介護老人保健施設の介護職員の仕事内容とは?

介護老人保健施設の介護職員の仕事内容とは?

介護老人保健施設の求人情報に魅力を感じた方には、「介護老人保健施設ってどんな施設なんだろう?」「どんな仕事をするのかな?」と仕事内容が気になっていませんか?

ここでは、介護老人保健施設の介護職の仕事内容について詳しく紹介しますので、ぜひご一読ください。

「介護老人保健施設」とは

介護老人保健施設は、要介護1以上の高齢者が、在宅復帰を目指して医療、介護、リハビリを受けながら生活する施設です。医療やリハビリを提供する施設として介護老人保健施設には、医師をはじめ、看護職、リハビリ職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)など、多くの医療職が働いています。そのような環境の中で、介護職員も日常生活での状況を共有し、医療職、リハビリ職と連携する機会が多い職場となっています。

介護老人保健施設の介護職員の仕事

仕事内容

介護職員の仕事内容は、食事介助、入浴介助、排泄介助、移乗介助、移動の介助、体位変換、見守りなど介護業務全般を担います。その他にも、レクリエーション、イベントの企画・実行なども担っています。

1日の流れ

6:00 朝食準備、起床介助
7:00 食事介助
8:00 後片付け、掃除
9:30 リハビリ室へ移動介助、入浴介助
11:00 昼食準備
12:00 食事介助
13:00 後片付け、レクリエーション
15:00 おやつ
16:00 リハビリ室へ移動介助、入浴介助
17:00 夕食準備
18:00 食事介助
19:00 個別介助、見守り
20:00 就寝介助
21:00 消灯、朝まで巡回、ナースコール対応

仕事のやりがい

介護老人保健施設の仕事のやりがいは、「入所者が在宅復帰する姿を見送ること」と答える方が多いでしょう。入所者の機能回復や維持を日々見守り、実感できる介護職は、在宅復帰という結果が大きな喜びになるでしょう。それ以外にも、介護職として働くことは「人の役に立っている」「感謝される」などにやりがいを感じること、他の専門職との連携が多いので勉強になることにやりがいを感じることがなどの意見がありました。

介護老人保健施設の介護職の志望動機

介護老人保健施設へ応募を考えている人は、「志望動機はどうしようかな?」と迷っていませんか?これまで説明した通り、介護老人保健施設は在宅復帰を目標にリハビリに力を入れています。介護職員としても、施設の目的や取り組みに合わせて、「介護職として成長したい」という想いを含めると良いでしょう。また、介護老人保健施設の入所期間が比較的短いため、「多くの経験を得ることができて、介護職として成長できる」ことも志望動機として良いでしょう。

介護老人保健施設の介護職の応募条件

介護老人保健施設の求人情報を確認すると、介護職は「無資格・未経験可」の求人情報も「介護職員初任者研修の有資格者」の条件がある求人情報もありました。また、「無資格・未経験可」の求人情報でも、有資格者は資格手当など給料面に差がある求人が多いので、皆さんの状況に合わせて就職前に資格取得を検討しましょう。

まとめ

介護老人保健施設では、医師、看護職、リハビリ専門職など多職種と連携して介護を行います。それぞれの職種が持つ視点を学ぶことができるので、貴重な経験を積むことができる職場です。この記事でご紹介した内容を参考に、皆さんが希望の職場へ就職できることをお祈り申し上げます。

カイゴジョブの介護老人保健施設(老健)の求人
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

で介護の求人を 検索