介護事業成長の秘訣は、子育て世代・シニア世代の活躍と「独立採算制」による事業運営 -サーバント-

介護事業成長の秘訣は、子育て世代・シニア世代の活躍と「独立採算制」による事業運営 -サーバント-

人手不足が続く介護業界にあって、2年に1事業所のペースで事業拡大を続けているサーバント。事業成長の秘訣は、子育て世代とシニア世代の活躍を打ち出した職員採用・定着の取組と、各事業が独立採算制を取っていることにあるそうです。

多様な働き方を実践する企業に与えられる「埼玉県 多様な働き方実践企業」の認定企業にも輝く職員採用・定着の取組や、独立採算制がもたらした効果などを、人事担当の田中野一さんに伺いました。

子育て世代が働きやすい制度を創業時から導入

――事業所の概要について教えてください。

デイサービスを7事業所、居宅介護支援事業所を2事業所、その他に福祉用具、共生型児童発達支援・放課後等デイサービス、保険外の自費リハビリサービスを提供しています。

スタッフの総数は120名で正社員は43名。男女比は1:9で女性が多いです。

――女性の就業者数が多いのですね。

当社は2000年の創業当時から、人材不足対策に力を入れていました。その一つが、子育て世代の女性の積極採用です。就業を希望する子育て世代の女性に、「当社は子育てをしながら働いている人が多く、皆で助け合える環境を作っています」と当社の姿勢を口コミなどで広めています。

子育て中でも働きやすい環境づくりに力を入れることで、「サーバントは子育て中でも働きやすい」と地域でも評判になり、子育て世代の女性の応募が増えました。現在はスタッフの90%近くが子育てをしています。

――子育て世代の働きやすさとして、どのような環境づくりに注力されてきたのでしょうか。

フルタイムでの勤務を希望する人は正社員、そうでない人はパート職員など、入社時はもちろん、産休・育休後の復職時にもスタッフと相談し、できる限り希望に沿う形で働き方を選べるようにしています。

また、子供が生まれたことで「キャリアアップしてもっと稼げるようになりたい」と希望するケースもあります。そういう人には、資格を取って相談員を目指してもらうなど、多様な働き方と合わせて資格取得支援などキャリアプランの支援も行っています。

――柔軟に働き方が選べるのですね。時短勤務なども行っていますか?

育児のための短時間勤務制度も設けており、正社員では1日あたり2時間までの時短勤務を可能としています。出社時間についても、保育園の登園時間などを考慮して、個人に合わせて柔軟に設定しています。その他、会社全体として土日・祝日をすべて休日としています。

――土日だけでなく、祝日も休日にしている介護事業所は珍しいかと思います。

そうかもしれませんね。祝日は保育園や学校などもお休みとなるため、「子育て中の女性に活躍してもらうにはどうしたらよいか」を最優先に考え、創業以来ずっとこの形を続けています。

――スタッフの大半が子育て世代ですが、産休・育休に入るスタッフがいる事業所のフォローはどのように行っているのでしょうか?

産休・育休に入るスタッフが出た際、その事業所の業務に支障をきたさないよう、事業所間で柔軟に人材が行き来できるような教育・研修体制を取っています。そうやって、産休・育休に入ることを「当たり前のこと」としてスタッフに捉えてもらえるよう、会社全体で工夫しています。現在も、3名のスタッフが育児休業を取得しています。

――産休・育休から復帰する際は、どのような形を取っていますか?

デイサービスの現場のスタッフは、基本的に現場スタッフとして戻ってきます。元々働いていた事業所の人員が充足している場合は、本人と相談の上別事業所での勤務を提案することもあります。

管理職クラスのスタッフが復職する際は、本人の希望やキャリアプランなど相談の上、新規事業の立ち上げを任せるといったケースもあります。2019年にオープンした共生型児童発達支援・放課後等デイサービスは、元々デイサービスの統括責任者を行っていたスタッフが復職する際に立ち上げを希望して実現しました。こういった複数の取組が評価され、「埼玉県 多様な働き方実践企業」においてプラチナ+認定を獲得しています。

「埼玉県 多様な働き方実践企業」でプラチナ+認定を獲得

――「埼玉県 多様な働き方実践企業」とはどのような取組なのでしょう?

