女性管理職は4割超え 女性の活躍を支える人事部の環境づくりとは?-社会福祉法人 奉優会-前編

女性管理職は4割超え 女性の活躍を支える人事部の環境づくりとは?-社会福祉法人 奉優会-前編

1999年に設立し、現在は2,000名弱の職員と共に100事業所以上で介護サービスを提供する、社会福祉法人 奉優会。その成長の原動力には、設立当初からの法人理念として「女性が働きやすい環境づくりに注力」してきたことと、近年では「ダイバーシティを意識した採用活動と、Web・SNSを活用した採用・広報戦略」に取り組んできたことが挙げられます。

奉優会の理念を象徴する数字として、女性管理職の割合は法人全体で44%になるとのことです。インタビュー前編では、奉優会が女性が活躍しやすい環境をどのように作ってきたのかについて、人事部長の近藤麻美さんに伺いました。

<インタビュー後編はこちらから>

「Web・SNSで法人の魅力を発信 事業所ごとに発信力を競う仕組みも」

女性管理職の積極登用で活躍を推進

――奉優会では、どのような介護サービスを提供しているのでしょうか。

提供している介護サービスは、特別養護老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、デイサービス、認知症対応型デイサービス、ショートステイ、小規模多機能型居宅介護、訪問介護、居宅介護支援になります。その他、地域包括支援センター、高齢者福祉センター、地域ケアプラザなどの運営にも携わっています。

――サービスの提供規模や、職員の人数はどのくらいになりますか。

東京都世田谷区を中心に、一都二県で104事業所を展開しています。職員の人数は、2020年4月時点で1,989名が在籍しており、この春には新入社員として日本人25名、ベトナムとインドネシアを中心としたEPA採用による13名が新たな仲間として加わりました。

――奉優会では女性が働きやすい環境、制度づくりを設立当初から行っていると伺いましたが、そこにはどのような背景があるのでしょう?

理事長の香取は「女性が自立できる社会を作りたい」との思いから、奉優会の設立以前に家政婦紹介業を行っていました。その思いが奉優会にも受け継がれ、法人全体として女性の活躍を推進しています。

――女性の活躍を推進するため、どのような施策が取られているのでしょうか?

施策は多数ありますが、法人全体の取組の一つとして、女性管理職の積極的な登用を行っています。経営方針として「部長以上の管理職に占める女性の割合を50%にする」という目標を立てており、現在は法人全体における女性管理職が44%となっています。

――女性管理職の登用にあたり、取り組んでいることはありますか?

女性の活躍を推進する姿勢を法人として打ち出していますので、女性職員が管理職へのチャレンジを希望することが多いです。また、そのチャレンジに対し正当な評価を行えるよう、成果主義による評価制度を導入しています。

すべての事業所で、個人の感覚に左右されない明確かつ公平な成果指標を運用しており、管理職が務まると評価された人物はどんどん登用しています。

――個人の実力をしっかり反映する仕組みが取られているのですね。

評価制度が機能していることで、年齢や働き方などにも左右されず、管理職にふさわしいと評価された人物が登用できています。30代で部長に抜擢された女性もいますし、子育て中で時短勤務を活用しながら働く部長もいるんですよ。

ライフスタイルの変化を支える制度を充実

――女性の活躍を推進するため、他にはどのような制度を設けていますか?

無認可保育園しか子供の預け先がなく、金銭的な負担から復職が難しいという声に応え、保育料補助により復職をサポートする「for優キッズサポート」という制度を設けました。また、育児の時短勤務制度については、子供の年齢制限を設けずに時間短縮の延長を認める形を取っています。

――子供が小学校に入学する年度まで、といった時短勤務制度はよく聞きますが、年齢制限を設けないのは特徴的ですね。

お子さんが小学校に上がったばかりの家庭では、学童のお迎えなどでフルタイムの勤務が難しいという職員の声を受け、年齢制限を設けない形に制度を変更しました。時短勤務の延長は1年更新としています。

また、産休・育休中の職員は家にいる時間が長いため、育児や職場復帰への不安を感じることも多いという声がありました。そのような不安を解消するため、産休・育休中の職員と、産休・育休から復職した職員、人事部職員が顔を合わせる研修も年2回ほど行っています。

――研修の内容はどのようなものになるのでしょう?

