介護老人保健施設の介護職員の給料は高い?

介護老人保健施設の介護職員の給料は高い?

「もう少し給料を上げたい」「もっと給料の良いところへ転職したい」と思って転職を考えている人は多いのではないでしょうか?介護業界には様々な介護施設・事業所がありますが、給料が高い職場として夜勤がある施設・事業所が挙げられます。

ここでは、夜勤がある職場として「介護老人保健施設」をピックアップしてご紹介します。

「介護老人保健施設」とは

介護老人保健施設は、要介護高齢者が在宅復帰を目指して、医療、リハビリ、介護、日常生活の支援などを受ける施設です。医師、看護職員、リハビリ専門職、支援相談員、介護支援専門員、介護職員、栄養士などが多くの職種が働いています。

介護老人保健施設の介護職員の仕事内容

介護老人保健施設の介護職員は、入所者の日常生活全般を支援します。具体的には食事の介助、起床・就寝の介助、おむつ交換や排泄介助、入浴介助、掃除、趣味活動の支援などを行います。支援を行う上で、他の職種との連携は重要ですが、介護老人保健施設では特に医療職・リハビリ専門職と情報共有、連携の機会が多いことが特徴として挙げられます。

介護老人保健施設の介護職員の給料

「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、介護老人保健施設の介護職員(常勤)の平均月給は、317,350円になっています。これは、無資格者・有資格者、経験年数が長い人を含めて、基本給・各種手当・賞与の合計から1月あたりの金額を計算しています。あくまで平均値なので、実際の求人情報では基本給の金額、手当の種類・金額、賞与の有無・金額などは様々です。

手当にはどんな種類があるの?

資格手当

取得した資格に応じて支給される手当です。資格の種類によって金額は様々ですが、実務者研修に5,000円~8,000円、国家資格である介護福祉士10,000円~15,000円ほどの金額が支給されているようです。また、それ以外にも社会福祉士や介護支援専門員などの資格にも手当が支給されることがあるようです。

夜勤手当

夜勤をすることで支給される手当です。深夜勤務をした場合には、労働基準法で割増賃金を支払うことが義務付けられています。この割増賃金として夜勤1回あたり定額を設定して3,000円~10,000円ほどの金額が支給されているようです。 

通勤手当

通勤に必要な交通費を手当として支給しています。「月額○○円まで」などの上限を設けていることが多いでしょう。

役職・職務手当

主任や課長などの役職や、医療的ケアの実施など業務内容に応じて支給される手当です。また役職に就く場合は、その役職に応じて基本給の金額が昇給する制度が設けられていることもあります。

時間外・残業手当

通常の勤務時間以外の勤務に対して支払われる手当です。こちらも労働基準法で支給が定められているため、時間外労働を行った場合は、その状況に合わせた賃金や割増賃金が支給されます。

住宅手当

従業員が支払っている家賃の一部を補助するための手当です。

処遇改善手当

介護職員のための賃金改善、キャリアアップの仕組み作り、職場環境の改善などの算定要件を満たすことで、施設が介護報酬の介護職員処遇改善加算や介護職員等特定処遇改善加算を算定できます。この算定した金額は、基本的に介護職員等の賃金改善に充てることになり、支給する手当の名称として「処遇改善手当」「特定処遇改善手当」が使用されています。

賞与

賞与の支給の有無・金額は施設によって異なりますが、支給がある施設の求人情報では基本給の2~4ヵ月分が多いようです。

介護老人保健施設の介護職員が給料を上げるには

資格取得

多くの介護老人保健施設で取得した資格に応じた資格手当を支給しています。そのため「介護職員初任者研修修了」「実務者研修修了」「介護福祉士」などの資格を取得することによって給料アップが期待できます。

夜勤

介護老人保健施設には夜勤があります。夜勤に従事することで夜勤手当が支給されますから、夜勤の回数を増やすことで、同じ労働時間でも給料が高くなります。

経験を積む

その職場で経験を積むことで基本給が昇給する仕組みがある介護老人保健施設は多いでしょう。経験を積むことで、業務の範囲が拡がることなどが評価されます。

まとめ

介護老人保健施設の給料について説明しましたが、参考になりましたか?