男女が共にいきいきと働き続けられる環境づくりを行っている企業が認定される制度で、プラチナに認定されるには、以下の6つの取組をすべて実践していることが求められます。

  • 1.女性が多様な働き方を選べる企業
  • 2.法定義務を上回る短時間勤務制度等が職場に定着している企業
  • 3.出産した女性が現に働き続けている企業
  • 4.女性管理職が活躍している企業
  • 5.男性社員の子育て支援等を積極的に行っている企業
  • 6.取組姿勢を明確にしている企業

さらに、プラチナ+認定※を受けるには「男性職員が連続5日以上(勤務を要しない日を除く)の育児休業の取得などを行い、かつ原職に復帰していること」の要件を満たすことが求められます。

※多様な働き方実践企業認定3,006社の内、プラチナ+に認定されている企業は102社(2020年2月時点 「埼玉版ウーマノミクスサイト」より)

――男性の子育て支援も、こちらでは積極的に取り組まれているのですね。

男性の育休取得についても、当社では私が男性の育休取得第1号として、2か月の育児休業を取得しました。このことによりプラチナ+認定を獲得でき、「多様な働き方を受け入れる会社」という評判は一層高くなったように感じます。

サーバントでは「埼玉県 多様な働き方実践企業」プラチナ+認定の他、働き方に関する多くの認定・表彰を受けている

――多様な働き方の他、力を入れている取組はありますか?

「埼玉県シニア活躍推進宣言」でしょうか。当社は創業当時から子育て世代だけでなく、定年を迎えたシニア世代の採用も積極的に行ってきました。シニア世代の特性・能力を生かすため、福祉用具の事業所を立ち上げたという経緯もあります。

今も各デイサービスにはシニアスタッフが在籍しており、送迎業務を中心に活躍しています。子育て世代と同じくらい、シニア世代の存在は当社にとって重要です。

――こういった各種取組の成果を実感するのはどのような時でしょう。

「サーバントは働きやすい」と言ってくれるスタッフが多いこともそうですし、入社時の面接でプラチナ+認定を受けていることを志望理由に挙げてくださる方がいたり、取組が地域にも認知されているのだなと実感しています。

独立採算制で、サービスの質を向上させる

――こちらの居宅介護支援事業所は、地域最大級と伺いました。

今は2事業所で16名のケアマネジャーが在籍しており、人員規模は地域でも最大級かと思います。

――規模を拡大されたのは、どのような理由からでしょうか。

当社は各事業が独立採算制を取っているため、黒字化を達成するために規模を拡大した、というのがその理由になるかと思います。

――各事業の独立採算制を導入したのには、どういう背景があったのでしょう。

当時、当社のケアマネジャーが自社のデイサービスにご利用者を安易に紹介する流れが常態化しており、「それではサービスの質が向上しなくなるのではないか」と代表が危機感を感じていました。それぞれの事業所がサービスの質を高め、ご利用者に選ばれる事業所となるため、独立採算制という形を取るようになりました。

居宅介護支援事業所が単独で黒字化を目指すには、スケールメリットによって収益性を向上させることが求められます。「ケアマネジャーが20名所属する事業所を目指す」と目標を掲げ、2011年から事業拡大を進めました。

――事業拡大は順調に進みましたか?

当時、他の居宅介護支援事業所は事業拡大の方針を取っていなかったため、当社は事業拡大が進むに従ってご利用者も増える、という形で順調に拡大することができました。

――事業の拡大によって得られたメリットは、収益性の向上以外にもありましたか?

収益性の向上以外では、「支援困難事例にも対応できるようになった」という点が大きいです。ケアマネジャーの人数が増えれば、事例について事業所内で相談できる機会も増えますし、支援困難事例への対応実績が増えることで外部からの信頼も高まります。

支援困難事例への対応が増えることで特定事業所加算(Ⅱ)も取得できるようになり、事業拡大の方針と事業所の成長が相乗効果で上手く結びついたと思っています。「サービスの質を高め、ご利用者に選ばれる事業所となる」という、独立採算制を取った本来の目的も達成できるようになりました。

また、事業の拡大で多くの事例を担当できるようになり、個々のケアマネジャーもスキルアップし、ご利用者からより多くの感謝の言葉をいただける、という好循環が生まれており、スタッフもそこに働きがいを強く感じています。

――居宅介護支援事業所は事業拡大のメリットがよくわかりました。一方、7事業所を展開するデイサービスはそれぞれサービス内容が異なりますが、多様なサービスを提供するのはどのような戦略でしょうか?

良いデイサービスの形が1つできれば、そのビジネスモデルを横展開して拡大するという戦略もありますが、デイサービスのバリエーションを増やすことは、それだけご利用者の選択肢が増えることにつながります。当社のデイサービスが「地域の中でご利用者に選ばれる」確率を高める戦略を取りました。

とはいえ、多角化の源泉はご利用者のニーズあってこそです。既存のデイサービスのご利用者にアンケートを取るなど、どのようなサービスが求められているか綿密にリサーチし、事業所を増やしています。

ご利用者には、各デイサービスの特徴がわかりやすい資料を使って説明する(提供:有限会社サーバント)

――デイサービスの事業拡大は、ご利用者のニーズは満たせる一方、職員にとっては働きやすい環境となっていますか?