職場復帰について、実際に時短勤務で働いている先輩ママさんから話を聞いたり、復帰後の勤務について人事部職員に直接相談できたりします。また、育児の悩みを育休中の職員同士で共有したりもしていますね。

「特別養護老人ホーム 目黒中央の家」には事業内保育所が設けられており、研修の際は子供を預けて職員同士で気兼ねなく話すことができる

――出産や育児に関するケアが手厚いと、働く職員にも安心感が生まれそうですね。

その他、子供が生まれてからだけではなく、妊娠が分かった段階からできるかぎりのサポートができるよう、「新任ママさんサポートブック」と呼ばれる産休・育休マニュアルを作成し、妊娠中の女性や事業所の責任者などに配布しています。

――サポートブックにはどのようなことが書かれているのでしょうか。

妊娠が分かった際、勤務中どのようなことに気をつけたらよいかといったことから、出産育児一時金・育児休業給付金といった制度についての説明や、復職までの流れをまとめています。自分で調べたり行政に確認をせずとも、このサポートブックがあれば出産・育児に安心して臨めるというものを目指して作りました。

――職員からの反応はいかがでしょう。

妊娠中の職員からは、どのような手続きをすればよいか分かりやすいと評判です。事業所の責任者からも、妊娠をしている職員への具体的な対応や、会社で定める制度などが把握でき、自信を持って妊娠中の職員に対応できるようになったという声があります。

――こういった数々のサポートによって、産休・育休に入る職員の数も増えていますか?

法人全体で常時30~40名が産休・育休に入っています。女性だけでなく男性の育児休業取得も積極的に促しており、徐々に取得する人が増えてきています。このような環境づくりに取り組んだ結果、当法人での産休・育休からの復職率は98%となっています。お子さんが生まれてライフスタイルが変わっても、引き続き安心して働いてもらえるよう、人事部としても今まで以上に良い制度づくりを進めていきたいですね。

――出産・育児以外のサポートにはどのような制度があるのでしょう?

就業している職員は世代的にご両親を中心とした家族介護に関わることが多く、介護事業を運営する法人として、介護離職をできる限り防ぐのは当然のことと考えています。そのため、当法人職員のご家族が奉優会の施設を利用する際に金銭的補助を行う「for優ケアサポート」という制度を設けました。

また、介護を始めとした家庭の事情などで、どうしても離職せざるを得ない人が出てくることもあります。そのような場合に家庭環境が落ち着き、奉優会でもう一度働きたいという意思を持つ人のため、退職時と同様のポジションで再び働くことができる「ウェルカムバック制度」を設けました。

職員満足度調査から、働きやすい仕組みを制度化

――ここまで沢山の制度をご紹介いただきましたが、これらはどのような形で制度化を進めたのでしょうか。

毎年行っている職員満足度調査(ES調査)の結果から課題を抽出したり、管理者が行う職員との定期面談で得られた個別の困りごとやニーズなどを人事部が拾い上げ、それらの解決につながる制度を提案し、実現してきました。

――職員満足度調査とはどのようなものですか?

毎年1回、無記名回答で実施する調査で、人事制度の効果測定や各事業所の課題抽出などに利用しています。人事制度の効果測定では法人の良いところ、制度の改善を希望するところなどについて、職員が意見を積極的に書いてくれるため、その調査結果を参考に制度の見直しを進めたりもします。

――職員一人ひとりの声を拾う、というのは中々大変そうですが。

少数の意見に対し、その人だけ特別扱いをするのではなく、会社全体の仕組みとして整備していくようにしています。そのことで、声を上げていない他の職員にも役に立つ仕組みとなっていくことを実感しています。約2,000名の職員一人ひとりの声をきっかけに「こういう制度があれば奉優会で働き続けられる」というものを仕組み・制度化していくことで、結果として働きやすい職場が実現していくことになります。

――そのような制度の積み重ねが、「くるみん」マーク取得や「えるぼし」認定など、働きやすさの証明にもなっているのですね。

おかげさまで、当法人の取組を様々な形で評価いただいています。また、女性の活躍推進を始めとした数々の制度が東京都に評価され、平成30年には「東京都女性活躍推進大賞 優秀賞」をいただくことができました。

東京都女性活躍推進大賞 贈呈式の様子(提供:社会福祉法人 奉優会)

――そのように作られてきた数々の制度を、社内に効果的に周知するため、どのような方法を取られているのでしょう?

