介護老人保健施設で働くメリット

介護老人保健施設で働くメリット

介護職への就職や転職を検討している人の中には、将来、介護職としてキャリアアップしたいと考えている人も多いでしょう。しかし、どのような介護施設・事業所で経験を積めば自分が望むキャリアを築けるのかがわからない方も多いのではないでしょうか?

ここでは、キャリアアップ・スキルアップのために就職先として選ばれる「介護老人保健施設」について、就職するメリットをご紹介します。

「介護老人保健施設」とは

介護老人保健施設とは、要介護1以上の高齢者が入所し、在宅復帰のために介護や医療ケア、リハビリ等を受けながら生活を送る施設です。医師をはじめ、看護職員、リハビリ専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)、介護職員、支援相談員、ケアマネジャー、栄養士など多くの職種が働いています。「在宅復帰」を目指す施設として、3ヵ月〜6ヵ月ほどの短期間の入所が多いという特徴があります。

【無料】会員登録する

介護老人保健施設の介護職員の仕事内容とキャリアアップ

介護老人保健施設の介護職員の仕事内容

介護老人保健施設の介護職員の仕事は、入所者の生活全般を支援する介護業務を行うことです。具体的には、食事、排泄、入浴、着替え、整容、移乗、移動などの介助、その他、掃除、レクリエーションやイベントの企画・実施なども行います。また介護老人保健施設は入所者が生活する施設なので、シフト制で勤務し、24時間介護サービスを提供する体制が取られています。

介護老人保健施設の介護職員のスケジュール

07:00 起床の介助
07:30 食事介助、口腔ケア
09:00 掃除、通院付き添い
10:00 入浴介助
11:30 食事介助、口腔ケア
13:00 レクリエーション
15:00 おやつの準備・提供
15:30 リハビリテーションのサポート
17:30 食事介助、口腔ケア
19:00 就寝の介助
21:00 巡回、体位変換、排泄介助(朝まで)

上記スケジュールはあくまでも一例ですが、このように入所者の生活に合わせた業務の流れがあり、その中で、見守り、ナースコール対応、排泄介助などをコミュニケーションを取りながら実施します。

キャリアアップ

介護老人保健施設には、無資格・未経験からでも働くことができるので、ここでは無資格で就職した方のキャリアアップについてご紹介します。

無資格の方は、介護の資格を取得しながらキャリアアップを目指すのが良いでしょう。一般的な介護業界でのキャリアアップは、「介護職員初任者研修」→「実務者研修」→「介護福祉士」の資格を実務経験を積みながら取得する流れになっています。また、国家資格である介護福祉士を取得後は、さらに実務経験を積んで「介護支援専門員(ケアマネジャー)」へのキャリアアップを目指すことができます。

【無料】会員登録する

介護老人保健施設で働くメリット・やりがい

在宅復帰を見送る

介護老人保健施設では、入所者がリハビリ、医療、介護を受けて回復し、在宅復帰する姿を見送ることができます。介護老人保健施設で働くスタッフは、在宅復帰を見送ることを仕事のやりがいとして感じている人が多いようです。また、退所の際には入所者やご家族からお礼や感謝の言葉を受けることが多く、やりがいを感じることが多いでしょう。

様々な入所者を担当する

介護老人保健施設は在宅復帰を目指す施設であることから、入所している期間が短く、入所者の入れ替わりが多いです。その分、様々な状態の入所者を担当することができて、たくさんの介護の経験を積むことができるメリットがあります。

他の専門職の視点を学ぶ

介護老人保健施設では、入所者の生活全般を支援するため、生活全般にわたる介護技術を身につけることができます。その中でも、医師、看護師、リハビリ専門職などと連携する機会が多いので、医療職・リハビリ専門職の視点からの日常生活の注意点や観察のポイントを学ぶことができます。

