特養(特別養護老人ホーム)の生活相談員の仕事内容、役割とは?

特養(特別養護老人ホーム)の生活相談員の仕事内容、役割とは?

特別養護老人ホームの生活相談員の求人情報が気になっている人や介護福祉士を取得した人は、特別養護老人ホームの生活相談員として、就職・転職をお考えではないでしょうか?その中で、「特養の生活相談員ってどんな仕事内容なんだろう?」「特養の生活相談員って大変なのかな?」といった疑問をお持ちだと思います。

そこで今回は、特別養護老人ホームの生活相談員の仕事内容をはじめ、必要な資格、給料、仕事のやりがいなど幅広くご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

特養(特別養護老人ホーム)の生活相談員の役割とは?

特別養護老人ホームの生活相談員は、相談援助職として入所希望者や入所者、家族からの相談に乗り、施設の利用や制度の利用を通じて、その人の生活の質の向上を援助する役割を担っています。

そのため、生活相談員には、相談や連絡・調整を円滑に進めるためのコミュニケーション能力、介護保険をはじめ関係する制度などの幅広い知識がが求められます。

自分に合った介護の仕事を探す

特養(特別養護老人ホーム)の生活相談員の仕事内容とは?

特別養護老人ホームの生活相談員は、その職場によって仕事内容の詳細が違います。ここでは、代表的な仕事内容をピックアップして、1日のスケジュールの例と合わせてご紹介します。

入所契約や退所手続き

生活相談員の仕事として、入所契約や退所手続きが挙げられます。

入所契約では、入所希望者や家族と面談を行い、入所希望者の心身の状況や現在の環境などの基本的な情報を伺い、施設に入所するまでの流れや料金などを説明します。また必要に応じて、関係者からの情報収集なども行います。特別養護老人ホームでは、入所可否を判定する入所判定会議が行われますが、ここで入所希望者の情報を報告することも生活相談員の仕事です。特別養護老人ホームでは、長期の入院、他の介護施設に移ること、在宅復帰などで、退所になるケースがあります。生活相談員は、この退所の手続きの説明や退所に関わる医療機関・他の施設などとの連絡・調整も行います。

利用者や家族からの相談に対応

生活相談員の仕事として、入所者や家族から入所中の生活に関する相談に対応することも挙げられます。

相談内容には、施設の生活における要望や苦情、料金の負担や支払方法に関することなどがあります。施設の生活における要望や苦情を受けた場合には、他のスタッフと協議・連携して要望や苦情に対応します。料金の負担や支払方法に関する相談を受けた場合には、利用できる制度の紹介や支払方法の調整、行政への連絡などを行います。

サービス担当者会議への出席

生活相談員の仕事として、サービス担当者会議の出席が挙げられます。

特別養護老人ホームでは、入所者の状況について共有し、専門職からの意見を踏まえた介護サービス計画を作成するために。ケアマネジャーがサービス担当者会議を開催しています。このサービス担当者会議に、生活相談員は相談援助の専門職として出席して、面談や関係機関・関係者から得た情報を共有します。また、他の専門職の意見などを参考に入所者の状況やその変化を把握します。

家族・医療機関・行政への連絡

生活相談員の仕事として、入所者の家族、医療機関、行政への連絡が挙げられます。

入所者は、介護を必要としている高齢者なので、体調を崩すことも多く、医療機関での受診が必要になった場合には、家族への連絡や医療機関への連絡を行います。また、転倒によるケガなどの事故が起きた場合、家族への連絡、管理者への報告、医療機関との情報共有、行政への報告などを行います。

特養の生活相談員の一日のスケジュール例

特別養護老人ホームの生活相談員の一日のスケジュール例をご紹介します。

時間 業務内容
9:00 出勤、スタッフミーティング
10:00 入所希望者との面談、施設案内
11:00 入所者の家族との面談
11:30 面談記録の作成
12:00 昼休み
13:00 入所者とその家族との面談
13:30 サービス担当者会議への参加
15:00 入所判定会議への参加
16:00 入院している入所者の状況確認
17:00 面談記録、その他の書類の作成
18:00 退勤

このように入所者・入所希望者への対応、会議の参加などの予定が多いので、決まったスケジュールに合わせて業務を進められるスケジュール管理能力も求められています。

自分に合った介護の仕事を探す

特養(特別養護老人ホーム)の生活相談員に兼務はある?