職員の人数が多いため、一人ひとりに直接届けることは難しい部分があります。事業部長が集まる会議等で制度について都度案内したり、その他には年1回開催する事業計画発表会や、事例研究発表会で労務課の活動結果を報告したりしています。

――事例研究発表会とはどのようなものでしょうか。

毎年、社内外含め400人超が参加するイベントとなっていまして、介護事業所であれば「このようなケアが利用者様に効果的であった」など、各事業の取組を発表する機会です。その中で人事部も、その年度に実施した制度や仕組みの結果や、今後このような制度化を行っていく予定である、ということを広めていくようにしています。

――最後に、女性の活躍推進に限らず、人事部としてこれから制度化を予定しているものなどはありますか?

介護業界で離職原因の一つとも言われる「人間関係」についても、これまで職員同士が感謝の気持ちを伝え合うサンキューカードなどを制度化し、改善に努めてきました。今後はシステム上でサンキューカードを送り合えるようにし、サンキューカードを受け取った枚数が処遇にも直接反映されるなど、よりダイレクトに自分の評価として返ってくるようにしていければと思います。職員同士がお互いの良いところをより褒め合いやすくなる制度で、人間関係が一層良くなってくれればと考えています。

※本インタビューは2020年1月23日に取材を行いました

取材メモ

設立当時からの理念である「女性が働きやすい環境づくり」に向け、職員一人ひとりの声を取り入れて制度化を重ねてきた、その積み重ねが復職率98%という数字や、女性活躍推進大賞の受賞に繋がっているのだと実感できました。また、そのような制度づくりを進めていくため、人事部の皆さんが実際に、職員一人ひとりの声と向き合われている様子が今回のインタビューでわかりました。

今回のとなりの介護事業所は?

近藤麻美(こんどうまみ)

社会福祉法人奉優会 管理本部 人事部 部長。2009年6月 奉優会に入職。人事、労務部門を経て現在は人事部長と労務の責任者を兼務し、採用、研修、労務等全般の管理に携わる。犬と猫を1匹ずつ飼っており、仕事を離れた時はペットと触れ合う時間が癒しとなっているそう。

特別養護老人ホーム 目黒中央の家

東京都世田谷区を中心に、100拠点以上を展開する社会福祉法人。2019年にオープンした「特別養護老人ホーム 目黒中央の家」では事業内保育所や、職員同士の打ち合わせ、地域住民の集まりにも活用できるコミュニティスペースが設けられており、地域社会と融和した介護施設を目指している。

サービス種別:特別養護老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、デイサービス、認知症対応型デイサービス、ショートステイ、小規模多機能型居宅介護、訪問介護、居宅介護支援

住所:東京都世田谷区駒沢1-4-15 真井ビル5階

運営:社会福祉法人 奉優会

働きたいエリアに「賞与あり」の
求人はどれくらいある?
介護職員・ヘルパー
賞与・ボーナスあり
求人一覧
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