産休・育休から復帰するスタッフが自分の希望に応じて、1日型、半日型のデイを選べたりします。働き方の自由度を高める上でも、サービスの多角化が一役買ってくれていますね。

また、事業所が増えればその分責任者、管理者のポジションに就くスタッフも必要になってきます。当社でキャリアアップをしていきたいと考えるスタッフにとって、事業拡大で管理職のポジションが増えることはモチベーションにも繋がると思います。

地域ニーズに応え、共生型サービスにも事業拡大

――共生型の障害福祉サービスも始められていますが、その背景を伺えますか?

「医療的ケア児・障害児を対象にした障害福祉サービスが地域に足りない」という課題感を当社のスタッフが抱いており、その課題感に共感した代表が、新規サービスの立ち上げにGOサインを出しました。

――「地域のニーズに応えるため」の事業拡大なのですね。

ただ、独立採算制の考えに基づくと、障害福祉サービス単体では利益を出せるビジネスモデルが中々生み出しにくい課題がありました。介護保険のデイサービスと児童発達支援・放課後等デイサービスを合わせた共生型にすることで、単独で事業として成り立つようにしています。

共生型の児童発達支援・放課後等デイサービスを提供する「R&B」(提供:有限会社サーバント)

――スタッフの獲得はどのように進めたのでしょうか?

デイサービスのスタッフで障害福祉を経験している者に打診をする他、大部分はこのサービスのために新規で採用を行いました。

――すべてのサービスは、ご利用者の声に応えるところから始まっているのですね。

社名の由来となった「servant」には“従者”という意味もあります。当社はご利用者の生活を支える杖のような存在でありたいと常に思っています。今後も地域のご利用者の声に耳を傾け、その思いに真摯に応えていきたいですね。

取材メモ

取材を通して驚いたのは、子育て世代が働きやすい職場にするため特別な取組を行ったことで採用数が増えたのではなく、創業当時からそのような姿勢だったということでした。田中さんは「代表に先見の明があった」と話していましたが、正に今の時代に即した考え方だと思います。

創業当時からの姿勢が、社員一人一人が納得感を持って働ける「社風」になっているからこそ、産休・育休を取得し、復帰した人が、今度は他の人を支える側に回ることで「多様な働き方」を実践できるのだと感じました。

今回のとなりの介護事業所は?

田中野一(たなかやいち)

主任介護支援専門員、介護福祉士

埼玉県介護支援専門員協会の理事や地域のケアマネジャー団体の代表を歴任し、有限会社スマイル・ライフ・サポート取締役も務める。現在はサーバントの人事・労務管理を担当。

ケアマネジャー事務所サーバント

埼玉県富士見市を中心に、居宅介護支援、デイサービスなど多様な介護事業を展開。デイサービスの事業所名は「The DS」「R&B」「aruku」「三四五(みよい)」など、機能や役割を表すネーミングで地域の中でも差別化を図る。ご利用者や行政、地域のケアマネジャーにも覚えてもらいやすいとのこと。

サービス種別:デイサービス、福祉用具、住宅改修、居宅介護支援、共生型児童発達支援・放課後等デイサービス

住所:埼玉県富士見市勝瀬743-1

運営:有限会社サーバント

働きたいエリアに「賞与あり」の
求人はどれくらいある?
介護職員・ヘルパー
賞与・ボーナスあり
求人一覧
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