【無料】会員登録する

まとめ

介護老人保健施設は、他の専門職が多く働く職場として、介護職員がスキルアップ、キャリアアップを目指すことができる職場です。この記事でご紹介した内容を参考に、給料、勤務時間、夜勤の有無、人材育成環境など皆さんの希望の条件を満たす介護老人保健施設を探しましょう。

カイゴジョブの介護老人保健施設(老健)の求人
カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

就職・転職を考えている皆さんは、『介護老人保健施設』の求人情報が気になり、介護老人保健施設はどのような職場で、どのような職種が働いているか気になっているのではないでしょうか。 この記事では介護老人保健施設の概要とそこで働く職種につい...
ケアマネジャー(介護支援専門員)は、要介護者の心身の状況等に応じた適切な介護サービスが利用できるように、計画・調整を行う専門職です。この介護支援専門員の資格を取得してケアマネジャーとして転職を考えている方には、実務でのつながりなどから...
介護職として就職を考えている人や介護老人保健施設の求人情報が気になっている人は、「介護老人保健施設ってどんな施設なんだろう?」「履歴書の志望動機って何を書けば良いのかな?」と思っていませんか? ここでは介護老人保健施設へ応募する志望...
介護保険施設の一つである介護老人保健施設(老健)。介護の仕事に興味がある方や、介護の資格を活かした転職を考えている人の中には、介護老人保健施設を就職先の候補としている人も多いと思います。 この記事では、介護老人保健施設でどのような職...
介護職として就職、転職を考えている皆さんは、介護老人保健施設の求人を見て「どんな施設なんだろう?」「仕事は大変なのかな?」と疑問をお持ちではありませんか? ここでは、介護老人保健施設で働く介護職員の仕事内容についてご紹介しますので、...
介護施設に、介護老人保健施設(老健)という介護サービス種別があります。 ここでは介護老人保健施設の概要と仕事内容をまとめていますので、介護老人保健施設への就職を検討している方はぜひご一読ください。 介護老人保健施設(老健)...
介護老人保健施設の求人情報に魅力を感じた方には、「介護老人保健施設ってどんな施設なんだろう?」「どんな仕事をするのかな?」と仕事内容が気になっていませんか? ここでは、介護老人保健施設の介護職の仕事内容について詳しく紹介しますので、...
「もう少し給料を上げたい」「もっと給料の良いところへ転職したい」と思って転職を考えている人は多いのではないでしょうか?介護業界には様々な介護施設・事業所がありますが、給料が高い職場として夜勤がある施設・事業所が挙げられます。 ここで...
作業療法士は、応用動作のリハビリテーションを行う専門職として、医療機関をはじめ、介護施設、障害福祉施設など様々な分野に渡り活躍しています。作業療法士として、現在の職場から転職を考えている人には、今までと違う分野の働き方や待遇面などが気...
理学療法士は、身体機能の機能回復、維持をサポートするリハビリテーションの専門職として、医療分野をはじめ、介護分野など、様々な分野で活躍しています。しかし、転職を考える理学療法士の皆さんは、現在働いている分野以外の情報が少なく、他の分野...
これから介護職として就職する方には、就職先の介護施設・事業所の違いがわからない方も多いのではないでしょうか? この記事では、介護施設として代表的な「介護老人保健施設(老健)」と「特別養護老人ホーム(特養)」の目的や仕事内容の違いにつ...
言語聴覚士は、言語障害や聴覚障害などがある人をサポートする専門職です。医療分野、介護分野、障害福祉分野など様々な分野で活躍していますが、その中でも医療分野に進む人が多く、転職を考えた時に、他の分野での働き方や待遇面などを知りたい人も多...
介護の仕事は、要介護状態の高齢者が自立した日常生活を送ることを支援します。そのために食事や入浴、排せつの介助や、掃除や洗濯といった身の回りの世話などを行います。「お年寄りが好きだから」「人の役に立つ仕事がしたい」など様々な理由で介護の...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索