介護老人保健施設へ転職を考えているのでしたら、基本給・手当・賞与なども含めて複数の求人情報を比較して、求人情報に応募しましょう。そして、応募の面接で昇給などのシステムを確認することで、就職時と将来を見据えて皆さんの希望の給料になるのかを考えるのが良いでしょう。

カイゴジョブの介護老人保健施設(老健)の求人
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、要介護者の心身の状況等に応じた適切な介護サービスが利用できるように、計画・調整を行う専門職です。この介護支援専門員の資格を取得してケアマネジャーとして転職を考えている方には、実務でのつながりなどから...
介護職への就職や転職を検討している人の中には、将来、介護職としてキャリアアップしたいと考えている人も多いでしょう。しかし、どのような介護施設・事業所で経験を積めば自分が望むキャリアを築けるのかがわからない方も多いのではないでしょうか?...
介護職として就職を考えている人や介護老人保健施設の求人情報が気になっている人は、「介護老人保健施設ってどんな施設なんだろう?」「履歴書の志望動機って何を書けば良いのかな?」と思っていませんか? ここでは介護老人保健施設へ応募する志望...
介護保険施設の一つである介護老人保健施設(老健)。介護の仕事に興味がある方や、介護の資格を活かした転職を考えている人の中には、介護老人保健施設を就職先の候補としている人も多いと思います。 この記事では、介護老人保健施設でどのような職...
介護職として就職、転職を考えている皆さんは、介護老人保健施設の求人を見て「どんな施設なんだろう?」「仕事は大変なのかな?」と疑問をお持ちではありませんか? ここでは、介護老人保健施設で働く介護職員の仕事内容についてご紹介しますので、...
介護施設に、介護老人保健施設(老健)という介護サービス種別があります。 ここでは介護老人保健施設の概要と仕事内容をまとめていますので、介護老人保健施設への就職を検討している方はぜひご一読ください。 介護老人保健施設(老健)...
介護老人保健施設の求人情報に魅力を感じた方には、「介護老人保健施設ってどんな施設なんだろう?」「どんな仕事をするのかな?」と仕事内容が気になっていませんか? ここでは、介護老人保健施設の介護職の仕事内容について詳しく紹介しますので、...
作業療法士は、応用動作のリハビリテーションを行う専門職として、医療機関をはじめ、介護施設、障害福祉施設など様々な分野に渡り活躍しています。作業療法士として、現在の職場から転職を考えている人には、今までと違う分野の働き方や待遇面などが気...
理学療法士は、身体機能の機能回復、維持をサポートするリハビリテーションの専門職として、医療分野をはじめ、介護分野など、様々な分野で活躍しています。しかし、転職を考える理学療法士の皆さんは、現在働いている分野以外の情報が少なく、他の分野...
これから介護職として就職する方には、就職先の介護施設・事業所の違いがわからない方も多いのではないでしょうか? この記事では、介護施設として代表的な「介護老人保健施設(老健)」と「特別養護老人ホーム(特養)」の目的や仕事内容の違いにつ...
言語聴覚士は、言語障害や聴覚障害などがある人をサポートする専門職です。医療分野、介護分野、障害福祉分野など様々な分野で活躍していますが、その中でも医療分野に進む人が多く、転職を考えた時に、他の分野での働き方や待遇面などを知りたい人も多...
介護の仕事は、要介護状態の高齢者が自立した日常生活を送ることを支援します。そのために食事や入浴、排せつの介助や、掃除や洗濯といった身の回りの世話などを行います。「お年寄りが好きだから」「人の役に立つ仕事がしたい」など様々な理由で介護の...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索