特別養護老人ホームの生活相談員は、「指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準」によって、配置が義務付けられている職種です。この中で、「入所者の数が100又はその端数を増すごとに1以上」の配置と「常勤の者でなければならない」と定められていますが、1人以上配置している施設では時間帯を明確に区分することで兼務が可能となっています。

そのため、就職する施設によっては、介護支援専門員との兼務、介護職員との兼務などを行うことがあります。

自分に合った介護の仕事を探す

特養(特別養護老人ホーム)の生活相談員に必要な資格は?

特別養護老人ホームの生活相談員として働くためには、以下の要件のいずれかを満たすことが必要になります。

要件 概要
社会福祉士 福祉の相談援助を行う専門職としての国家資格
精神保健福祉士 精神障害者の相談援助を行う専門職としての国家資格
社会福祉主事任用資格 福祉事務所の現業員として求められる資格
上記と同等以上と認められるもの 上記の3要件と同等と認められる資格や実務経験
※都道府県によって異なる
※例として、介護支援専門員、介護福祉士など
自分に合った介護の仕事を探す

特養(特別養護老人ホーム)の生活相談員の給料は?

特別養護老人ホームで働く生活相談員の給料は、どれくらいなのでしょうか?

厚生労働省が発表している「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、特別養護老人ホームの生活相談員の平均給料は、常勤で月額321,080円となっています。

これは、働いている人の平均なので、実際に就職する時の初任給とは違いますが、東京都の求人情報を確認すると、この平均金額よりも良い条件の求人情報もありました。ですから、就職先を探す時には、求人情報を比較・検討することが重要だと言えるでしょう。

自分に合った介護の仕事を探す

特養(特別養護老人ホーム)で働く生活相談員のやりがい・メリットは?

特別養護老人ホームの生活相談員の仕事のやりがいとして、仕事の達成感が挙げる人が多いです。

入所の相談では、入所希望者と家族は「施設に入所して介護を受けたいという希望」と「施設に入所できるのだろうか?という不安」などを持っています。生活相談員として、適切に対応して、その結果、入所が決まることで「希望に沿うことができた」という達成感を感じることができます。また、このような時に入所希望者や家族からの感謝の言葉も仕事の達成感に繋がっているようです。

また、仕事のやりがい・メリットとして、スキルアップやキャリアアップを挙げる人も多いです。

入所希望者・入所者や家族からの相談に日々対応するためコミュニケーション能力アップや、関連する制度に関する知識のアップデート、施設や運営法人の方針の理解、他の職種の役割や動きの理解などから管理職として必要になる能力を身につけることができます。また、生活相談員の実務経験を積むことで、介護支援専門員の受験資格を満たすこともできます。

自分に合った介護の仕事を探す

まとめ

特別養護老人ホームの生活相談員について、仕事内容、資格、兼務、給料、仕事のやりがいなどを説明しましたが、生活相談員の仕事をイメージできましたか?

特別養護老人ホームの生活相談員は、やりがいがあり、経験を積むことでメリットがある職種ですが、配置人数が少ないため、求人数も少ない状況です。もし、これから生活相談員としての職場を探す人は、定期的に求人情報をチェックしたり、新着の求人情報が届くようなサービスを利用すると良いでしょう。

弊社の運営する『カイゴジョブ』では、メールマガジンで新着の求人情報を配信していますので、ぜひこの機会に登録してみてください。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カイゴジョブ編集部