精神科に特化した訪問看護事業「訪問看護ステーション デライト」を東京都内で展開する、H&Hホールディングス。2019年には営業所も含めて新たに7事業所を開設するなど、精神科訪問看護へのニーズの高まりに合わせて事業を展開していま...
1999年に設立し、現在は2,000名弱の職員と共に100事業所以上で介護サービスを提供する、社会福祉法人 奉優会。その成長の原動力には、設立当初からの法人理念として「女性が働きやすい環境づくりに注力」してきたことと、近年では「ダイバ...
1999年に設立し、現在は2,000名弱の職員と共に100事業所以上で介護サービスを提供する、社会福祉法人 奉優会。その成長の原動力には、設立当初からの法人理念として「女性が働きやすい環境づくりに注力」してきたことと、近年では「ダイバ...
東京都江東区・江戸川区・墨田区・中央区で、訪問看護、居宅介護支援のサービスを提供する「アオアクア」。難病、小児、障がい、終末期など、得意とする分野は多岐に渡り、地域の在宅医療・介護を支えています。 こちらでは、創業以来9年連続で職員...
障がい者と保護犬・保護猫が共に暮らすというペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」。事業を展開するアニスピホールディングスによると、参画法人による運営も含め、全国で170か所以上(※1)の事業所が誕生し、入居者と保護犬...
介護の現場から日本を元気にしたいという想いを持つ人たちが開催する、介護業界で働く人が輝ける場である介護甲子園。埼玉県さいたま市と東京都豊島区で介護事業を運営する株式会社ありがたいは、2019年に開催された“第8回介護甲子園”で、事業所...
東京と大阪の都心部で在宅生活を支える介護サービスを一体的に提供している「グッドライフケア」。徹底的に考え抜かれた良いケアをご利用者に提供するために、まずは働く人たちのことを徹底的に考える企業でありたい、という思いから、働く人のための様...
埼玉県川越市で介護事業を営むe-cube care(イーキューブケア)。母体は住宅資材の販売・施行会社で、2010年に介護事業へ参入し、現在は通所介護を中心に複数のサービスを展開しています。 各介護事業間の連携はもちろん、グループ会...
東京都大田区にある「東京マルシェ池上 Yoga & Well Aging Studio」は、椅子ヨガや太極拳などの個性的なプログラムと、農家直送の野菜を使ったランチが人気のデイサービス。しかし、一時は経営難に陥ったこともあると...
東京都豊島区の訪問介護事業所「くれあ訪問介護」は、2019年創業にも関わらず都内全域から利用を希望する声が集まる注目の事業所です。一番の特徴は、スタッフ全員が訪問先で喀痰吸引など医療的ケアを行えること。事業設立の背景や、ニーズの高さに...
神奈川県横浜市で、福祉用具貸与・販売、住宅改修と合わせて居宅介護支援を提供している北全(ほくぜん)。地域の高齢者の在宅生活をサポートするために、福祉用具貸与・販売と居宅介護支援の連携が不可欠だといいます。どのような連携が機能しているの...
横浜市青葉区にある「メリーケアステーション」では、一つの事業所の中で訪問看護ステーションを始め、看護小規模多機能型居宅介護、福祉用具、居宅介護支援事業を提供しています。 この事業所を立ち上げたのは、ベア・オリーブ株式会社代表取締...
東京都調布市で地域密着型通所介護事業を行う「アタマの体操教室 ふくろう舎」。事業所名にもあるように、ここでは脳のトレーニングに役立つプログラムを積極的に提供しています。中でも「学習療法」は、認知症高齢者の脳機能維持・改善に効果があると...
神奈川県横浜市にある「遠藤接骨院ヘルパーステーション」は、地域の接骨院としてスタートし、地域のニーズに合わせて、2000年から介護保険事業を始めました。小規模多機能型居宅介護、居宅介護支援、デイサービス、訪問介護の4事業で、7つの事業...
東京都豊島区にある「マルシモホームヘルプサービス」は、豊島区が全国に先駆けて取り組む「選択的介護」のモデル事業に参画しています。選択的介護とは、保険サービスと保険外サービスの柔軟な組み合わせを可能にするもの。マルシモホームヘルプサービ...
西武池袋線 石神井公園駅から徒歩2分。アクセスの良い好立地に事務所を構える「アデリーケア 練馬事業所」。ご利用者やそのご家族、関係事業所、そして介護職自身…介護に関わるすべての人を明るく照らすことをミッションに掲げる、代表取締役の田近...
横浜市旭区、相鉄線希望が丘駅からほど近い住宅街に事業所を構える、従業員14名の地域密着型デイサービス「ファミリーケア 希望が丘さくら物語」。2019年4月に移転したばかりの事業所では、職員とご利用者の楽しそうな話し声が日常的な光景とな...
介護職の離職理由として2番目に多いのが「結婚・出産・妊娠・育児のため」。働き続けられる環境さえあれば辞めたくない職員も、ライフステージの変化に合わせて離職するしかないという状況が続いています。 2015年にスタートした子ども...
午前10時、朝早くから汗を流す人で賑わうスポーツジムに、高年齢層の会員が続々と到着します。神奈川県横浜市にあるスポーツジム「ワイズ・パーク あざみ野」では、10~13時はデイサービスの時間。早朝の利用者と入れ替わりで、ジム内は要支援・...
介護現場のリスクマネジメントは年々注目されており、2021年度介護報酬改定では施設系サービスの事業者に安全対策担当者を定めることが義務付けられるなど、リスクマネジメント強化の動きがあります。そこで一読しておきたいのが、書籍『事例に学ぶ...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索