精神科に特化した訪問看護事業「訪問看護ステーション デライト」を東京都内で展開する、H&Hホールディングス。2019年には営業所も含めて新たに7事業所を開設するなど、精神科訪問看護へのニーズの高まりに合わせて事業を展開していま...
1999年に設立し、現在は2,000名弱の職員と共に100事業所以上で介護サービスを提供する、社会福祉法人 奉優会。その成長の原動力には、設立当初からの法人理念として「女性が働きやすい環境づくりに注力」してきたことと、近年では「ダイバ...
人手不足が続く介護業界にあって、2年に1事業所のペースで事業拡大を続けているサーバント。事業成長の秘訣は、子育て世代とシニア世代の活躍を打ち出した職員採用・定着の取組と、各事業が独立採算制を取っていることにあるそうです。 多様な働き...
東京都江東区・江戸川区・墨田区・中央区で、訪問看護、居宅介護支援のサービスを提供する「アオアクア」。難病、小児、障がい、終末期など、得意とする分野は多岐に渡り、地域の在宅医療・介護を支えています。 こちらでは、創業以来9年連続で職員...
障がい者と保護犬・保護猫が共に暮らすというペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」。事業を展開するアニスピホールディングスによると、参画法人による運営も含め、全国で170か所以上(※1)の事業所が誕生し、入居者と保護犬...
介護の現場から日本を元気にしたいという想いを持つ人たちが開催する、介護業界で働く人が輝ける場である介護甲子園。埼玉県さいたま市と東京都豊島区で介護事業を運営する株式会社ありがたいは、2019年に開催された“第8回介護甲子園”で、事業所...
東京と大阪の都心部で在宅生活を支える介護サービスを一体的に提供している「グッドライフケア」。徹底的に考え抜かれた良いケアをご利用者に提供するために、まずは働く人たちのことを徹底的に考える企業でありたい、という思いから、働く人のための様...
埼玉県川越市で介護事業を営むe-cube care(イーキューブケア)。母体は住宅資材の販売・施行会社で、2010年に介護事業へ参入し、現在は通所介護を中心に複数のサービスを展開しています。 各介護事業間の連携はもちろん、グループ会...
東京都大田区にある「東京マルシェ池上 Yoga & Well Aging Studio」は、椅子ヨガや太極拳などの個性的なプログラムと、農家直送の野菜を使ったランチが人気のデイサービス。しかし、一時は経営難に陥ったこともあると...
東京都豊島区の訪問介護事業所「くれあ訪問介護」は、2019年創業にも関わらず都内全域から利用を希望する声が集まる注目の事業所です。一番の特徴は、スタッフ全員が訪問先で喀痰吸引など医療的ケアを行えること。事業設立の背景や、ニーズの高さに...
神奈川県横浜市で、福祉用具貸与・販売、住宅改修と合わせて居宅介護支援を提供している北全(ほくぜん)。地域の高齢者の在宅生活をサポートするために、福祉用具貸与・販売と居宅介護支援の連携が不可欠だといいます。どのような連携が機能しているの...
横浜市青葉区にある「メリーケアステーション」では、一つの事業所の中で訪問看護ステーションを始め、看護小規模多機能型居宅介護、福祉用具、居宅介護支援事業を提供しています。 この事業所を立ち上げたのは、ベア・オリーブ株式会社代表取締...
東京都調布市で地域密着型通所介護事業を行う「アタマの体操教室 ふくろう舎」。事業所名にもあるように、ここでは脳のトレーニングに役立つプログラムを積極的に提供しています。中でも「学習療法」は、認知症高齢者の脳機能維持・改善に効果があると...
神奈川県横浜市にある「遠藤接骨院ヘルパーステーション」は、地域の接骨院としてスタートし、地域のニーズに合わせて、2000年から介護保険事業を始めました。小規模多機能型居宅介護、居宅介護支援、デイサービス、訪問介護の4事業で、7つの事業...
東京都豊島区にある「マルシモホームヘルプサービス」は、豊島区が全国に先駆けて取り組む「選択的介護」のモデル事業に参画しています。選択的介護とは、保険サービスと保険外サービスの柔軟な組み合わせを可能にするもの。マルシモホームヘルプサービ...
西武池袋線 石神井公園駅から徒歩2分。アクセスの良い好立地に事務所を構える「アデリーケア 練馬事業所」。ご利用者やそのご家族、関係事業所、そして介護職自身…介護に関わるすべての人を明るく照らすことをミッションに掲げる、代表取締役の田近...
横浜市旭区、相鉄線希望が丘駅からほど近い住宅街に事業所を構える、従業員14名の地域密着型デイサービス「ファミリーケア 希望が丘さくら物語」。2019年4月に移転したばかりの事業所では、職員とご利用者の楽しそうな話し声が日常的な光景とな...
介護職の離職理由として2番目に多いのが「結婚・出産・妊娠・育児のため」。働き続けられる環境さえあれば辞めたくない職員も、ライフステージの変化に合わせて離職するしかないという状況が続いています。 2015年にスタートした子ども...
午前10時、朝早くから汗を流す人で賑わうスポーツジムに、高年齢層の会員が続々と到着します。神奈川県横浜市にあるスポーツジム「ワイズ・パーク あざみ野」では、10~13時はデイサービスの時間。早朝の利用者と入れ替わりで、ジム内は要支援・...
介護現場のリスクマネジメントは年々注目されており、2021年度介護報酬改定では施設系サービスの事業者に安全対策担当者を定めることが義務付けられるなど、リスクマネジメント強化の動きがあります。そこで一読しておきたいのが、書籍『事例に学ぶ...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索