有料老人ホームの夜勤の実態とは?仕事内容、夜勤手当はいくら?

有料老人ホームの夜勤の実態とは?仕事内容、夜勤手当はいくら?

有料老人ホームは、食事の提供、掃除や洗濯などの家事援助、介護、健康管理のうち、いくつかのサービスを提供する施設です。多くの施設では24時間スタッフが常駐するため、夜勤が必要となります。夜勤は大変だという印象もありますが、夜勤手当が出るなど賃金が高いため、魅力でもあります。気になる仕事内容、夜勤手当などをお伝えします。

有料老人ホームの種類と夜勤の違い

有料老人ホームにはいろいろな種類がある

さて、有料老人ホームと一言にいっても、そこに住んでいる方の要介護度や健康状態、提供サービスによって、いくつかの種類があります。

  • 健康型有料老人ホーム
  • 健康型は、自立した高齢者のみを対象としています。

  • 住宅型有料老人ホーム
  • 介護が必要となった人は、要介護認定を受けて、外部の訪問介護サービスなどを利用します。ただし、併設の訪問介護サービスなどを運営していることもあります。その場合は、その施設と兼務で、介護サービスの仕事をすることになる場合もあります。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 介護付き有料老人ホームは、介護保険による「特定施設入居者生活介護」の指定を受けたホームで、介護が必要でない人も入居できる混合型と、介護専用型とあります。原則として同じスタッフがすべてのサービスを提供します。

有料老人ホームの夜勤の仕事内容

ある施設でのタイムテーブルの例です。

17:00 出勤:職員からの引継ぎ事項を口頭や連絡ノートなどで確認します。
巡回:施設の居室やリビングなどをご利用者にあいさつしながら、巡回します。
17:30 夕食準備と配膳:夕食のアナウンスをし、来ない人は迎えに行きます。
18:00 夕食介助と見守り:必要な人には食事介助を行い、むせこみや事故がないかどうかも見守ります。
18:40 下膳と洗い物
20:00 巡回・見守り:決められた回数を巡回します。要注意のご利用者がおられる場合は、注意して見守ります。
コール:対応居室からのコールに対応します。
記録:個人の記録を付けます。PC入力のところが多いですが、まだ手書きのところもあるようです。
介護排泄介助:オムツ交換など
5:00 起床準備
6:00 起床介助
7:30 朝食準備と配膳
7:30 朝食準備と配膳
7:30 朝食準備と配膳
8:00 朝食介助と見守り、投薬
8:30 朝礼と引き継ぎ ~ 記録の続き
9:00 終了! おつかれさまでした。

有料老人ホームの夜勤の仕事内容

メリット

  • 賃金が高い
  • 一番のメリットは、賃金が高い点です。深夜割増手当、夜勤手当などが付き、時間あたり計算で高くなります。

  • ダブルワークがしやすい
  • 昼間ほかの仕事についている人がダブルワークとして選ぶことがあります。ただし、責任の重い仕事なので、ダブルワークを禁止する施設もあります。

  • 自分の時間が持てる
  • 体力がある方ならば、昼間に自分の時間を持つことができます。また、勤務中も施設によっては、落ち着いており夜間のコールなどが少ないところもあり、おだやかに過ごせる施設もあるようです。逆に、頻回コールで呼び出されるなど、実際に行ってみないとわからない面があります。加えて、昼間の介護の仕事に比べて、職員同士の人間関係のわずらわしさが少ないという点で、あえて夜勤専従を選んでいる人もいるようです。

デメリット

  • 夜間の人員配置が少ないため荷が重い

    昼間は複数の職員と一緒に働くため、何かあった時に相談したり、お互いフォローしあったりしながら働くことができます。

  • 非常事態への対応力が求められる
  • ご高齢の方は、普段元気に見えていても徐々に体力が弱ってきていることがあります。突然転んで怪我をしたり、心臓や脳梗塞などの発作を起こすこともあり得ます。その場合は、AEDを用いた非常措置や救急車を呼ぶなどの対応が求められます。また夜間でも施設責任者への報告や発生時の状況報告をまとめるなど、慌てずに必要な処置や行動を起こすことが求められます。非常事態への対応の仕方は、施設によって違いますので、確認しておきましょう。

  • 昼夜逆転による体への負担がある
  • もうひとつのデメリットは、自分自身の体に関するもので、昼夜逆転の生活を送ることで、生体のリズムが狂ってしまって、体調を崩しやすくなる可能性があります。帰宅後にすぐ眠れるかなど、人によって合う、合わないがあります。年齢が若い方が比較的適応しやすいようです。

有料老人ホームの夜勤の人員配置

介護付き有料老人ホームの場合

要介護者3人に対して職員1人、要支援者10人に対して職員1人以上が配置されることが法律で規定されています。あまり人手を必要としない夜間は、看護職員、または介護職員が1人以上いることが要件となっています。遅番者や早番者と、食事介助や起床・就寝介助を一緒にやるところも多いです。