監修者 カイゴジョブ編集部

関連記事

「特別養護老人ホームと介護老人保健施設って何が違うの?」 介護職の求人情報を見ていると、このような疑問が出てきませんか?介護施設・事業所には様々な介護サービス種別があって、どのように就職先を決めたらいいのか迷うことがあるでしょう。 ...
特別養護老人ホームの介護職員に応募を考えている皆さんは、「履歴書に書く志望動機が思いつかない」と、お悩みではありませんか? そこでこの記事では、特別養護老人ホームへ応募する際の志望動機について、書き方のポイントと実際の例文をご紹介し...
介護業界で就職・転職を考えている皆さんは、様々な名称の職場があって「どの職場を選ぶのがいいんだろう?」「特別養護老人ホームの仕事ってどんなことをするんだろう?」と疑問をお持ちではありませんか? ここでは、「特別養護老人ホーム」の特徴...
特別養護老人ホームへ転職しようと考えている人には、夜勤に対してマイナスイメージを持っていたり、不安に感じている人もいるでしょう。 ここでは、特別養護老人ホームの夜勤について詳しくご紹介しますので、夜勤に不安を持っている人は応募する前...
現在、介護業界で働いている人は、将来的なキャリアアップとして介護施設・事業所の管理者を考えているでしょう。ですが、「管理者になるためには何が必要なのか?」「管理者になったら年収はどれくらいになるのかな?」という疑問をお持ちの人も多いで...
特別養護老人ホームで働くこと考えている皆さんは、求人情報や施設情報で目にする「ユニット型」や「従来型」など、何が違うのか気になっていませんか? 今回は、特別養護老人ホームで働く上でで知っておきたい「ユニット型」と「従来型」の違いを説...
介護の仕事を探している人は、特別養護老人ホームの求人情報・条件が気になっていませんか?そして、「特別養護老人ホームってどんな施設なんだろう?」、「特別養護老人ホームってどんな人が働いているのかな?」などの疑問をお持ちではないですか? ...
特別養護老人ホームの求人情報が気になっている人や、介護の仕事にやりがいや楽しさを感じられていない人は「特別養護老人ホームの仕事は楽しいのかな?」ということが気になっているのではないでしょうか? そこでこの記事では、特別養護老人ホーム...
特別養護老人ホームの求人情報の条件に魅力を感じている皆さんは、「特別養護老人ホームの仕事は大変なのかな?」「特別養護老人ホームは忙しいって聞いたけど、私に務まるのかな?」などの疑問や不安を感じているのではないでしょうか? ここでは、...
介護職の求人情報を見ていると「特別養護老人ホーム」や「グループホーム」の求人情報をよく見かけますよね。就職・転職を考えている皆さんは、「何が違うんだろう?」「どちらの施設が良いのかな?」という疑問をお持ちではありませんか? ここでは...
看護師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師などの資格をお持ちの皆さんは、転職を考えた時に特別養護老人ホームの機能訓練指導員の求人情報が気になっているのではないでしょうか? ここでは、特別養護老人ホームの機能訓練指導員の仕...
それぞれの会社で人事制度や賃金・給与規程が定められているので、どの職業であっても働く職場によって給料が違います。就職・転職を考えている方は、職場を決める上で「給料」は重要なポイントでしょう。介護業界には様々な種別の介護施設・事業所があ...
特別養護老人ホームは、介護保険法における介護老人福祉施設、または地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護の指定を受けている介護施設で、特養(とくよう)と略されます。特別養護老人ホームには、運営にあたり人員に関する基準が定められ、その中...
介護施設で働こうと考えている人の中には、「特別養護老人ホームと介護老人保健施設はどちらが働きやすい?」「特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違いがよくわからない」と迷っている人も多いのではないでしょうか? この記事ではこの2つの施...
一般的に老人ホームと呼ばれる施設には、特別養護老人ホーム(特養)、グループホーム、介護付き有料老人ホームなど、様々な種類があります。 これらの施設の中で、「特別養護老人ホーム」と「グループホーム」を取り上げ、働き方の違いなどをご紹介...
管理栄養士の職場の一つとして、特別養護老人ホームが挙げられます。特別養護老人ホームには、介護を必要とする高齢者が入所して、生活しています。 ここでは、特別養護老人ホームにおける管理栄養士の仕事内容、給料、やりがいについてご紹介します...
ケアマネジャーは、介護支援専門員の資格を取得して、ご利用者が適切な介護サービスが利用できるように計画・調整を行う専門職です。 ここでは、介護職として働いていて将来的にケアマネジャーを目指している人や、介護支援専門員の資格を取得して転...
介護の仕事がしたいと思っている皆さんは、介護施設の求人情報が気になっていませんか?初めて介護の仕事に就く人や、今まで日中帯の仕事しかしていない人は、24時間体制で介護サービスを提供する施設の働き方に疑問や不安を感じていると思います。 ...
介護士として就職・転職を検討している皆さんは、条件面などから特別養護老人ホームの求人情報に興味をお持ちだと思います。しかし特別養護老人ホームで働いた経験がない人は、「特別養護老人ホームってどういう施設なのかな?」「未経験・無資格でも就...
特別養護老人ホームへ就職・転職を考えている皆さんは、「特別養護老人ホームにはどのような人が働いているの?」「就職に必要な資格はあるの?」と気になることでしょう。 ここでは、特別養護老人ホームで働いている職種の「仕事内容」や「必要な資...
▶︎ もっと見る
で介護の求人を 検索