ケアマネジャー(介護支援専門員)の転職で注意すべきこととは?

ケアマネジャー(介護支援専門員)の転職で注意すべきこととは?

ケアマネジャーとして働いていて転職を考えている人や、介護支援専門員の資格を活かせる職場へ転職を考えている人は、転職においてどんなことに注意すべきか気になっているでしょう。

ここでは、ケアマネジャーとして転職する人へ転職の注意点をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

ケアマネジャーが転職する理由とは?

介護支援専門員の資格を取得した

転職する理由の一つとして、介護支援専門員の資格を取得して、現在の職場ではケアマネジャーのポジションが空いていない場合や、「在宅」や「施設」でのケアマネジメント業務に従事したいなど、仕事への希望を理由として転職することが挙げられます。介護支援専門員の資格は、相談援助業務や国家資格に基づく業務の実務経験を積むことが受験資格になっているので、これまでの経験と取得した資格を活かして働きたいと考える人は多いでしょう。

仕事量が多い

現在、ケアマネジャーとして働いている人には、現在の職場で担当するご利用者の人数が多かったり、付随業務や兼務による業務が多かったりして、転職を考える人もいるでしょう。特に、残業が増えて肉体的な負担や精神的な負担を感じると、仕事を続けるのがつらくなり、転職を考えるでしょう。

給料が低い

ケアマネジャーの給料は介護業界の中では高い傾向にあります。しかしながら、給料の金額は、就職する職場によって大きな差があるので、「給料が低い」「業務量に対して給料が見合っていない」と感じる人も多いようです。

職場の人間関係が悪い

施設ケアマネジャーの仕事では、医師、看護職員、介護職員、リハビリ専門職や機能訓練指導員などの多職種と密に連携する必要があります。しかし、職場のスタッフの人間関係に問題があると、その人間関係を考えて連携・調整することになり、仕事が思うように進まないことも多いようです。居宅ケアマネジャーは、同じ職場のケアマネジャーと意見が合わなかったり、業務量に不満があったりして人間関係に問題があるケースがあるようです。どちらの場合も、職場の人間関係に問題があると、ストレスが溜まって転職を考える人がいるでしょう。

ケアマネジャーにはどのような転職先があるの?

ケアマネジャーとして転職を考えるにあたって「どのような職場があるのか?」は押さえておきたいことでしょう。ここでは、ケアマネジャーが活躍している職場をご紹介します。

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設
  • 介護医療院
  • 居宅介護支援
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  • 地域包括支援センター

ケアマネジャーの転職する際の注意点とは?

やりたい仕事で職場を選ぶ

ケアマネジャーは、ご利用者のケアマネジメントを行う専門職です。その中でも、どのようなご利用者にどのようなプランを提案したいのか、介護業務にも携わりながら働きたいのかなど、皆さんがやりたい仕事によって選ぶ職場が変わるでしょう。転職の機会は、皆さん自身の「やりたい仕事」を見つめなおす機会にもなるので、やりたい仕事を明確にして、それが可能な職場を選びましょう。

転職先の情報を収集する

応募先が決まったら、応募先の情報をできる限り収集しましょう。なかなか職場の環境まで知ることは難しいですが、面接や職場見学なども活用して、人材育成の環境、研修の参加助成、仕事の引継ぎの状況、担当する件数など、皆さんの仕事に直結する情報を集めましょう。

給料・年収を確認する

一般的な求人情報には、月給が「○○万円~○○万円」のような記載がされていますが、皆さんのこれまでの経験がどのように評価されるのかは、求人情報からはわかりません。応募して、実際に雇用条件を提示された時に「思ってた金額とだいぶ違うな」とならないように、面接後の面談などでしっかりと確認しましょう。また、賞与の有無や支給金額の計算方法なども確認しておくと良いでしょう。

転職で退職する時期と働き始める時期

転職を決意した人は、現在の職場で働きながら転職活動をすることも多いでしょう。そのような状況では、応募先に「現在の職場の退職予定日」と「いつから働けるのか」を伝える必要があります。

現在の職場を退職する日は、その職場に迷惑が掛からないように就業規則で定められる「○○日前に通知するのか」を把握して、その期日で伝えて、円満に退職しましょう。そして、その予定から働き始める日を応募先に伝えましょう。

ケアマネジャーの面接でアピールするポイントは?

経験をアピールする

ケアマネジャーが面接でアピールするポイントとして「これまでの経験」が挙げられます。介護支援専門員の資格は取得するまでに、相談援助職や介護職、その他国家資格に基づく業務の経験があるでしょう。それらの経験を活かして、今後の業務あたることはアピールすべきポイントになっています。どのような職場で、どのような人に、どのような業務を行ってきたのかを詳しく伝えましょう。

向上心を持っていることをアピールする

仕事に対する向上心をアピールすることも大切です。採用する側は、皆さんの仕事に対しての努力や、仕事に対する考え方などから長く働いてくれる人材なのかを確認していることが多いでしょう。学習意欲や向上心があり、将来的なキャリアアップも考えている人材は評価されますので、ぜひアピールしましょう。

まとめ

ケアマネジャーとして、より良い転職先を見つけるためには、広くアンテナを張って求人情報をいち早くキャッチする必要があります。皆さんに希望の職場が見つかり、ケアマネジャーとして充実した日々を送ることを願っています。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

で介護の求人を 検索