...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索