有料老人ホームの夜勤の勤務時間・勤務回数

夜勤の勤務時間

施設によって様々ですが、例を挙げてみます。

A老人ホーム 16:30 ~ 翌9:30 休憩2時間 計15時間勤務
B老人ホーム 17:30 ~ 翌10:00 休憩3時間 計13.5時間勤務
C老人ホーム 16:45 〜 翌9:45 仮眠3時間 計14時間勤務

月の夜勤回数

社員の場合は、月に4~5回程度が多いようですが、施設によっては、7~8回、夜勤専従では、本人の希望と施設の状況と合わせて、週1~3回などとシフトが決まり、月数回から、多くて10~12回ほどになる場合もあります。

仮眠や休憩時間

  • 休憩時間
  • 一般に120分程度です。しかし、非常事態やコール、介護の業務が多い場合、実態としては休み時間が少なくなることもあります。また、時間内に記録を終わらせるために、休憩時間を削ってパソコンに向かうような現場もあることでしょう。

    ※労働基準法に違反がない範囲で行われることが前提です。

  • 仮眠
  • 仮眠は、休憩時間として書いてある場合と、「仮眠時間3時間」(交代制)などと記載がある施設もあります。交代要員がいて休憩時間が長い場合、あるいは施設のご利用者の自立度が高く、落ち着いていれば、多少の仮眠を取ることができるでしょう。

  • 施設の職員スペースの設備や環境
  • 仮眠室として、畳の部屋やソファなどがあるところは、ちょっと横になるだけでも身体を休めることができます。逆に記録用の机と椅子しかないような施設もあります。

有料老人ホームの夜勤手当

介護職員の夜勤の額は、お持ちの資格や経験、地域などでも違ってきます。

下記では2ホームの労働条件を例に夜勤手当の額を比較してみました。

A老人ホーム

勤務時間20:00~翌9:00 休憩120分 労働時間11時間休憩は深夜1:00~3:00で取得

時間給1,000円で夜勤手当は下記のように計算されます。

20:00~22:00(2:00 通常勤務)・・・1.0倍

22:00~1:00(3:00 夜勤帯勤務)・・・1.25倍

3:00~5:00(2:00 夜勤帯勤務)・・・1.25倍

5:00~6:00(1:00 通常勤務)・・・1.0倍

6:00~9:00(3:00 残業勤務)・・・1.25倍

基本賃金:11,000円

夜勤手当:1,250円

残業手当:750円

B老人ホーム

勤務時間16:00~翌5:00 休憩120分 労働時間11時間 休憩は20:00~22:00に取得

時間給1,000円で夜勤手当は下記のように計算されます。

16:00~20:00(4:00 通常勤務)・・・1.0倍

22:00~2:00(4:00 夜勤帯勤務)・・・1.25倍

2:00~5:00(3:00 夜勤帯・残業勤務)・・・1.5倍

基本賃金:11,000円

夜勤手当:1,750円

残業手当:750円

同時間数での勤務ですが、始業時間や休憩を取る時間により、夜勤手当の額が異なる点が確認できます。

週に30時間以上働く場合

社会保険に加入するため、保険料が引かれて給与支払いがなされます。国民健康保険や国民年金を個人で支払っていた場合には支払う必要がなくなり、会社負担のある厚生年金を掛けてもらうことができます。

※一部企業では週の労働時間が20時間以上を対象としている場合があります。

夜勤専従の正社員

正社員になると、福利厚生などが充実し、資格手当、住居手当、賞与などが付くところもあります。

派遣社員

都内の派遣会社などでは、1回25,000円以上になるところもあります。

地域や施設によって違う

賃金については、その地域の最低賃金額や施設の方針などによって違いますので、まずは一夜勤あたりの賃金、拘束時間で比較し、それから社会保険や研修制度など、ほかの条件も比較していくのがよいかと思います。

有料老人ホームの夜勤求人に応募する際の注意点

  1. ハローワークで探す
  2. 全国のハローワークの窓口や検索機、webサイトの検索も便利です。また、福祉関連に特化した福祉人材コーナーもあります。

  3. インターネットで探す
  4. 介護職に特化した求人サイトで探します。一例として介護求人サイトの「カイゴジョブ」の場合、http://www.kaigojob.com/ から夜勤専従の求人や夜勤ありの求人を探します。求人誌で探す駅などで配布の求人フリーペーパーを見て探すことも可能です。

  5. 人材派遣会社を利用する
  6. 人材派遣会社のwebサイトで検索したり、会員登録したりして、地域や勤務形態などの希望を出すと、それに合った案件を紹介してくれます。カイゴジョブパートナーズでも有料老人ホームのお仕事を多数ご案内しております。

応募の際の注意点

次のことを注意して職場を選びましょう。

  1. 仕事の量
  2. 要介護度が高い施設は、介護労働をたくさん行うことになります。逆に自立者や落ち着いている人が多い場合には、静かに過ごせる時間が多くなります。

  3. ご利用者の数、職員の数
  4. あまり多くの人数をひとりで見ることになると、その分手や目が行き届かず、時間不足になりがちです。

  5. 緊急対応の方法
  6. 万一の場合の対応については、自分自身で判断できないこともあるので、確認しておいた方が安心です。

  7. 施設の環境
  8. さきほども述べましたが、休憩室などの環境などもさりげなくチェックできるとよいです。働いている職員やご利用者の表情なども、さりげなく観察されるとよいと思います。

無資格・未経験の場合

夜勤職は数が足りていないため、無資格・未経験でもOKという求人が出ている職場も少なくありません。排泄介助など専門的な介護の仕事は、習って覚えることが多いです。そのため、基本的には当初から1人体制で夜勤をすることはほぼあり得ず、先輩の職員について仕事を覚えるということになると思います。場合によっては、まず施設の雰囲気に慣れてもらうため、日勤の仕事を何度かこなしてから、ひとり立ちという施設もあります。仕事になかなか慣れない場合などは、夜勤をまかせられないということで、思ったような役割にならない場合もあります。

まとめ

夜勤は賃金が高いですが、何よりも身体を壊さず、長く働き続けられることがベストです。様々な施設の中から、あなたに合った職場を見つけ、利用者様にも充実した生活を送っていただけることが望ましいです。

カイゴジョブでは、職種はもちろん、場所や雇用形態など様々な条件を絞って介護の仕事を探すことが出来ます。ご自身の状況に合った求人を探してみて下さい。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

住宅型有料老人ホームの「介護スタッフ募集」の求人情報が気になっている方は、「どのような仕事を行うのかな?」「仕事はきついのかな?」などの疑問をお持ちではありませんか? 今回は、住宅型有料老人ホームで働く介護スタッフの仕事内容やについ...
近年施設数が急増している有料老人ホーム。施設で働く介護スタッフの需要も高まっていることから、介護職として就職や転職を検討している方は、有料老人ホームの求人情報を目にする機会も多いのではないでしょうか。 そこで、有料老人ホームで働く際...
有料老人ホームに就職を考えている人や有料老人ホームで働いていて給料に満足していない人は、「有料老人ホームの給料ってどれくらいなんだろう?」「どうすれば給料アップできるのかな?」ということに関心をお持ちではないでしょうか? この記事で...
仕事を探している皆さんは、求人情報で住宅型有料老人ホームの「介護スタッフ募集中!」を見かけて「住宅型有料老人ホームってどんな施設なんだろう?」「どんな仕事をするんだろう?」などの不安を感じて、応募するのを躊躇していませんか? ここで...
介護の現場で専門職として活躍しているケアマネジャー。その多くは、居宅介護支援事業所で働いています。しかし転職を考えている人には、介護付有料老人ホームの求人情報が気になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか? ここでは、介護付有...
高齢化率上昇に伴い、介護職の活躍する場が広がっていますが、職場選びに迷うことも増えていませんか? ここでは、住宅型有料老人ホームの特徴や仕事内容をご紹介していますので、住宅型有料老人ホームへ就職をお考えの方は、ぜひご一読ください。 ...
履歴書の志望動機は職場に自分をアピールする項目です。しかし、志望動機が上手にまとまらず、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは有料老人ホームに応募する介護職員の志望動機を作成するポイントをご紹介しますので、ぜひご...
介護職として老人ホームで働くことを考えている方にとって、就職するために必要な資格があるのかどうかは気になるポイントでしょう。求人情報を見ていると「無資格の方 歓迎」や「要 介護職員初任者研修」など、その職場によって応募条件は様々です。...
特別養護老人ホームや有料老人ホームなど、高齢者が入居して生活する施設では「夜勤」があります。これまでに夜勤の経験がない方は、夜勤に対する不安感が強いのではないでしょうか。 ここでは夜勤に不安を感じている皆さんへ、夜勤の仕事内容をご紹...
介護職として働く際に大切なことは、自分にあった職場を見つけることです。自分にあった職場が見つかれば、高いモチベーションで仕事に打ち込むことができるでしょう。そのような職場を見つけるためには、それぞれの施設の特徴をしっかりと理解しておく...
有料老人ホームで働いている方、有料老人ホームに就職を考えている方には、将来的に施設長を目指す方も多いのではないでしょうか。しかし、施設長になるために具体的に何をすれば良いのかわからない方も多いでしょう。 ここでは、有料老人ホームの施...
「有料老人ホーム」と一口に言っても、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの種類があり、施設ごとに仕事内容も異なります。この記事では有料老人ホームへの就職を検討している方に、有...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索